2020年単行本時代小説ベスト10、公開

鷹井伶さんの「廓同心 雷平八郎」シリーズ第3弾、発売

廓同心雷平八郎 (三) 野望の宴鷹井伶(たかいれい)さんの『廓同心雷平八郎 (三) 野望の宴』が富士見新時代小説文庫より発売になりました。

主人公は、北町奉行所同心で、吉原勤番の雷(いかづち)平八郎。
大御所徳川吉宗が薨去した朝、大川で遊女小菊の亡骸が揚がる。小菊は、平八郎が吉原勤番を命じられるきっかけとなった女だった。犯人捜しを始める平八郎に難題が降りかかる……。

廓同心シリーズの第三作目。吉宗の葬儀が近づくにつれて、吉原の楼主・三浦屋四郎左衛門の周囲にも不穏な影が忍び寄ってくるようで、展開が気になるところです。

→富士見新時代小説文庫