2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

単行本★2023年7月の新刊

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

単行本★時代小説新刊情報|2023年7月の新刊(1日→末日)

2023年7月1日から7月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

山本一力さんの『亀甲獣骨 蒼天有眼 雲ぞ見ゆ』
物語の舞台は、清代末期。中国大陸に進出したイギリス、ドイツ、フランスをはじめとする西洋列強は、中国各地で分割支配を強めていました。
そんななか、杭州に暮らす丁仁は、金石学者である父の後を継ぎ、学究に勤しんでいました。
ある日、生薬である「竜骨」に神秘的な図形や文字のようなものが刻まれていて、北京で騒動になっていることを耳にした丁仁は、その子細を調べようとしました……。
時代小説の名手が新境地に挑みます。

乾緑郎さんの『戯場國の怪人』
江戸市村座では桟敷席を予約し続ける謎の人物の噂が立っていました。女形瀬川菊之丞、戯作者平賀源内、二代目市川團十郎、講釈師深井志道軒、広島藩士稲生武太夫、大奥御年寄江島など多彩な人物と、さる公卿とその妹らを巻き込み、芝居小屋の地下で蠢く時を超えた怨讐、恋着、役者の業火等々。虚実のあわいを壮大に描き切る伝奇エンタメ小説です。

畠中恵さんの『いつまで』
若だんなが行方不明になり、長崎屋の不運が幕を開けました。
長崎屋から妖が消えました。最初は噺家の場久、次は火幻医師。彼らを探すため、影内に紛れ込んだ病弱若だんなは、すべて西から来た妖・以津真天の仕業だと知ります。大事な友を救うため、果敢に悪夢に飛び込んだ若だんなだが、目覚めた先はなんと五年後の江戸。鍵を握るのは、以津真天なのか、それとももっと大きな力なのでしょうか。

安部龍太郎さんの『ふりさけ見れば (上)(下)』
唐使は日本の朝廷からどのような命を受けて派遣され、中国で何をしていたのでしょうか。
日本とユーラシアを結びつけるのは、唐で科挙に合格し玄宗皇帝の側近にまで出世したたぐいまれなる日本人・阿倍仲麻呂、そして仲麻呂とともに唐に渡り当時の大唐帝国のすぐれた文化・政治制度を内政に移植した学者にして政治家の吉備真備。唐からは、玄宗皇帝と楊貴妃、安史の乱を起こした安禄山、大詩人の李白や杜甫など、日本でも多くの逸話が知られる人物が続々と登場します。ついに帰国できなかった阿倍仲麻呂が日本の朝廷から帯びていた重大な密命とははたして……。
奈良時代の日本を、ユーラシア大陸・東アジアの中に位置づけて描いたスケールの大きな歴史小説です。

王暁磊著、後藤裕也監訳さんの『曹操 (7) 卑劣なる聖人』
河北を平定し、天下統一が現実味を帯びてきた曹操。まずは烏丸へ遠征して袁尚を亡き者にし、返す刀で荊州を屈伏させます。残る敵は孫権と憎っくき劉備だけ。いよいよ赤壁の戦いの火蓋が切られます。 曹操の50代半ば、西暦206年-210年を描きます。 劉備、諸葛亮、周瑜はもちろんのこと、趙雲、孫権、魯粛、黄蓋、郭嘉、董昭、許攸、曹沖らが登場します。曹操を中心に置き三国時代の興亡を描いた大河小説の第7巻。ファン待望の刊行です。

平谷美樹さんの『虎と十字架 南部藩虎騒動』
徳川家康から南部藩に拝領され、盛岡城内で飼われていた虎二頭が檻から飛び出しました。徒目付の米内平四郎は城下町に逃げた一頭を見事に生け捕りにしますが、もう一頭は傍若無人の若殿・南部利直に鉄砲で撃ち殺されてしまいました。
平四郎が城に駆け付けると檻の見張りをしていた番人は絶命していました。
責任を取って腹を斬ったと思われたが、その死因には不審な点が。さらに檻の中にいるはずの囚人の死体が消えていました。
密命を受けた平四郎が藩を揺るがす大騒動の謎に挑む、歴史時代ミステリー。

門井慶喜さんの『天災ものがたり』
地震、津波、火事、飢饉、豪雪、火山の噴火、河川の氾濫……。江戸時代初期から、明治、昭和まで、日本史上に起こった大災害を克明に記した圧巻の連作短篇小説集。
「囚人」では、江戸時代初期、明暦に起きた大火を描いています。その時、小石川の牢屋に入っていた男を救った奇跡とは?

