シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

単行本★2023年8月の新刊

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

単行本★時代小説新刊情報|2023年8月の新刊(1日→末日)

2023年8月1日から8月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

梶よう子さんの『こぼれ桜 摺師安次郎人情暦』
摺師・安次郎は、亡き女房の実家へ預けていた息子の信太を引き取り、神田明神下の長屋に父子二人で暮らしていました。
そんなある日、兄弟弟子の直助が血相を変えて摺り場に飛び込んできました。なんでも、共に切磋琢磨してきた彫師の伊之助がお縄になったと……。
江戸の人情が深く染み渡る、あたたかく切ない傑作時代小説。

木内昇さんの『かたばみ』
太平洋戦争の影響が色濃くなり始めた昭和十八年。故郷の岐阜から上京し、日本女子体育専門学校で槍投げ選手として活躍していた山岡悌子は、肩を壊したのをきっかけに引退し、国民学校の代用教員となりました。
西東京の小金井で教師生活を始めた悌子は、幼馴染みで早稲田大学野球部のエース神代清一と結婚するつもりでいましたが、恋に破れ、下宿先の家族に見守られながら生徒と向き合っていきます
やがて、悌子は戦争で亡くなった清一の息子・清太を育てることになり……。

伊吹亜門さんの『焔【ほむら】と雪【ゆき】 京都探偵物語』
大正の京都。伯爵の血筋でありながら一族に忌み嫌われる露木の病弱な体は、日々蝕まれていました。祇園祭の宵山も盛りの頃、露木は鯉城に出逢います。頑強な肉体の鯉城によって、外の世界を知り、心が救われましたた。その時から、露木は鯉城のために謎を解くことが生きる証に……。
京都に潜む愛と欲の情念はさらに渦巻き、鯉城と露木の二人は意外な結末に直面します。 『刀と傘』で「ミステリが読みたい!」ベストミステリ1位を獲得した著者が仕掛ける、驚愕必至の連作本格探偵ミステリ。

三上幸四郎さんの『蒼天の鳥』
大正十三(1924)年七月、鳥取県鳥取市。
鳥取出身の実在の作家・田中古代子をモデルに、友人の女流作家・尾崎翠や鳥取に流れてきた過激アナキスト集団「露亜党」、関東大震災など、大正期を鮮やかに描く歴史活劇ミステリーです。第69回江戸川乱歩賞受賞作。

真保裕一さんの『百鬼大乱』
江戸城を築いたことで知られる太田道灌。室町幕府の管領で守護大名の細川政元や後北条家の初代北条早雲にまで影響を与え、生涯無敗の名将ぶりを鮮やかに描いた長編時代小説です。

佐藤雫さんの『花散るまえに』
細川忠興は愛を知らずに大人になりました。
玉(ガラシャ)は、妻として忠興に寄り添いたいと思いますが、父・明智光秀の謀反により、夫婦の運命は暗転します。
謀反人の娘となって幽閉された玉は、やがてキリスト教の愛に惹かれていきます。
一方、忠興は玉の心を失う孤独と恐怖から、刃を振り上げ……。
細川ガラシャと忠興、日本史上もっとも歪んだ純愛を描く歴史小説。

