スポンサーリンク

「無茶の勘兵衛」シリーズ第二弾

浅黄斑さんの『火蛾の舞』を読み始めた。『山峡の城』に続く「無茶の勘兵衛」シリーズの第2弾である。浅黄さんはミステリー畑の人だが、このシリーズの前作や『芭蕉隠密伝―執心浅からず』などの時代小説も気に入っている。主人公のキャラクター造形がしっかりしている点と、江戸の事物などのディテールも大切にされている点、読み味がいい点などで注目している。

山峡の城―無茶の勘兵衛日月録 (二見時代小説文庫)

山峡の城―無茶の勘兵衛日月録 (二見時代小説文庫)

今回は、「無茶勘」こと、落合勘兵衛が越前大野から、主君の御供番として江戸へやってくる。江戸で、「山路亥之助を討て」という、秘命が下される。山路は先の銅山不正事件で目付を斬り大野藩を逃亡した男である。今回の勘兵衛の活躍やいかに……。

文庫の新刊情報をチェックして、Webに新刊情報を掲載しているが、二見時代小説文庫だけは、いつもチェックから漏れてしまうなあ。