Google アラートと時代小説のニュース

米のGoogle(グーグル)とインターネット接続サービス大手、アメリカ・オンライン(AOL)が資本提携に向けて交渉に入ったというニュースが報じられた。アメリカでは、AOLはYahoo!に次ぐ2位で、GoogleはMSNに次ぐ4位だそうだ。

ところで、Google日本版に、アラートという機能があるのはご存じだろうか。GoogleのTopページhttp://www.google.co.jp/の「more >>」というテキストリンクをクリックすると、「もっとグーグル」というページが開き、そこで「アラート」が選べる。

何がありがたいかというと、検索用語を登録しておくと、その検索用語が含まれるニュースがアップされると、メールで教えてくれるのだ。たとえば、「時代小説」という言葉でアラートを作成すると、ニュースサイトなどで、「時代小説」という文字が入った記事が掲載されると指定のメールアドレスにメールで知らせてくれる。

ただ困ったことが一つ。時代小説に関連するニュース自体が少なく、メールのお知らせの来ない日が多い。もちろん、登録する用語は自由に設定できるので、仕事や趣味などに関する情報をいち早く押さえたい人に適している。