★2023/08/17追記
簑輪諒さんの『化かしもの 戦国謀将奇譚』
上杉謙信の脅威にさらされている越中神保家を助けると約束した武田信玄でしたが、援軍は出さぬと。果たして援軍なしに上杉を退ける秘策とは? 腹の探り合いが手に汗握る「川中島を、もう一度」。
うまい話の裏を描く「宇都宮の尼将軍」、すべてが戦略物資になる乱世の厳しさが身に染みる「戦国砂糖合戦」など、気鋭の歴史小説家が放つ、戦国どんでん返し七連発。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●8月1日発売 郁朋社
『密書 島津の退き口異聞』黒木比呂史『密書 島津の退き口異聞』
●8月1日発売 山川出版社
『近世の政治と文化の世界』五味文彦『近世の政治と文化の世界』
●8月1日発売 小学館・小学館新書
『戦国秘史秘伝: 天下人、海賊、忍者と一揆の時代』藤田達生『戦国秘史秘伝: 天下人、海賊、忍者と一揆の時代』
●8月1日発売 文芸社
『「源氏物語」と私 女君たちが教えてくれたこと』樹月真由子『「源氏物語」と私 女君たちが教えてくれたこと』
『?め影と音』静間幸雄『?め影と音』
●8月1日発売 捕物出版
『加田三七叢書 第六巻 虹の女』村上元三『加田三七叢書 第六巻 虹の女』
●8月2日発売 角川春樹事務所
『こぼれ桜 摺師安次郎人情暦』梶よう子『こぼれ桜 摺師安次郎人情暦』
●8月2日発売 吉川弘文館
『源頼朝と木曾義仲 (1) (対決の東国史)』長村祥知『源頼朝と木曾義仲 (1) (対決の東国史)』
●8月2日発売 徳間書店
『皇帝たちの中国史』宮脇淳子『皇帝たちの中国史』
●8月4日発売 ABCアーク
『歴史人2023年9月号』歴史人編集部編集『歴史人2023年9月号』
●8月4日発売 KADOKAWA
『かたばみ』木内昇『かたばみ』
●8月4日発売 PHP研究所
『歴史街道2023年9月号(特集1「豊臣秀吉と徳川家康」)』歴史街道編集部編集『歴史街道2023年9月号(特集1「豊臣秀吉と徳川家康」)』
●8月4日発売 小学館
『信長の遺書: マキアヴェリ チェーザレ・ボルジア御留書』山本音也『信長の遺書: マキアヴェリ チェーザレ・ボルジア御留書』
●8月4日発売 潮出版社・潮新書
『徳川時代の古都』
→記事:16都市の江戸時代までの興亡を追い、都市史から日本史を学ぶ
安藤優一郎『徳川時代の古都』
●8月7日発売 ミネルヴァ書房
『山岡鉄舟・高橋泥舟:もとの姿はかわらざりけり』岩下哲典『山岡鉄舟・高橋泥舟:もとの姿はかわらざりけり』
●8月7日発売 東方書店
『フォルモサの涙 獅頭社戦役』陳耀昌『フォルモサの涙 獅頭社戦役』
●8月7日発売 エムディエヌコーポレーション・MdN新書
『江戸の格付事情』
→記事:さまざまな格付やランキングから、格差社会江戸時代を知る
安藤優一郎監修『江戸の格付事情』
●8月8日発売 論創社
『信長と鉄砲』浅野忠夫『信長と鉄砲』
●8月10日発売 講談社
『信長と鉄砲』浅野忠夫『信長と鉄砲』
『新古事記』村田喜代子『新古事記』
●8月10日発売 朝日新聞出版・朝日新書
『天下人の攻城戦 城攻めに見る信長・秀吉・家康の智略』渡邊大門『天下人の攻城戦 城攻めに見る信長・秀吉・家康の智略』
●8月10日発売 静山社・静山社ペガサス文庫
『三国志 6 決意の入蜀』小前亮『三国志 6 決意の入蜀』
『紫式部の娘。 2 賢子はとまらない!』篠綾子『紫式部の娘。 2 賢子はとまらない!』
●8月11日発売 PHP研究所・PHP新書
『太平洋戦争・提督たちの決断』半藤一利『太平洋戦争・提督たちの決断』
●8月17日発売 早川書房
『焔【ほむら】と雪【ゆき】 京都探偵物語』
→記事:「2023年8月の新刊(単行本)」をアップ
→記事:大正の京都に潜む愛と欲。探偵は友のために謎を解くという
伊吹亜門『焔【ほむら】と雪【ゆき】 京都探偵物語』
●8月17日発売 集英社
『小説すばる 2023年9月号』小説すばる編集『小説すばる 2023年9月号』
●8月18日発売 新潮社
『公孫龍 巻三 白龍篇』宮城谷昌光『公孫龍 巻三 白龍篇』
●8月18日発売 文藝春秋・文春新書
『大人の学参 まるわかり日本史』相澤理『大人の学参 まるわかり日本史』
『増補版 藤原道長の権力と欲望 紫式部の時代』倉本一宏『増補版 藤原道長の権力と欲望 紫式部の時代』
●8月21日発売 中央公論新社
『孝明天皇毒殺説の真相に迫る』中村彰彦『孝明天皇毒殺説の真相に迫る』
●8月21日発売 中央公論新社・中公新書
『浄土思想-釈尊から法然、現代へ』岩田文昭『浄土思想-釈尊から法然、現代へ』
