最愛の女おりきの消息が判明する。シリーズ完結間近か!?

付添い屋・六平太 天狗の巻 おりき金子成人(かねこなりと)さんの時代小説文庫書き下ろし、『付添い屋・六平太 天狗の巻 おりき』が小学館文庫から刊行されました。

廻り髪結いのおりきは六平太が九年も馴染んだ、いわば情婦だったが、一年以上前に突然姿を消して行方知らずになっていた。
そのおりきがかつて仕事場にしていた音羽に来た気配があるという知らせを受けて、六平太は重い腰を上げてその行方を辿り始める……。
一方、伝助店の住人で、下馬売りの太助の母親おていが失踪。二日後に箱崎の川岸で死骸が見つかった。
おていは店のものを盗んだり、突然暴れたりと、常軌を逸した振る舞いが見られるようになり、太助の手を焼くようになっていた。
六平太は、おてい殺しを巡って奔走するが……。

本書は、「付添い屋・六平太」シリーズの第10弾です。
主人公の浪人・秋月六平太は、裕福な商家の子女が花見や芝居見物に出かける際、案内と警護をする、付添い屋を生業にしています。

「このまま年だけ重ねてどうなさるつもりですか」
その日暮らしの、勝手気ままな付添い屋稼業を続ける六平太の行く末を案じる者も少なくありません。そんな中で、六平太の前から消えた情婦・おりきの消息がわかりそうになります。しかし、六平太の反応はなぜか鈍く、周囲をやきもきさせます。

本書では、颯爽と付添い屋として活躍する姿と別の、歳を重ねて恋に臆病になる六平太が描かれています。また、太助とおていの親子の描写では、親の介護という現代に通じる問題も取り上げられていて、これまでのシリーズと趣きを少し変えて、新味を加えています。

いよいよ完結が間近なのか? はたまた、新章に突入するのか? 今後の展開から目が離せません。

■Amazon.co.jp
『付添い屋・六平太 龍の巻 留め女』
『付添い屋・六平太 天狗の巻 おりき』(第10巻)