砂原浩太朗さんの『霜月記』
『高瀬庄左衛門御留書』『黛家の兄弟』に続く、架空の藩の「神山藩シリーズ」最新作。
名判官と謳われた祖父、何の前触れもなく失踪した父、重責に戸惑う十八歳の息子、町奉行を家職とする三代それぞれの葛藤と遊里で起こった殺人事件を描いた武家小説。

北方謙三さんの『チンギス紀 十七 天地』
草原に生まれ、大地を駈け、かつてない規模の国を築いたチンギス・カンが、最後の戦場に立ちます。
「チンギス紀」全17巻、ついに完結。

宮部みゆきさんの『青瓜不動 三島屋変調百物語九之続』
行く当てのない女たちのため土から生まれた不動明王。悲劇に見舞われた少女の執念が生んだ家族を守る人形。描きたいものを自在に描ける不思議な筆。そして、人ならざる者たちの里で育った者が語る物語。
恐ろしくも暖かい百物語に心を動かされ、富次郎は決意を固めます……。
宮部みゆきのライフワーク、待望の第九弾。

蝉谷めぐ実さんの『化け者手本』
ときは文政、ところは江戸。心優しき鳥屋の藤九郎と、稀代の女形だった元役者の魚之助のもとに、中村座の座元から事件の話が持ち込まれました。
舞台の幕が下りたとき、首の骨がぽっきり折られ、両耳から棒が突き出た死体が、客席に転がっていたと。演目は「仮名手本忠臣蔵」。死人が出るのはこれで二人目。
真相解明に乗り出したふたりでしたが、芸に、恋に、義に、忠に生きる人の姿が、彼らの心を揺さぶって……。
「化け者」シリーズ、待望の第2弾。

