「越すに越されぬ大井川」の島田を訪ねて

はやぶさ新八御用旅(一) 東海道五十三次GWの静岡の旅2日目は、東海道線の掛川駅から3つ目の島田駅へ。
東海道五十三次では、日坂、金谷と江戸に向けて戻り、23番目の宿場、島田宿ということになります。

島田市の観光といえば、大井川鉄道のSL(6月から10月の期間限定で「きかんしゃトーマス号」も運行)と蓬莱橋が有名です。

島田市博物館
今回はどちらもパスして、島田市博物館と隣接する大井川川越遺跡(おおいがわかわごしいせき)を見学。
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた、東海道の難所の歴史を少しだけ勉強してきました。

大井川川越遺跡は、「川越し」の料金所(川会所)や、人足の待合所(番宿)などの風景を再現した史跡です。

大井川を渡るには、川札(人足一人を雇うために札一枚が必要)を川会所で買い、川越人足に手渡してから、肩車や連台に乗り川を越しました。
この川札の値段は、毎朝、水の深さによって定めました。水深は「股通」とか「乳通」と呼び、「股通」の場合は川札一枚が四十八文でありました。「脇通」四尺五寸(約136センチ)を超すと川留めになりました。

川札の値段
(静岡県島田市観光協会HPより)


平岩弓枝さんの『はやぶさ新八御用旅(一) 東海道五十三次』でも、大井川川越の場面が描かれています。

 新八郎達が大井川へたどりついた時、川越えの業務を扱っている川会所の前に出ている木札には、只今、人足代七十文とある。
 普通、男は人足の肩車、女は連台と決まっているので、新八郎がその賃金を払おうとすると駕籠を下りてついて来た稀世が、
「どうぞ、御一緒にお願い申します。一人では怖くて……」
 という。


16人で担ぐ「大高欄連台」。奥に立て掛けてあるのが「平連台」
遺跡には連台の実物も展示されていて、増水時に連台に乗るのは確かに怖い感じがしました。

なお、島田市博物館では、「大井川、島田宿、川越し」を紹介する常設展示のほか、毎年毎年9月第3日曜に開催される「島田髷まつり」に関する展示もあります。

江戸時代の女性の代表的な髪型で、多くのバリエーションがある「島田髷」は、島田がルーツといわれています。島田出身とも伝えられる遊女、虎御前が考案したともいわれています。
虎御前は、曾我兄弟の仇討で有名な兄の十郎祐成の恋人として知られています。

思い思いの島田髷を結い上げた、揃いの浴衣姿の数十名からの若い女性たちが、手踊りをしながら市内を練り歩く、このおまつりは何とも華やかでフォトジェニックです。祭の時期にも訪れたくなりました。

静岡県島田市河原1-5-50


■Amazon.co.jp
『はやぶさ新八御用旅(一) 東海道五十三次』(平岩弓枝・講談社文庫)
『曾我兄弟の密命―天皇の刺客』(高橋直樹・文春文庫)

静岡県島田市観光協会
島田市博物館
島田髷まつり 公式ブログ


徳川の「出世城」の浜松城から、山内一豊の掛川城へ

あるじは家康 (PHP文芸文庫)5月のゴールデンウィークに、二泊三日で静岡県を訪れました。
1日目の昼には中田島砂丘近くの会場で勇壮な「凧揚げ合戦」を見て、夜には市の中心部で繰り広げられる、華麗な「御殿屋台の引き回し」を堪能しました。

浜松まつり 御殿屋台の引き回し
浜松といえば、市の北の郊外には今話題の井伊谷があり、龍潭寺(りょうたんじ)やおんな城主直虎大河ドラマ館があり、街全体が「おんな城主直虎」で大変盛り上がっています。(今回の旅では残念ながら井伊谷には寄れませんでしたが)

浜松城
浜松城は家康が築城し、29歳から17年間過ごした城です。天下統一への足掛かりとなった城であるとともに、江戸時代になってからも、代々の徳川家とゆかりの濃い譜代大名が守りました。歴代城主の中には老中など幕府の要職に登用された者も多いことから、後年「出世城」と呼ばれるようになりました。

浜松城が登場する時代小説には、若き日の家康を描いた連作形式の短篇集、岩井三四二さんの『あるじは家康』があります。

また、宮本昌孝さんの『青嵐の馬』(『紅蓮の狼』に改題)では、家康の後の浜松城主として、松平忠頼(まつだいらただより)が登場します。忠頼は、父・松平忠吉(桜井松平家)と母・多劫姫(家康の異父妹)の間に次男として生まれ、武蔵松山藩、美濃金山藩を経て、遠江浜松藩主となりました。

