明治維新後、徳川に連なる人々は、どう生き抜いたのか?

大奥の女たちの明治維新歴史家の安藤優一郎さんの歴史読み物、『大奥の女たちの明治維新』が朝日新書から刊行されました。

明治の世をつくったのは、「薩長」ではなく敗者たちの「悔し涙」だった!!
幕府が瓦解したあと、徳川に連なる人々は、どう生き抜いたのか!?
篤姫の執念、津田梅子の情熱、江戸っ子の心意気、リストラされた旗本・御家人たちの悲喜劇――。
これまで語られてこなかった維新史に新たな光を当て、日本の夜明けの真実に迫る!


今年2017年は、徳川幕府が260年余りの歴史に幕を下ろした大政奉還から150年目の節目の年です。大政奉還を機に、徳川家と大奥は歴史の闇に消えていきます。
本書は、大奥に象徴される徳川方に連なる女性たちや、敗者の側に追いやられた者の維新後の姿を描くことで、教科書では取り上げられなかった、もう一つの明治維新史に迫るものです。

各章の内容は以下の通り。

第一章「篤姫が住んだ大奥とはどんな世界だったのか」では、大奥の実像を紹介するとともに、大奥を去った奥女中たちの足跡をたどります。
第二章「失業した三万余の幕臣はどうなったのか」では、幕臣の大半が徳川家とともに静岡に移住し、苦難の生活を強いられた様子を紹介します。
第三章「将軍家御典医・桂川家の娘が歩んだ数奇な運命」では、姉が大奥の奥女中だった桂川家の娘・今泉みねの生涯をたどります。
第四章「日本最初の帰国子女、津田梅子の奮戦」では、幼児ながら米国に留学し後に津田塾大学の創立者となった津田梅子が、徳川一門の田安徳川家家臣の娘だったことに注目します。
第五章「東京に転居した大名とその妻はどうなったのか」では、廃藩置県により東京に転居した大名たちが、華族に取り立てられ皇室の藩屏と位置付けられる一方、資本家として経済面の近代化を支えた役割などを解き明かします。
第六章「東京の街は、牧場と桑畑だらけになった」では、明治初年の、荒れ野原と化してしまった東京の実像を描きます。
第七章「江戸を支えた商人や町人はどうなったのか」では、将軍のお膝元・江戸の繁栄を担った日本橋の豪商たちが明治の世をしたたかに生き抜いた姿に光を当てます。

著者は、これまで、『「幕末維新」の不都合な真実』や 『幕臣たちの明治維新』、『将軍家御典医の娘が語る江戸の面影』など、多くの著作を通じて、今まで知られることのなかった、明治維新後の姿を次々に明らかにしてきました。
本書では、そうした著作物にも通じる歴史観に、最新の資料研究を加えて、教科書などでは知られることのなかった明治維新の世界を描き出しています。


■Amazon.co.jp
『大奥の女たちの明治維新』
『「幕末維新」の不都合な真実』
『幕臣たちの明治維新』
『将軍家御典医の娘が語る江戸の面影』


「2017年2月の新刊 中」をアップ

あきない世傳 金と銀 3 奔流篇2017年2月11日から2月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年2月の新刊 中」を掲載しました。

角川春樹事務所・ハルキ文庫より、髙田郁さんの文庫書き下ろし時代小説、『あきない世傳 金と銀 3 奔流篇』が刊行されます。

大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、店主・4代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、17歳で寡婦となる。4代目の弟・惣次は「幸を娶ることを条件に5代目を継ぐ」と宣言し…。
【「TRC MARC」の商品解説】


タイトルにある「世傳(傳=伝。せいでん)」とは、代々伝わっていくこと。または、代々伝えていくことという意味があります。

本書は、大坂天満の老舗呉服商「五鈴屋」を舞台に、ヒロイン幸(さち)が次々と起こる試練の数々を、向上心と粘り強さ、やさしさで乗り越えていく感動の物語です。
「源流篇」「早瀬篇」に続く、第3弾は「奔流篇」とサブタイトルがつけられています。川の流れのように、いろいろな姿を見せて展開していくストーリーから目が離せません。幸がいかにして傾きかけた「五鈴屋」の窮地を立て直すのか、すぐにも読みたい一冊です。

■Amazon.co.jp
『あきない世傳 金と銀 1 源流篇』
『あきない世傳 金と銀 2 早瀬篇』
『あきない世傳 金と銀 3 奔流篇』

→2017年2月の新刊 中


2016年「時代小説SHOWベスト10」文庫1位、待望の第2弾

舞う百日紅 上絵師 律の似面絵帖知野みさき(ちのみさき)さんの文庫書き下ろし時代小説、『舞う百日紅 上絵師 律の似面絵帖(まうさるすべり うわえしりつのにづらえちょう)』が光文社文庫より刊行されました。

父の跡を継ぎ、上絵師として身を立てたい律だが、ままならず落ち込むことも多い。幼馴染みの涼太への想いも、深く胸に秘めるばかりだ。
しかし副業の似面絵の評判は上々で、引きも切らず注文が舞い込んでいた。
そんな折、母を殺めた辻斬りの似面絵そっくりな男に出会うのだが……。


本書は、2016年「時代小説SHOWベスト10」文庫書き下ろし部門1位に選んだ『落ちぬ椿 上絵師 律の似面絵帖』に続く、シリーズ2作目です。

 六年前に母親の美和が辻斬りに殺された時、駆け付けた伊三郎は利き手の右手に怪我を負った。傷はほどなくしてふさがったものの、以前のような細やかな筆遣いはできなくなった。
 自暴自棄になりながらも、娘の律の助けを借りて、伊三郎は上絵師であり続けた。事件後は仕上げのほとんどを律が手がけていたが、一見ではそれと判らぬまずまずの作品になっていた。
(『舞う百日紅 上絵師 律の似面絵帖』P.7より)