★2023/7/15追記
百舌鳥遼(もずりょう)さんの『尽くす誠の桑名藩の維新』
将軍・慶喜に従い戊辰戦争で京から敗走した松平定敬は、各地を転戦し、函館五稜郭に向かいます。そして主人を失った桑名城では、民百姓の命を優先する若きリーダー・酒井孫八郎が奇抜な説得工作で藩論をまとめ無血開城を果たしました。幕末動乱期の桑名を発した転戦の日々、若者たちの熱情、忠義、葛藤を描いた歴史小説。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●7月1日発売 捕物出版
『加田三七叢書 第六巻 虹の女』村上元三『加田三七叢書 第六巻 虹の女』
●7月1日発売 文芸社
『楚歌 屈原幻想伝』秋生騒『楚歌 屈原幻想伝』
『北条義時のいる風景 我が国を蒙古襲来から救った異形の英雄と、暗殺され配流された二人の天才歌人』杉晴夫『北条義時のいる風景 我が国を蒙古襲来から救った異形の英雄と、暗殺され配流された二人の天才歌人』
●7月3日発売 都市出版株式会社
『東京人2023年8月号 特集「時代考証」エンタメ×歴史学の格闘技!』東京人編集室編『東京人2023年8月号 特集「時代考証」エンタメ×歴史学の格闘技!』
●7月4日発売 幻冬舎
『忍者風魔~戦国時代を生きた風魔小太郎~』鏡本ひろき『忍者風魔~戦国時代を生きた風魔小太郎~』
●7月4日発売 青春出版社・青春新書インテリジェンス
『英語は「語源×世界史」を知ると面白い』清水建二『英語は「語源×世界史」を知ると面白い』
●7月5日発売 潮出版社
『亀甲獣骨 蒼天有眼 雲ぞ見ゆ』山本一力『亀甲獣骨 蒼天有眼 雲ぞ見ゆ』
●7月5日発売 潮出版社・潮新書
『ここからはじめよう!くずし字・古文書入門』小林正博『ここからはじめよう!くずし字・古文書入門』
●7月6日発売 ABCアーク
『歴史人2023年8月号』歴史人編集部編集『歴史人2023年8月号』
●7月6日発売 PHP研究所
『歴史街道2023年8月号(特集1「零戦の光と影」)』歴史街道編集部編集『歴史街道2023年8月号(特集1「零戦の光と影」)』
●7月6日発売 静山社・静山社ペガサス文庫
『紫式部の娘。 1 賢子がまいる!』篠綾子『紫式部の娘。 1 賢子がまいる!』
●7月6日発売 筑摩書房・ちくま新書
『「東京文学散歩」を歩く』藤井淑禎『「東京文学散歩」を歩く』
●7月6日発売 朝日新聞出版・週刊朝日ムック
『歴史道 Vol.28(特集:新選組興亡史)』朝日新聞出版編集『歴史道 Vol.28(特集:新選組興亡史)』
●7月10日発売 KADOKAWA・角川新書
『歴史と名将 海上自衛隊幹部学校講話集』山梨勝之進『歴史と名将 海上自衛隊幹部学校講話集』
『歴史・戦史・現代史 実証主義に依拠して』大木毅『歴史・戦史・現代史 実証主義に依拠して』
●7月10日発売 中央公論新社
『歴史と人物15 太平洋戦争 「失敗の本質」から学ぶ82年目の教訓』中央公論新社編集『歴史と人物15 太平洋戦争 「失敗の本質」から学ぶ82年目の教訓』
●7月10日発売 宝島社・宝島社新書
『恋愛の日本史』本郷和人『恋愛の日本史』
●7月13日発売 Gakken
『古典ことば選び辞典 三日月宗近の巻』学研辞典編集部編集『古典ことば選び辞典 三日月宗近の巻』
●7月13日発売 つむぎ書房
『妖魔伝説 第五巻』妖貴妃『妖魔伝説 第五巻』
●7月13日発売 講談社・講談社選書メチエ
『戦国日本を見た中国人 海の物語『日本一鑑』を読む』上田信『戦国日本を見た中国人 海の物語『日本一鑑』を読む』
●7月14日発売 集英社・集英社新書
『江戸の好奇心 花ひらく「科学」』池内了『江戸の好奇心 花ひらく「科学」』
●7月15日発売 PHP研究所・PHP新書
『近代日本暗殺史』筒井清忠『近代日本暗殺史』
●7月18日発売 新潮社・新潮新書
『スサノヲの正体』関裕二『スサノヲの正体』
●7月20日発売 光文社
『白鷺烏近なんぎ解決帖』田中啓文『白鷺烏近なんぎ解決帖』
『エモい世界史』リチャード・ファース=ゴッドビヒア『エモい世界史』
●7月20日発売 講談社・講談社現代新書
『黎明 日本左翼史 左派の誕生と弾圧・転向 1867ー1945』池上彰、佐藤優『黎明 日本左翼史 左派の誕生と弾圧・転向 1867ー1945』
●7月20日発売 新潮社
『戯場國の怪人』乾緑郎『戯場國の怪人』
『いつまで』畠中恵『いつまで』
●7月20日発売 中央公論新社・中公新書
『御成敗式目: 鎌倉武士の法と生活』佐藤雄基『御成敗式目: 鎌倉武士の法と生活』
『災害の日本近代史-大凶作、風水害、噴火、関東大震災と国際関係』土田宏成『災害の日本近代史-大凶作、風水害、噴火、関東大震災と国際関係』