静岡県浜松市中区元城町100-2


浜松城を見学した後、東海道線で浜松駅より東京方面に6つ進み、掛川駅で下車して、掛川城に立ち寄りました。
東海度五十三次で言い換えると、29番目の浜松宿から、見付宿、袋井宿を経て、26番目の掛川宿へ戻るような感じです。

掛川城
掛川城は、室町時代に駿河の守護大名今川氏の家臣・朝比奈泰煕(あさひなやすひろ)が築城しました。掛川城で注目されるのは、関ヶ原の戦いの前まで山内一豊の居城であったこと。
一豊は、関ヶ原の戦いの小山評定において率先して徳川方に従った功績により、土佐国20万石の大大名に出世しました。

山内一豊の掛川城は、司馬遼太郎さんの『功名が辻』に登場します。

掛川城には、一豊の後、徳川の譜代大名が次々と入り、目まぐるしく藩主が変わりました。延享3年(1746年)に上野館林藩より5万石で太田資俊(おおたすけとし)が入ってからは安定し、幕末まで太田氏が藩主をつとめます。

なお、掛川城は、山本周五郎さんの同名短篇小説を映画化した、『雨あがる』(小泉堯史監督・東宝・2000年)の主要なロケ地になっていました。

静岡県掛川市掛川1138-24



■Amazon.co.jp
『あるじは家康』(岩井三四二・PHP文芸文庫)
『紅蓮の狼』(宮本昌孝・祥伝社文庫)
『功名が辻(一)』(司馬遼太郎・文春文庫)
『雨あがる』(山本周五郎・角川春樹事務所時代小説文庫)

浜松まつり公式ウェブサイト|浜松まつり組織委員会
徳川300年の歴史を刻む出世城|浜松城公園
掛川城|静岡県掛川市
雨あがる~コンテンツ~|アスミック・エース エンタテインメント


英雄か逆賊か、西郷隆盛を取り巻く人々の視点から実像を描く

西郷隆盛 英雄と逆賊2018年の大河ドラマの主人公は西郷隆盛。
PHP文芸文芸文庫より、西郷隆盛を取り巻く人々の視点からその実像を浮き彫りにした、短編集、『西郷隆盛 英雄と逆賊』が刊行されました。

明治維新の英傑でありながら、新政府に叛旗を翻した男・西郷隆盛。歴史に大きな足跡を残しながらも、さまざまな謎に包まれたその実像を、盟友や家族といった周囲の人々の目を通して浮かび上がらせた傑作短編集。


西郷隆盛の人生を俯瞰できる「動乱の詩人」(池波正太郎)。
西郷の盟友・勝海舟との交流を描いた「西郷隆盛と勝海舟」(海音寺潮五郎)。
西郷隆盛の弟従道を主人公にした「兄の陰――西郷従道小伝」(南條範夫)。
西郷と並び立つ大久保利通に焦点を当てた「秋霜の隼人」(古川薫)。

時代小説の巨匠・名手たちの作品に加えて、植松三十里さんの「可愛岳越え」を収録しています。
「可愛岳越え」は、西郷隆盛が奄美大島に流されたときに、島妻の愛加那との間に生まれた菊次郎を描いた短編で、このアンソロジーのために書き下ろした作品です。

本書は、時代小説を知り抜いた文芸評論家の細谷正充さんならではのセレクションが光る、歴史と人物に触れ、高い文学性を満喫できる、歴史小説傑作選です。

植松三十里さんには、愛加那を主人公とした『愛加那と西郷』(単行本刊行時のタイトル『黍の花ゆれる』)という、感涙の長編小説があります。
男の目線で描かれることが多い、西郷の別の素顔に触れられる、こちらもぜひ、読んでおきたい作品のひとつです。

■Amazon.co.jp
『西郷隆盛 英雄と逆賊』
『愛加那と西郷』


「2017年5月の新刊 中」をアップ

天に星 地に花 上2017年5月11日から5月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年5月の新刊 中」を掲載しました。

今回注目するのは、集英社文庫です。

帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんの『天に星 地に花 上』『天に星 地に花 下』は、久留米藩領井上村を舞台に、苦難の世に慈愛を施す医師の感動の物語です。

