2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

文庫●2023年8月上旬の新刊

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2023年8月上旬の新刊(1日→10日)

2023年8月1日から8月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

PHP文庫
篠綾子さんの『藤原道長・王者の月』
摂政関白に手の届きそうな家に生まれたからには、自分もそうなりたいと思う道長ですが、兄たちや同じ藤原氏の同世代のライバル・伊周たちがいました。しかし、姉・詮子や、左大臣の娘・倫子、「打臥」という巫女の導きによって、道長は「運」をつかんでいきます。
流行り病があっけなく身近なものたちの命を奪っていくが、道長は「知恵と運」で着々と昇りつめ、ついに一家三后を果たします。野望を結実させるまでの日々を、道長を取り巻く人びとの人生とともに鮮やかに描く長編小説。

文春文庫
岡本さとるさんの『父子船 仕立屋お竜』
表の顔は腕のいい職人、裏の顔は悪党を地獄へ案内する武芸の遣い手という主人公お竜。今回はパートナーの井出勝之助がかつて肌を交わした女性と再会し、自分に子供がいることが告げられます。驚きつつも喜びを隠せない勝之助ですが、その裏には悪党どもの悪だくみが……。痛快さとジーンと胸を打つ人情味が癖になるシリーズ第4作。

青山文平さんの『江戸染まぬ』
旗本の次男坊で部屋住みの主人公。武家であらねばならぬ、などとは思ってはおらず、堅物の兄が下女に好意を寄せているのを見て取って、わざと下女にちょっかいを出そうとします。が、気づくと女は身籠っていました。しかも父親は、隠居の祖父だと。六十九歳の老人に女で負けた主人公がとった行動は……。人生を必死に泳ぐ男と女を鮮やかに描き出す傑作短編、全7編収録。

ポプラ文庫ピュアフル
峰守ひろかずさんの『少年泉鏡花の明治奇談録』
時は明治21年。古都・金沢で働く人力車夫の義信は、英語を学ぶために訪れた私塾で、寄宿生ながら英語を教える風変わりな美少年・泉鏡太郎(のちの泉鏡花)と出会います。高い受講料に断念しようとする義信に、鏡太郎はあるものを提供することで受講料を免除にすると持ち掛けました。
それは”怪異の噂”を持ってくること。文豪・泉鏡花の少年時代を綴る、明治怪奇ミステリー。

時代小説文庫
上田秀人さんの『陽眠る』
大政奉還の後、鳥羽伏見の戦いに敗れはしましたが、徳川慶喜は薩長への徹底抗戦を主張、幕軍は意気軒昂でした。オランダで建造された軍艦〈開陽丸〉の艦将・榎本釜次郎武揚も「ここからが海軍の出番」と自負。しかしその夜、慶喜は開陽丸で江戸へ逃げてしまいます。失望した榎本は、副艦将・澤太郎左衛門、大坂城から持ち出した十八万両とともに開陽丸ごと脱走。蝦夷地を開拓し旧徳川家臣の新天地とすべく、北へと向かいます。
無念の開陽丸と男たちの軌跡を描き切る、渾身の歴史小説。

PHP文芸文庫
宮本昌孝さんの『天離り果つる国(上)』『天離り果つる国(下)』
飛?白川郷。そこに織田信長の魔の手が迫るところから物語は始まります。
金銀と、鉄炮火薬に欠かせない塩硝という宝の眠る里を我が物にしようと企むのは、織田・上杉・本願寺……。そんななか、信長によって天才軍師・竹中半兵衛の愛弟子・七龍太が白川郷に送り込まれました。
“天空の城”と言われる帰雲城に拠って白川郷を治めるのは、内ケ嶋氏理。美しき里に魅せられた七龍太は、領民の平和な生活を守るため、信長の命に反し、氏理の姫紗雪とともに立ち上がります。『この時代小説がすごい! 2022年版』で単行本第1位となった「戦国エンタテインメント」。

泉ゆたかさんの『幽霊長屋、お貸しします(二)』
読売の種拾いとして働くお奈津は、とある事件を通じて知り合った“事故物件”専門の家守(不動産屋)・直吉の力を借りながら、江戸の幽霊騒動に関わっていきます。心中事件の真相、国じゅうの幽霊話を集めているという怪しい男・七五郎との出会いなど、人と霊の巡り合わせを追う中で、直吉の両親が行方不明になった事件の手がかりを見つけますが……。「事故物件×時代小説」シリーズ第2弾。

