「喬四郎 孤剣ノ望郷」シリーズ第2弾、ますます快調

新人時代小説家・八木忠純さんの『おんなの仇討ち』を読んだ。摂州上和田藩家老の父を謀殺され、故国を脱藩し、江戸の蜘蛛の巣店に身を潜める、有馬喬四郎を主人公にする「喬四郎 孤剣ノ望郷」シリーズの第二弾。 今回は、喬四郎と同じ道場に通う、娘とよが、父の敵を突き止めた …

永代橋崩落に題材をとった捕物小説

千野隆司さんの『永代橋の女 へっぴり木兵衛聞書帖』を読んだ。文化4年(1807)8月19日に起こった永代橋崩落に題材をとった、連作捕物小説。主人公の土橋木兵衛は、家禄五十石の無役の御家人で、達筆を買われて、看板書きの内職に精を出していた。四年前までは、御天主番 …

江戸ノベルズ第7号で文庫書き下ろしを楽しむ

朝日新聞の6月9日付け朝刊に、広告特集「江戸ノベルズ」第7号が掲載されていた。江戸ノベルズ(江戸を舞台にした時代小説)を特集したこの広告企画が折り込まれていると、ちょっと得した気分になる。 江戸文化の研究家の田中優子法政大学教授の話や、文芸評論家で時代小説解説 …