『オットー大帝―辺境の戦士から「神聖ローマ帝国」樹立者へ』三佐川亮宏『オットー大帝―辺境の戦士から「神聖ローマ帝国」樹立者へ』
『足利将軍たちの戦国乱世-応仁の乱後、七代の奮闘』山田康弘『足利将軍たちの戦国乱世-応仁の乱後、七代の奮闘』
●8月21日発売 朝日新聞出版
『図解と年表で今を知る 宗教が変えた世界史』かみゆ歴史編集部編集『図解と年表で今を知る 宗教が変えた世界史』
『年代順だからきちんとわかる 中国史』岡本隆司監修『年代順だからきちんとわかる 中国史』
●8月21日発売 岩波書店・岩波新書
『桓武天皇: 決断する君主』瀧浪貞子『桓武天皇: 決断する君主』
『ハイチ革命の世界史: 奴隷たちがきりひらいた近代』浜忠雄『ハイチ革命の世界史: 奴隷たちがきりひらいた近代』
『アマゾン五〇〇年: 植民と開発をめぐる相剋』丸山浩明『アマゾン五〇〇年: 植民と開発をめぐる相剋』
●8月22日発売 PHP研究所・PHP新書
『人口からみた宗教の世界史 ユダヤ教・キリスト教・イスラムの興亡』宮田律『人口からみた宗教の世界史 ユダヤ教・キリスト教・イスラムの興亡』
●8月22日発売 文藝春秋
『オール讀物2023年9・10月合併号(第169回直木賞決定&発表!)』オール讀物編集『オール讀物2023年9・10月合併号(第169回直木賞決定&発表!)』
●8月22日発売 新潮社
『小説新潮 2023年9月号』小説新潮編集部『小説新潮 2023年9月号』
●8月23日発売 幻冬舎
『奈良監獄から脱獄せよ』和泉桂『奈良監獄から脱獄せよ』
●8月23日発売 講談社
『蒼天の鳥』
→記事:探偵は大正の女流作家と幼い娘。第69回江戸川乱歩賞受賞作
三上幸四郎『蒼天の鳥』
『百鬼大乱』真保裕一『百鬼大乱』
●8月23日発売 講談社・講談社現代新書
『テロルの昭和史』保阪正康『テロルの昭和史』
●8月23日発売 ワニブックス・ワニブックスPLUS新書
『もしも戦国時代に生きていたら – 武将から市井の人々の暮らしまでリアルシミュレーション – 』小和田哲男 、辻明人『もしも戦国時代に生きていたら - 武将から市井の人々の暮らしまでリアルシミュレーション - 』
●8月23日発売 講談社
『伝言』中脇初枝『伝言』
●8月25日発売 集英社
『アジア人物史 第3巻 ユーラシア東西ふたつの帝国』姜尚中監修『アジア人物史 第3巻 ユーラシア東西ふたつの帝国』
『花散るまえに』佐藤雫『花散るまえに』
●8月25日発売 幻冬舎
『小説幻冬 2023年 9月号』幻冬舎編集『小説幻冬 2023年 9月号』
●8月25日発売 双葉社
『小説推理 2023年10月号』『小説推理 2023年10月号』
●8月25日発売 文藝春秋
『化かしもの 戦国謀将奇譚』簑輪諒『化かしもの 戦国謀将奇譚』
●8月28日発売 有隣堂・有隣新書
『ヘボン伝 和英辞典・聖書翻訳・西洋医学の父』岡部一興『ヘボン伝 和英辞典・聖書翻訳・西洋医学の父』
●8月29日発売 河出書房新社・河出新書
『商人の世界史: 小さなビジネス革命が世界を変えた』玉木俊明『商人の世界史: 小さなビジネス革命が世界を変えた』
●8月29日発売 幻冬舎
『僕の古代史』橋本正浩『僕の古代史』
●8月30日発売 ダイヤモンド社
『教養としての歴史小説』
→記事:直木賞作家が教える、ビジネスに効く歴史小説の選び方、読み方
今村翔吾『教養としての歴史小説』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2023年7月の新刊(単行本)2023年9月の新刊 →

文庫●2023年8月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年8月下旬の新刊(21日→月末) 2023年8月21日から8月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →新刊情報リス...
文庫●2023年8月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年8月中旬の新刊(11日→20日) 2023年8月11日から8月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。...
文庫●2023年8月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年8月上旬の新刊(1日→10日) 2023年8月1日から8月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...