久留米藩領井上村。大庄屋高松家の総領・甚八と弟の庄十郎は父に連れられ、数千と集まる百姓たちの姿を目の当たりにする。突然下った年貢の増徴と夫役。百姓たちの怒りに火がついたのだ。天地を揺るがすような一揆寸前、稲次因幡家老が百姓救済を申し出て、一揆は回避されるが……。
時が経ち、甚八は家督を継ぎ、庄十郎は自らの病をきっかけに医師の道を志す。


「天に星、地に花、人に慈愛」の章句を胸に、命の恩人である医師鎮水に師事し、医の道を進む庄十郎。
それは「天下の御百姓」と領内の百姓らに呼びかけた稲次家老と、鎮水とを結ぶ絆でもありました。
田植え、雨乞い、火祭、稲刈り、飢餓、筑後平野に息づく、人々の営みを叙情豊かに描かれています。
心を洗われるような清々しい気持ちを味わいたいと思います。

葉室麟さんの文庫最新刊『緋の天空』は、奈良時代に大仏建立を目指した、光明皇后を描く歴史長編です。
新鮮な題材で大いに興味が惹かれます。

■Amazon.co.jp
『天に星 地に花 上』
『天に星 地に花 下』
『緋の天空』

→2017年5月の新刊 中


凶盗の正体を暴く鍵は、真田信之と井伊直政ゆかりの料理にあり

上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖江戸料理小説の第一人者、倉阪鬼一郎(くらさかきいちろう)さんの文庫書き下ろし時代小説、『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』が宝島社文庫より刊行されました。

主人公の藤掛右京は、関八州を取り締まる関東取締出役(通称「八州廻り」)。役目で訪れた土地の料理を仕入れ、江戸に開いた小料理屋「八味」で客に披露する包丁人でもあります。

今回、上州見廻りの任についた右京は、ひそかに食肉用に飼育された上州牛を使ったすき焼き鍋の供応を受ける。
獣肉食を忌み嫌う時代にあって「薬食い」として、この地に秘かに伝わるすき焼き鍋。
実は、93歳まで生き長命で知られた初代沼田藩藩主・真田信之と、隣接する高崎領を治めた井伊直政に由来する美味なのだという。
このすき焼き鍋の秘密に気づいた右京は、上州の凶盗・蝮の羅刹、また江戸に潜伏する鬼颪の喜三郎らの凶盗の捕縛に立ち上がる……。


『包丁人八州廻り』に続く、八州廻りの役人にして、優れた料理人という主人公が活躍する、シリーズ第2弾。
関八州を股に掛けた盗賊を捕縛する捕物に加えて、地の食材を巧みに料理していく主人公の包丁技が魅力です。
今回も、表題にあるすき焼き鍋のほかにも、鮑もどき、ふくら鯛、深川飯玉子とじ、おっきりこみ鍋、八味けんちん、上州うどん、沼田だんご汁など、読んでいるうちにお腹が空いてくるおいしそうな料理が次々に登場します。

「彦根藩が牛の飼育を認められているという話は知っているが」
 右京は首をひねった。
「まさに、その彦根藩と深い関りがあったのですよ」
 寄場役人がいくらか身を乗り出した。
「ほう。彦根藩の井伊家は譜代の筆頭の家柄で、陣太鼓づくりが有名だ。その材料として牛の革を用いるゆえ、肉も味噌漬けにして幕府や諸侯に献上していると聞く。その牛が、なにゆえ上州の榛名山のふもとで育てられているのだ?」
 右京は問うた。
(『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』P.110より)


ウィキペディアによると、獣肉を忌み嫌った江戸時代に、牛肉を食したというと意外な感がしますが、元禄年間に、彦根藩士の花木伝右衛門という人が、薬用牛肉を製造して、食用の道を付けたそうです。

右京が江戸にいないときは、「八味」を一人で切り盛りする料理人・佐吉は、上州の下仁田の生まれ。
佐吉は、かつて盗賊・鬼颪の喜三郎の手下として働いていましたが、悪の道から抜け出しまっとうに生きていくためにかしらを売り、喜三郎一味は右京によってお縄になりました。
しかしながら、盗賊一味の残党がいて、佐吉は故郷に帰りたくても、老母に危害が加えられる恐れがあることから、上州に戻れずにいます。

右京はこのたびの廻村で下仁田に足を延ばし、佐吉の文を老母に届ける約束していますが、凶盗が跋扈し、右京の命を狙う者もいて、上州行きには大きな危難が……。

■Amazon.co.jp
『包丁人八州廻り』
『上州すき焼き鍋の秘密 関八州料理帖』

花木伝右衛門|ウィキペディア