●7月20日発売 日経BP 日本経済新聞出版
『ふりさけ見れば 上』安部龍太郎『ふりさけ見れば 上』
『ふりさけ見れば 下』安部龍太郎『ふりさけ見れば 下』
『小町はどんな女(ひと) 『小説 小野小町 百夜』の世界』髙樹のぶ子『小町はどんな女(ひと) 『小説 小野小町 百夜』の世界』
●7月20日発売 文藝春秋・文春新書
『平治の乱の謎を解く 頼朝が暴いた「完全犯罪」』桃崎有一郎『平治の乱の謎を解く 頼朝が暴いた「完全犯罪」』
●7月20日発売 つむぎ書房
『カイザリンSAKURA』河合保弘『カイザリンSAKURA』
●7月20日発売 河出書房新社
『姜維』塚本靑史『姜維』
●7月20日発売 捕物出版
『捕物綺譚 幻の義賊』
→記事:捕物史に残る、文豪が手掛けた捕物綺譚、オンデマンドで復刊
大佛次郎『捕物綺譚 幻の義賊』
●7月21日発売 曹操社
『曹操 (7) 卑劣なる聖人』
→記事:曹操、天下統一へ、劉備と孫権の連合軍と赤壁で決戦
王暁磊著、後藤裕也監訳『曹操 (7) 卑劣なる聖人』
●7月21日発売 人間社
『尽くす誠の桑名藩の維新』
→記事:佐幕派藩主松平定敬を欠く桑名藩の維新動乱を描く歴史長編
→記事:維新、殿が抗戦中に、無血開城を果たした桑名藩の物語
百舌鳥遼『尽くす誠の桑名藩の維新』
●7月21日発売 文藝春秋・文春ムック
『平岩弓枝「御宿かわせみ」の世界』オール讀物編集『平岩弓枝「御宿かわせみ」の世界』
●7月22日発売 新潮社
『小説新潮 2023年08月号』小説新潮編集部『小説新潮 2023年08月号』
●7月22日発売 講談社
『小説現代 2023年 08・09月 合併号』『小説現代 2023年 08・09月 合併号』
●7月22日発売 文藝春秋
『オール讀物2023年8月号(怪しい話 怖い話&追悼・平岩弓枝)』オール讀物編集『オール讀物2023年8月号(怪しい話 怖い話&追悼・平岩弓枝)』
●7月23日発売 ワック
『近衛文麿 野望と挫折』林千勝『近衛文麿 野望と挫折』
●7月24日発売 実業之日本社
『虎と十字架 南部藩虎騒動』
→記事:「2023年7月の新刊(単行本)」をアップ
平谷美樹『虎と十字架 南部藩虎騒動』
●7月26日発売 幻冬舎・幻冬舎新書
『関東大震災 その100年の呪縛』畑中章宏『関東大震災 その100年の呪縛』
●7月26日発売 講談社
『天災ものがたり』門井慶喜『天災ものがたり』
『霜月記』砂原浩太朗『霜月記』
●7月26日発売 集英社
『チンギス紀 十七 天地』北方謙三『チンギス紀 十七 天地』
●7月27日発売 KADOKAWA
『満洲国を産んだ蛇 関東州と満鉄附属地』小林英夫『満洲国を産んだ蛇 関東州と満鉄附属地』
●7月27日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2023年 8月号』『小説幻冬 2023年 8月号』
●7月27日発売 講談社
『天涯図書館』皆川博子『天涯図書館』
●7月27日発売 双葉社
『小説推理 2023年9月号』『小説推理 2023年9月号』
●7月28日発売 KADOKAWA
『青瓜不動 三島屋変調百物語九之続』宮部みゆき『青瓜不動 三島屋変調百物語九之続』
『化け者手本』
→記事:「さあ、化けもの暴きの幕が開くで」歌舞伎ミステリー第2弾
蝉谷めぐ実『化け者手本』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2023年6月の新刊

文庫●2023年7月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年7月下旬の新刊(21日→月末) 2023年7月21日から7月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →新刊情報リス...
文庫●2023年7月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年7月中旬の新刊(11日→20日) 2023年7月11日から7月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。...
文庫●2023年7月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年7月上旬の新刊(1日→10日) 2023年7月1日から7月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...