単行本★2020年3月の新刊

時代小説 単行本新刊情報

2020年3月の新刊(1日→末)

2020年3月1日から3月31日の間に、単行本で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

浅田次郎さんの『流人道中記』(上・下)は、『一路』に続く、道中物語です。
姦通の罪を犯したという旗本は蝦夷松前藩への流罪判決が下り、押送人に選ばれた見習与力・石川乙次郎とともに、奥州街道を北へと歩みます。

富樫倫太郎さんの『北条氏康-二世継承篇』は、「北条早雲」と「軍配者」に続く、北条家3代目・氏康の生涯を描く、待望の新シリーズです。

北方謙三さんの『チンギス紀 七 虎落』
モンゴル族の各氏族、メルキト族、ケレイト王国が二つに割れ、草原の覇者をめぐる一大決戦の幕が開けようとします。

平谷美樹さんの『大一揆』は、嘉永六年五月。圧政を強いる盛岡藩に抗して民百姓が立ち上がった、時代の流れに翻弄される百姓たちのドラマを描く、歴史長編です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●3月1日発売 文芸社
『戦国閻魔帳 冥府の信長』橋本丨『戦国閻魔帳 冥府の信長』
『斜め読み額田王』藤田恭子『斜め読み額田王』
『西国街道・山陽道 徒歩の旅絵日記』長坂清臣『西国街道・山陽道 徒歩の旅絵日記』
●3月2日発売 二見書房
『東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑』山本博文監修『東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑』
●3月2日発売 吉川弘文館
『東海の名城を歩く 愛知・三重編』中井均、 鈴木正貴、竹田憲治編集『東海の名城を歩く 愛知・三重編』
『日本史を学ぶための図書館活用術: 辞典・史料・データベース』浜田久美子『日本史を学ぶための図書館活用術: 辞典・史料・データベース』
●3月3日発売 伊勢新聞社
『大岡越前守ビギニング』外城田川忍『大岡越前守ビギニング』
●3月3日発売 吉川弘文館
『鎌倉時代論』五味文彦『鎌倉時代論』
●3月4日発売 春陽堂書店
『完本 人形佐七捕物帳 二』横溝正史『完本 人形佐七捕物帳 二』
●3月4日発売 新典社
『大伴旅人 「令和」を開いた万葉集の歌人』辰巳正明『大伴旅人 「令和」を開いた万葉集の歌人』
『『源氏物語』忘れ得ぬ初恋と懸隔の恋―朝顔の姫君と夕顔の女君―』小澤洋子『『源氏物語』忘れ得ぬ初恋と懸隔の恋―朝顔の姫君と夕顔の女君―』
●3月4日発売 宝島社・宝島社新書
『明智光秀10の謎』本郷和人、細川珠生『明智光秀10の謎』
●3月4日発売 淡交社
『中国詩人烈伝 人生のヒントをくれる型破りな10賢人』諸田龍美『中国詩人烈伝 人生のヒントをくれる型破りな10賢人』
●3月4日発売 コトコト
『幕末龍馬の京都案内』山村純也『幕末龍馬の京都案内』
●3月5日発売 集英社
『嫁ぐ日 狸穴あいあい坂』諸田玲子『嫁ぐ日 狸穴あいあい坂』
『胸キュン?! 日本史』堀口茉純『胸キュン?! 日本史』
●3月6日発売 中央公論新社
『流人道中記(上)』浅田次郎『流人道中記(上)』
『流人道中記(下)』浅田次郎『流人道中記(下)』
『神道の中世-伊勢神宮・吉田神道・中世日本紀』伊藤聡『神道の中世-伊勢神宮・吉田神道・中世日本紀』
●3月9日発売 戎光祥出版
『室町・戦国天皇列伝』久水俊和、石原比伊呂編集『室町・戦国天皇列伝』
●3月10日発売 戎光祥出版
『漢学と教育 (講座 近代日本と漢学 第5巻)』江藤茂博、加藤国安編集『漢学と教育 (講座 近代日本と漢学 第5巻)』
『漢学と学芸 (講座 近代日本と漢学 第4巻)』牧角悦子、町泉寿郎編集『漢学と学芸 (講座 近代日本と漢学 第4巻)』
●3月10日発売 現代書館