双葉文庫
佐々木裕一さんの『新・浪人若さま 新見左近【十四】-乱れ普請』
左近に窮地を救われた縁で、甲府藩に召し抱えられた坂手文左衛門が桜田の上屋敷の修繕を差配すべく、国許から出府してきました。張り切る文左衛門ですが、旧知の権八に会うため町に出た際に、手抜きと思しき普請中の建物を見咎め、大工たちと悶着を起こしてしまいます。この一件が思わぬ騒動に発展し……。左近の葵一刀流が悪を斬る、大人気時代シリーズ第14弾。

芝村凉也さんの『北の御番所 反骨日録 【八】-捕り違え』
用部屋手附同心の裄沢広二郎は、小者の三吉から、御用聞きによる無道な捕縛の目撃譚を聞かされます。その御用聞きを使っているのは、かつて隠密廻りに登用され、その後、定町廻りから臨時廻りとなった安楽という男だと。
同輩の室町左源太から、安楽の人となりを聞いた裄沢は、安楽より出された入牢証文発行申請を手許に留め置き、一計を案じました。痛快奉行所小説シリーズ第8弾。

千野隆司さんの『おれは一万石(26)-国替の渦』
酒造額厳守の触れが出されているなか、天領の村から手に入れた二升のどぶろくによって窮地に追い込まれてしまった高岡藩井上家。背後に沓澤らの企てがあったと証し立てしたことで減封こそ免れたものの、触を破った事実は消えず国替えの話が持ち上がります。
最大の危機を迎えた井上家の運命は!? 藩主正紀は、前巻『不酔の酒』から続く問題を解決をできるのでしょうか?

祥伝社文庫
辻堂魁さんの『母子草 風の市兵衛 弐』
還暦を前に大店下り酒屋の主・里右衛門が病に倒れました。店の前途もさることながら、 里右衛門の脳裡を掠めたのは、若き日に真心を通わせた三人の女性のことでした。唐木市兵衛は、里右衛門から数十年も前の想い人を捜し出し、現在の気持ちを伝えてほしいと頼まれます。一方、店では跡とりとなる養子が、隠居しない義父への鬱憤を、遠島帰りの破落戸にうっかり漏らしてしまい……。初老の豪商の真心は届くのでしょうか。感涙の時代小説。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●8月1日発売 三笠書房・王様文庫
『怪仏異神ミステリー: 異形の相に秘められた「人々の願い」とは』本田不二雄『怪仏異神ミステリー: 異形の相に秘められた「人々の願い」とは』
●8月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『熊襲城の真相探究』福盛修『熊襲城の真相探究』
●8月2日発売 PHP研究所・PHP文庫
『藤原道長・王者の月』篠綾子『藤原道長・王者の月』
●8月2日発売 行舟文化・行舟文庫
『蘭亭序之謎 上』唐隠『蘭亭序之謎 上』
『蘭亭序之謎 下』唐隠『蘭亭序之謎 下』
●8月2日発売 文藝春秋・文春文庫
『耳袋秘帖 南町奉行と幽霊心中』風野真知雄『耳袋秘帖 南町奉行と幽霊心中』
『父子船 仕立屋お竜』岡本さとる『父子船 仕立屋お竜』
『助太刀のあと 素浪人始末記(一)』小杉健治『助太刀のあと 素浪人始末記(一)』
『江戸染まぬ』青山文平『江戸染まぬ』
『盲剣楼奇譚』島田荘司『盲剣楼奇譚』
『はじめは駄馬のごとく ナンバー2の人間学』永井路子『はじめは駄馬のごとく ナンバー2の人間学』
『二枚の絵 柳橋の桜(三)』佐伯泰英『二枚の絵 柳橋の桜(三)』
●8月3日発売 ポプラ社・ポプラ文庫ピュアフル
『天の雫 鳳の木』喜咲冬子『天の雫 鳳の木』
『少年泉鏡花の明治奇談録』峰守ひろかず『少年泉鏡花の明治奇談録』
●8月4日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『後宮の炎王 参』蒼山螢『後宮の炎王 参』
『刺客変幻 闇を斬る 二』荒崎一海『刺客変幻 闇を斬る 二』
『酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 新装版』宇江佐真理『酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 新装版』
●8月4日発売 小学館・小学館文庫
『身代わり皇帝の憂鬱~後宮の侍女ですが、入れ替わった皇帝に全てを押しつけられています』松田詩依『身代わり皇帝の憂鬱~後宮の侍女ですが、入れ替わった皇帝に全てを押しつけられています』
●8月4日発売 潮出版社・潮文庫
『玄宗皇帝』塚本靑史『玄宗皇帝』
●8月5日発売 河出書房新社・河出文庫
『弾左衛門と車善七: 江戸のエタ頭と非人頭』塩見鮮一郎『弾左衛門と車善七: 江戸のエタ頭と非人頭』
●8月7日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『陽眠る』上田秀人『陽眠る』
『(新装版)三国志 二の巻 参旗の星』北方謙三『(新装版)三国志 二の巻 参旗の星』
『茶屋占い師がらん堂 招き猫』高田在子『茶屋占い師がらん堂 招き猫』
●8月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『関ヶ原連判状 上巻』安部龍太郎『関ヶ原連判状 上巻』
『関ヶ原連判状 下巻』安部龍太郎『関ヶ原連判状 下巻』
『隅田川 慶次郎縁側日記』北原亞以子『隅田川 慶次郎縁側日記』
●8月8日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『天離り果つる国(上)』
→記事:「2023年8月上旬の新刊(文庫)」をアップ
宮本昌孝『天離り果つる国(上)』
『天離り果つる国(下)』宮本昌孝『天離り果つる国(下)』
『幽霊長屋、お貸しします(二)』泉ゆたか『幽霊長屋、お貸しします(二)』
●8月8日発売 双葉社・双葉文庫
『後宮の花は偽りを愛でる』天城智尋『後宮の花は偽りを愛でる』
『新・浪人若さま 新見左近【十四】-乱れ普請』佐々木裕一『新・浪人若さま 新見左近【十四】-乱れ普請』
『北の御番所 反骨日録 【八】-捕り違え』
→記事:悪辣な御用聞きの捕物の裏に、かつての鬼隠密廻り同心の影
芝村凉也『北の御番所 反骨日録 【八】-捕り違え』
『新・若さま同心 徳川竜之助 【一】-象印の夜〈新装版〉』風野真知雄『新・若さま同心 徳川竜之助 【一】-象印の夜〈新装版〉』
『おれは一万石(26)-国替の渦』
→記事:高岡藩井上家に三方領地替えの危機、窮地を救うは領地のお宝
千野隆司『おれは一万石(26)-国替の渦』
●8月8日発売 徳間書店・徳間文庫
『観相同心早瀬菊之丞 善意の寺』早見俊『観相同心早瀬菊之丞 善意の寺』
『拵屋銀次郎半畳記 汝 戟とせば二』門田泰明『拵屋銀次郎半畳記 汝 戟とせば二』
●8月9日発売 光文社・光文社文庫
『赤い雨 吉原裏同心(33) 決定版』佐伯泰英『赤い雨 吉原裏同心(33) 決定版』
『乱癒えず 吉原裏同心(34) 決定版』佐伯泰英『乱癒えず 吉原裏同心(34) 決定版』
『武神 鬼役伝(五)』坂岡真『武神 鬼役伝(五)』
『裏切り 隠密船頭(十一)』稲葉稔『裏切り 隠密船頭(十一)』
●8月9日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『初代北町奉行 米津勘兵衛 水月の箏』岩室忍『初代北町奉行 米津勘兵衛 水月の箏』
『母子草 風の市兵衛 弐』辻堂魁『母子草 風の市兵衛 弐』
●8月9日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『平賀源内』芳賀徹『平賀源内』
『奴隷制の歴史』ブレンダ・スティーヴンソン『奴隷制の歴史』
●8月9日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『羊の怒る時 ――関東大震災の三日間』江馬修『羊の怒る時 ――関東大震災の三日間』
●8月10日発売 講談社・講談社学術文庫
『遠野物語 全訳注』柳田國男『遠野物語 全訳注』
『アフリカ史』山口昌男『アフリカ史』
『明代二大茶書 張源『茶録』・許次ショ『茶疏』 全訳注』張源『明代二大茶書 張源『茶録』・許次ショ『茶疏』 全訳注』
●8月10日発売 講談社・講談社文庫
『仇討ち異聞 大江戸閻魔帳(八)』藤井邦夫『仇討ち異聞 大江戸閻魔帳(八)』

↑ 新刊情報Topへ← 2023年7月の新刊 下(21日→月末)2023年8月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2023年8月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年8月の新刊(1日→末日) 2023年8月1日から8月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンク...