「ぜんまいざむらい」に教えられた

最近、「ぜんまいざむらい」が気になる。会社のIさんに教えてもらってから見始めたNHK教育テレビで月曜から金曜の毎朝7時50分から5分間放送されるアニメである。

ぜんまいざむらい

ぜんまいざむらい
ぜんまいざむらいの公式サイトでは、イベント・DVD・グッズ情報など、盛りだくさんでお届けしています。

主人公のぜんまいざむらいは、ちょんまげがぜんまいに変えられた若侍である。からくり大江戸のみんなのためになる良いことをすると、大福の神から頭のぜんまいを巻いてもらえる。子ども向けの番組ということもあり、刀を抜いても人を傷つけることがないので安心して見ていられる。むしろ、刀に刺しただんごを相手の口に放り込み、幸福な気分にさせることで相手の心を変えて解決するぐらいだ。

「活人剣」という言葉があり、その由来や解釈は流派によりいろいろとなされているようだ。究極は、剣を斬り結ぶことなく、相手を心服させ降参させることにある。その観点からみると、ぜんまいざむらいは「活人剣」を修得したといえるかもしれない。

活人剣って?

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ichini/bbs7/87602307305588.html

生かしておくと仇をなす悪者をバッタバッタと斬り捨てていくヒーローもカタルシスを感じるが、たまには悪者でも斬らずに改心させるような剣豪時代小説を読んでみたい。