文庫●2020年10月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年10月上旬の新刊(1日→10日)

2020年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今月は楽しみな新刊ラッシュで、書籍代の捻出に、早くも頭を悩ましています。

ポプラ文庫から出る、鷹山悠(たかやまゆう)さんの『隠れ町飛脚 三十日屋』に注目しています。

著者は、第9回ポプラ社小説新人賞・奨励賞を受賞し、本作でデビュー。
お上の許しを得ずに、こっそり営んでいる、ちょっと不思議な飛脚屋を描いた人情もの。
小学館文庫からも楽しみな新刊が出ます。

金子成人さんの『付添い屋・六平太 猫又の巻 祟られ女』は、大人気人情時代小説シリーズの第14作。今回の帯の言葉は、松坂慶子さんのようです。

篠綾子さんの『たまもかる 万葉集歌解き譚』は、万葉集と謎解きが楽しめる、好評シリーズの第2作です。

幻冬舎時代小説文庫からは、安部龍太郎さんの『家康(四)甲州征伐』が刊行されます。

宿敵・武田との不気味なにらみ合いが続く中、勝頼の謀略が息子・信康に迫ります。妻子との悲しき決別へ。戦国大河小説第4弾。

朝日文庫から出る、葉室麟さんの『風のかたみ』は、女たちの執念を描いた時代小説。

上意討ちにあった、豊後安見藩一門衆筆頭の佐野了禅。女医師・伊都子は目付方の密命を受け、佐野家の女人たちが暮らす白鷺屋敷に送り込まれた……。

文春文庫の新刊は、どれから読むか目移りしそうなタイトルが並びます。

風野真知雄さんの『耳袋秘帖 眠れない凶四郎(四)』
名奉行根岸肥前守の命により、不眠症がいまだ治らない土久呂凶四郎は江戸の夜を巡ります。今度の魔物は一体何?

山本一力さんの『牛天神 損料屋喜八郎始末控え』
深川に巨大な安売り市場が出来、このままでは地元の店が打撃を受けてしまいます。
損料屋喜八郎シリーズの第4弾。

千野隆司さんの『出世商人 (一)』
急逝した父が遺した、借財まみれの小さな艾屋の再建を志した文吉は、荒波を乗り越え立派な商人への道を歩み始めました。
書き下ろし時代小説の名手、千野さんが文春文庫に登場!

安部龍太郎さんの『宗麟の海』
信長に先んじて海外貿易を行い、軍事力と知略で九州六か国を制覇した若き日の大友宗麟を描く長編小説。

谷津矢車さんの『おもちゃ絵芳藤』
江戸の大絵師、歌川国芳の弟子で、おもちゃ絵で知られる芳藤をはじめ、月岡芳年、落合芳幾、かつては一門だった河鍋暁斎らの幕末から明治の苦闘を描く長編小説。

コスミック・時代文庫の新刊、山田剛さんの『お助け裏同心 重蔵組』は、痛快人情小説。
元北町奉行所同心五十坂重蔵は仲間を集めて、一度は解決した事件に挑む、私設の奉行所「重蔵組」を結成した。

ハヤカワ時代ミステリ文庫の新刊も要チェック。

出水千春さんの『吉原美味草紙 懐かしのだご汁』
吉原の妓楼・佐野槌屋の台所で働く、楼主の弟の奸計で佐野槌屋を追い出されて、不味さで知られる居酒屋で働くことに。シリーズ第2弾。

志坂圭さんの『姉さま河岸見世相談処』
元花魁の七尾姉さんが、吉原で起こった難事を解決していく人情時代小説。
吉原の花魁を主人公とした『滔々と紅』で注目される著者の最新作。

毎日新聞出版の新レーベル、毎日文庫から、佐々木譲さんの『英龍伝』が出ます。
幕末の名代官、伊豆韮山代官・江川太郎左衛門英龍の生涯を描いた長編小説。『武揚伝』『くろふね』に続く、幕臣三部作の完結編です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●10月1日発売 文芸社
『李陵・飛竜伝』松井暁彦『李陵・飛竜伝』
●10月6日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『捕り物に姉が口を出してきます』神楽坂淳『捕り物に姉が口を出してきます』
『隠れ町飛脚 三十日屋』
→記事:わけありの女お静が始めた隠れ町飛脚は、お客の想いも届ける
鷹山悠『隠れ町飛脚 三十日屋』
●10月6日発売 河出書房新社・河出文庫
『婆沙羅/室町少年倶楽部: 山田風太郎傑作選 室町篇』山田風太郎『婆沙羅/室町少年倶楽部: 山田風太郎傑作選 室町篇』
『日本書紀が抹殺した 古代史謎の真相』関裕二『日本書紀が抹殺した 古代史謎の真相』
『知っておきたい日本の神様』武光誠『知っておきたい日本の神様』
●10月6日発売 小学館・小学館文庫
『逆説の日本史23 明治揺籃編 琉球処分と廃仏毀釈の謎』井沢元彦『逆説の日本史23 明治揺籃編 琉球処分と廃仏毀釈の謎』
『付添い屋・六平太 猫又の巻 祟られ女』
→記事:立身流の秋月六平太は、剣友の死の謎を突き止められるのか
金子成人『付添い屋・六平太 猫又の巻 祟られ女』
『たまもかる 万葉集歌解き譚』
→記事:賀茂真淵の取り違えた『万葉集』に、幕府を揺るがす秘密が…
篠綾子『たまもかる 万葉集歌解き譚』
『若殿八方破れ(二) 木曽の神隠し』鈴木英治『若殿八方破れ(二) 木曽の神隠し』
●10月6日発売 宝島社・宝島社文庫
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 妖刀は怪盗を招く』山本巧次『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 妖刀は怪盗を招く』
●10月7日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『家康〈四〉 甲州征伐』安部龍太郎『家康〈四〉 甲州征伐』
●10月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『風のかたみ』葉室麟『風のかたみ』
『信長研究の最前線 ここまでわかった「革新者」の実像』日本史史料研究会編『信長研究の最前線 ここまでわかった「革新者」の実像』
『朝日文庫時代小説アンソロジー 江戸旨いもの尽くし』菊地仁編『朝日文庫時代小説アンソロジー 江戸旨いもの尽くし』
●10月7日発売 文藝春秋・文春文庫
『秋思ノ人 居眠り磐音(三十九)決定版』佐伯泰英『秋思ノ人 居眠り磐音(三十九)決定版』
『春霞ノ乱 居眠り磐音(四十)決定版』佐伯泰英『春霞ノ乱 居眠り磐音(四十)決定版』
『耳袋秘帖 眠れない凶四郎(四)』風野真知雄『耳袋秘帖 眠れない凶四郎(四)』
『牛天神 損料屋喜八郎始末控え』山本一力『牛天神 損料屋喜八郎始末控え』
『出世商人 (一)』千野隆司『出世商人 (一)』
『武士の流儀(四)』稲葉稔『武士の流儀(四)』
『宗麟の海』安部龍太郎『宗麟の海』
『おもちゃ絵芳藤』
→記事:「2020年10月上旬の新刊(文庫)」をアップ
谷津矢車『おもちゃ絵芳藤』
●10月8日発売 光文社・光文社知恵の森文庫
『ここまでわかった! 本当の信長━知れば知るほどおもしろい50の謎』渡邊大門『ここまでわかった! 本当の信長━知れば知るほどおもしろい50の謎』
●10月8日発売 光文社・光文社文庫
『乱癒えず 新・吉原裏同心抄(三)』佐伯泰英『乱癒えず 新・吉原裏同心抄(三)』
『暁光の断 決定版 勘定吟味役異聞(六)』上田秀人『暁光の断 決定版 勘定吟味役異聞(六)』
『おしどり夫婦 決定版 研ぎ師人情始末(七)』稲葉稔『おしどり夫婦 決定版 研ぎ師人情始末(七)』
『蒼い月 父子十手捕物日記』鈴木英治『蒼い月 父子十手捕物日記』
『氷の牙 決定版 八丁堀つむじ風(七)』和久田正明『氷の牙 決定版 八丁堀つむじ風(七)』
●10月8日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『きずな水 人情料理わん屋』倉阪鬼一郎『きずな水 人情料理わん屋』
●10月9日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『最強同心 剣之介 鬼平誘拐』早見俊『最強同心 剣之介 鬼平誘拐』
『お助け裏同心 重蔵組』
→記事:逃げ得は許さねえ!重蔵組が未解決の事件に苦しむ人々を救う
山田剛『お助け裏同心 重蔵組』
『秘剣の名医[七] 蘭方検死医 沢村伊織』永井義男『秘剣の名医[七] 蘭方検死医 沢村伊織』
『一万両用心棒 御用飛脚を守れ』麻倉一矢『一万両用心棒 御用飛脚を守れ』
●10月9日発売 講談社・講談社学術文庫
『中国の歴史1 神話から歴史へ 神話時代 夏王朝』宮本一夫『中国の歴史1 神話から歴史へ 神話時代 夏王朝』
『中国の歴史2 都市国家から中華へ 殷周 春秋戦国』平勢隆郎『中国の歴史2 都市国家から中華へ 殷周 春秋戦国』
『僧侶と海商たちの東シナ海』榎本渉『僧侶と海商たちの東シナ海』
●10月9日発売 徳間書店・徳間文庫
『禁裏付雅帳十一 偽計』上田秀人『禁裏付雅帳十一 偽計』
『婿殿開眼十 一抹の福』牧秀彦『婿殿開眼十 一抹の福』
『姫様お忍び事件帖 わらわがゆるさぬ』沖田正午『姫様お忍び事件帖 わらわがゆるさぬ』
●10月10日発売 イースト・プレス・文庫ぎんが堂
『ゼロからわかる英雄伝説 古代ギリシャ・ローマ編』かみゆ歴史編集部『ゼロからわかる英雄伝説 古代ギリシャ・ローマ編』
『ゼロからわかる英雄伝説 ヨーロッパ中世~近世編』かみゆ歴史編集部『ゼロからわかる英雄伝説 ヨーロッパ中世~近世編』
●10月10日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『吉原美味草紙 懐かしのだご汁』
→記事:女料理人さくら、江戸一不味いと評判の居酒屋で修業中
出水千春『吉原美味草紙 懐かしのだご汁』
『姉さま河岸見世相談処』志坂圭『姉さま河岸見世相談処』
『オランダ宿の娘』葉室麟『オランダ宿の娘』
●10月10日発売 大和書房・だいわ文庫
『80字世界史』祝田秀全『80字世界史』
●10月10日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『武家文化と同朋衆: 生活文化史論』村井康彦『武家文化と同朋衆: 生活文化史論』
『中東全史: イスラーム世界の二千年』バーナード・ルイス『中東全史: イスラーム世界の二千年』
●10月10日発売 毎日新聞出版・毎日文庫
『英龍伝』佐々木譲『英龍伝』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年9月の新刊 下(21日→月末)2020年10月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2020年10月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年10月の新刊(1日→末) 2020年10月1日から10月31日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペ...