2019年8月の新刊 下

時代小説 文庫新刊情報

2019年8月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2019/08/31

2019年8月21日から8月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

集英社文庫から、諸田玲子さんの『今ひとたびの、和泉式部』が刊行されます。
和泉式部の養父・大江匡衡と赤染衛門の娘・江侍従は恋多き女といわれた式部に魅せられ、「和泉式部物語」からあえて省かれてしまった真実を探ろうと奔走します……。

創元推理文庫からは、南條範夫さんの往年の時代劇ロマンが『血染めの旅籠 (月影兵庫ミステリ傑作選)』として甦ります。時代小説の目利き、末國善己さんによるセレクションで楽しめます。

中公文庫の新刊も注目です。

谷津矢車さんの『三人孫市』は、信長の最強の敵、大坂本願寺。その本願寺の軍事力を支えたのが雑賀衆。「雑賀孫市」を父に持つ三兄弟が、得意の鉄砲兵法を生かして戦乱の世を駆け抜けます。

宮本昌孝さんの『ドナ・ビボラの爪 上-帰蝶純愛 篇』『ドナ・ビボラの爪 下-光秀死闘 篇』は、斎藤道三の娘・帰蝶。親譲りの胆力と才覚を備え、父に愛されて育った彼女は、尾張の織田信長の元へ嫁ぐ。
歴史上から忽然と姿を消した信長の妻・帰蝶の謎に迫る、長編歴史ロマン。

角川文庫の新刊では、葉室麟さんの『孤篷のひと』が楽しみです。

千利休、古田織部、徳川家康、伊達政宗―。当代一の傑物たちと渡り合った大茶人・小堀遠州の。生涯を描いた歴史時代小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●8月21日発売 集英社・集英社文庫
『今ひとたびの、和泉式部』諸田玲子『今ひとたびの、和泉式部』
『和三郎江戸修行 脱藩』高橋三千綱『和三郎江戸修行 脱藩』
●8月22日発売 講談社・講談社タイガ
『百鬼一歌 菊と怨霊』瀬川貴次『百鬼一歌 菊と怨霊』
●8月22日発売 東京創元社・創元推理文庫
『血染めの旅籠 (月影兵庫ミステリ傑作選)』南條範夫・著、末國善己・編集『血染めの旅籠 (月影兵庫ミステリ傑作選)』
●8月22日発売 中央公論新社・中公文庫
『お春』橋本治『お春』
『三人孫市』谷津矢車『三人孫市』
『ドナ・ビボラの爪 上-帰蝶純愛 篇』宮本昌孝『ドナ・ビボラの爪 上-帰蝶純愛 篇』
『ドナ・ビボラの爪 下-光秀死闘 篇』宮本昌孝『ドナ・ビボラの爪 下-光秀死闘 篇』
●8月23日発売 KADOKAWA・角川文庫
『孤篷のひと』葉室麟『孤篷のひと』
『動乱の日本史 南北朝対立と戦国への道』井沢元彦『動乱の日本史 南北朝対立と戦国への道』
『能楽師の娘』波多野聖『能楽師の娘』
●8月24日発売 潮書房光人新社・産経NF文庫
『日本人なら知っておきたい英雄 ヤマトタケル』産経新聞取材班『日本人なら知っておきたい英雄 ヤマトタケル』
●8月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『陰富大名 剣客大名 柳生俊平13』麻倉一矢『陰富大名 剣客大名 柳生俊平13』
『渡りきれぬ橋 柳橋ものがたり3 (二見時代小説文庫)』森真沙子『渡りきれぬ橋 柳橋ものがたり3 (二見時代小説文庫)』
『黄金の屋形船 大仕掛け 悪党狩り2』沖田正午『黄金の屋形船 大仕掛け 悪党狩り2』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年8月の新刊 中(11日→20日)2019年9月の新刊 上(1日→10日) →