上絵師は、着物などの布に家紋や模様を描く職人のこと。律が仕上げた作品の未熟さを見抜いて離れた客も少なからず出て、昨年葉月に、伊三郎は川にはまって亡くなってしまいます。
律は、上絵師としての独り立ちを目指して、一回り離れた弟慶太郎と暮らしていますが、若い娘の上絵師ということから、着物や紋絵の注文はなかなか入りません。知人の奉行所同心の依頼で始めた、犯人の似面絵(似顔絵)描きでした。

幾多の困難にぶつかり、落ち込むこともありながらも、一途に仕事に取り組む律を支えるのが、幼馴染みで葉茶屋青陽堂の跡取り・涼太とその妹・香(こう)。
恋に臆病で不器用ながら、前向きに生きるヒロインの姿を鮮やかに描いています。
母を殺した辻斬りの犯人捜しをしたり、似面絵制作を通じて事件に関わったり、謎解きの要素もあって、魅力がいっぱいのシリーズです。

■Amazon.co.jp
『舞う百日紅 上絵師 律の似面絵帖』
『落ちぬ椿 上絵師 律の似面絵帖』

2016年時代小説ベスト10 文庫書き下ろし部門

帝都叛乱!二・二六事件にかかわった五人の物語

雪つもりし朝 二・二六の人々植松三十里(うえまつみどり)さんの長編小説、『雪つもりし朝 二・二六の人々』がKADOKAWAから刊行されました。

作家である「私」は、国立新美術館を訪れた。そこで軍服姿の不思議な男を見かけた。美術館のある場所は、一九三六年に起こった「二・二六事件」のゆかりの地だった。
帝都叛乱の二月二六日、彼らはそれぞれの夜を過ごしていた……。
義弟が身代わりとなり落命、やがて第二次世界大戦の終戦に尽力した、当時の首相・岡田啓介。
妻のタカが夫へのとどめを制した、終戦内閣の首相・鈴木貫太郎。
弘前から上京した青年将校が要と仰いだ昭和天皇の実弟・秩父宮。
襲撃を受けながら祖父を守り、父・吉田茂を助ける存在になった麻生和子。
事件当時に歩兵部隊におり、やがて『ゴジラ』の監督になった本多猪四郎。
五人それぞれの二・二六事件。


「二・二六事件」は、1936年(昭和11年)2月26日に、天皇親政を目指す、陸軍の青年将校らが千五百名の下士官兵を率いて起こしたクーデター未遂事件。岡田首相、鈴木貫太郎侍従長、斎藤實内大臣、高橋是清大蔵大臣らを襲撃し、首相官邸、警視庁、陸軍省、参謀本部、内務大臣官邸、陸軍大臣官邸、東京朝日新聞を占拠し、2月29日に鎮圧されましたが、日本が戦争に踏み出すきっかけの一つとなっています。

「二・二六事件」を描いた作品としては、宮部みゆきさんの『蒲生邸事件』が思い出されます。
本書は、「二・二六事件」が人生のターニングポイントとなった5人の男女に焦点を当てて5編の物語として綴っています。5人は帝都を震撼させた叛乱に巻き込まれながらも、その後、日本の平和にかかわっていきます。知られぜる彼らの生きざまに興味が惹かれます。
『調印の階段 不屈の外交・重光葵』という昭和史をテーマにした傑作をもつ植松さんが、「二・二六事件」をいかに描くのか、興味津々です。

国立新美術館の場所には、当時、叛乱を起こした兵士の主力を構成する歩兵第三連隊があり、この地から出動していたそう。今度、国立新美術館も訪れた際に、その面影を辿ってみたいと思います。

東京都港区六本木7-22-2


■Amazon.co.jp
『雪つもりし朝 二・二六の人々』
『調印の階段 不屈の外交・重光葵』
『蒲生邸事件』

国立新美術館


「2017年2月の新刊 上」をアップ

夢をまことに 上2017年2月1日から2月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年2月の新刊 上」を掲載しました。

山本兼一さんの、『夢をまことに 上』『夢をまことに 下』が文春文庫から刊行されます。

江戸時代の鉄砲鍛冶・国友一貫斎は、日本初となる反射望遠鏡をつくり、飛行船や潜水艇の建造まで思いを巡らせたという。近江国友村から江戸にやってきた一貫斎は、江戸で大名をはじめ各藩の鉄砲方や職人たちと交わり、見分を広める。
鉄砲鍛冶の矜持を保ちながら、度重なる失敗にもめげず、発明家としての才能も発揮していく。
そして江戸での滞在を終えて村へ帰った一貫斎は、疲弊した村を救おうと、あらためてものづくりのことを考えるが……。


さまざまな役に立つ道具を発明・考案した男の「夢をまことに」するための奮闘記。
技術や技能、芸術に命を賭けた男たちを描いてきた、山本兼一が最後に遺した長編小説。ものづくりに命を懸けた江戸時代のダ・ヴィンチの生涯を描いています。

お気に入りの作家の一人です。2014年2月に逝去されてから、早いもので3年。
もう、新作が読めないのかと思うと淋しさが募ります。

■Amazon.co.jp
『夢をまことに 上』
『夢をまことに 下』

→2017年2月の新刊 上