『大聖寺藩 (シリーズ藩物語)』山口隆治『大聖寺藩 (シリーズ藩物語)』
●3月10日発売 宝島社・宝島社新書
『歪められた古代天皇 『古事記』『日本書記』に隠された真実』家村和幸『歪められた古代天皇 『古事記』『日本書記』に隠された真実』
●3月13日発売 PHP研究所
『面白くて眠れなくなる『古事記』』島崎晋『面白くて眠れなくなる『古事記』』
●3月13日発売 筑摩書房
『明智光秀と細川ガラシャ―戦国を生きた父娘の虚像と実像』井上章一、郭南燕、呉座勇一、フレデリック・クレインス『明智光秀と細川ガラシャ―戦国を生きた父娘の虚像と実像』
●3月14日発売 芙蓉書房出版
『江戸の仕事図鑑(下巻)遊びと装いの仕事』飯田泰子『江戸の仕事図鑑(下巻)遊びと装いの仕事』
●3月16日発売 株式会社PHPエディターズ・グループ
『知っておきたい 女性天皇とその歴史 推古天皇から後桜町天皇まで』吉重丈夫『知っておきたい 女性天皇とその歴史 推古天皇から後桜町天皇まで』
●3月16日発売 海青社
『地図でみる城下町』野間晴雄、山近博義、矢野司郎編集『地図でみる城下町』
●3月17日発売 中央公論新社
『北条氏康-二世継承篇』富樫倫太郎『北条氏康-二世継承篇』
『静かなる太陽』霧島兵庫『静かなる太陽』
●3月18日発売 ワニブックス
『残念な死に方事典』小和田哲男監修『残念な死に方事典』
●3月18日発売 三才ブックス
『世界でいちばん素敵なお城の教室』加藤理文監修『世界でいちばん素敵なお城の教室』
●3月20日発売 白水社
『日本史からの問い:比較革命史への道』三谷博『日本史からの問い:比較革命史への道』
●3月20日発売 ユニプラン
『惟任日向守、第六天魔王を討つ!  年表帖 明智光秀・織田信長一代記(上巻)』ユニプラン編集部編集『惟任日向守、第六天魔王を討つ!  年表帖 明智光秀・織田信長一代記(上巻)』
『惟任日向守、第六天魔王を討つ!  年表帖 明智光秀・織田信長一代記(上巻)』ユニプラン編集部編集『惟任日向守、第六天魔王を討つ!  年表帖 明智光秀・織田信長一代記(上巻)』
●3月24日発売 カンゼン
『江戸の「怪異」と「魔界」の歴史 今なお残る江戸の“闇”を散策する』飯倉義之監修)『江戸の「怪異」と「魔界」の歴史 今なお残る江戸の“闇
●3月24日発売 光文社
『天下取(てんかとり)』村木嵐『天下取(てんかとり)』
●3月26日発売 集英社
『チンギス紀 七 虎落』北方謙三『チンギス紀 七 虎落』
●3月27日発売 世界文化社
『最新版 新選組検定公式ガイドブック』菊地明監修『最新版 新選組検定公式ガイドブック』
●3月27日発売 徳間書店
『日本人が教えたい新しい世界史』宮脇淳子『日本人が教えたい新しい世界史』
●3月28日発売 KADOKAWA
『大一揆』平谷美樹『大一揆』
『愚か者の城』矢野隆『愚か者の城』
『天稟』幸田真音『天稟』
●3月28日発売 白水社
『茶の世界史[新装版]:中国の霊薬から世界の飲み物へ』ビアトリス・ホーネガー著、平田紀之訳『茶の世界史[新装版]:中国の霊薬から世界の飲み物へ』
●3月30日発売 晃洋書房
『歩く江戸の旅人たち』谷釜尋徳『歩く江戸の旅人たち』
●3月31日発売 花鳥社
『新訳更級日記』島内景二『新訳更級日記』
●3月31日発売 静岡新聞社
『今川義元公生誕五百年祭記念 今川義元公の実像に迫る』静岡新聞社編集『今川義元公生誕五百年祭記念 今川義元公の実像に迫る』

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2020年2月の新刊(単行本)2020年4月の新刊 →

2020年3月上旬の新刊
時代小説 文庫新刊情報 2020年3月上旬の新刊(1日→10日) 2020年3月1日から3月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っていま...