2019年7月の新刊 下

時代小説 文庫新刊情報

2019年7月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2019/08/02

2019年7月21日から7月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

中公文庫から、仁木英之さんの『レギオニス 勝家の決断』が出ます。織田家の軍団長(レガトゥス・レギオニス=武将たち)の出世争いを描いた「レギオニス」シリーズの第4弾にして完結編。
織田家中で筆頭家老に上り詰める勝家と秀吉の決戦の日が近づく……。

角川文庫の新刊も注目です。

誉田龍一さんの『日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪』は、ユーモア商売繁盛記シリーズの第2弾。
日の本一の商人を夢見て、つぶれる寸前の生家・茜屋を立て直しに奮闘する清兵衛。腹違いの妹のお絹と協力して、日本一の縮緬を仕入れることができるのか?

新美健さんの『炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖』は、江戸時代に内藤新宿で一晩中営業する居酒屋〈夜中屋〉を舞台にした、新シリーズ。
ヤクザ者、同心、罪人……それを取り巻く女たち。そして店主にも暗い過去が……。

時代小説ではありませんが、角川ソフィア文庫から食指が動く一冊、『稲生物怪録(いのうもののけろく)』が出ます。

江戸時代中期、広島・三次藩の武士・稲生平太郎の屋敷に、一ヶ月にわたって連日、怪異現象が頻発。その目撃談をもとに描かれた「稲生物怪録絵巻」(堀田家本、全巻カラー)、平太郎本人が書き残したと伝わる『三次実録物語』(京極夏彦訳)、柏正甫『稲生物怪録』(東雅夫訳・註)が一冊にまとまっています。

二見時代小説文庫の新刊では、藤水名子さんの『剣客奉行 柳生久通 獅子の目覚め』が楽しみです。

将軍世嗣の剣術指南役、柳生久通は、老中松平定信から突然、北町奉行を命じられます。一刀流免許皆伝の剣客奉行が江戸の悪を討つ、新シリーズの開幕です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●7月23日発売 潮書房光人新社・産経NF文庫
『教科書が教えない 楠木正成』産経新聞取材班『教科書が教えない 楠木正成』
●7月23日発売 中央公論新社・中公文庫
『レギオニス 勝家の決断』仁木英之『レギオニス 勝家の決断』
●7月24日発売 KADOKAWA・角川文庫
『妖星は闇に瞬く 金椛国春秋』篠原悠希『妖星は闇に瞬く 金椛国春秋』
『彩雲国物語 八、光降る碧の大地』雪乃紗衣『彩雲国物語 八、光降る碧の大地』
『宮廷神官物語 七』榎田ユウリ『宮廷神官物語 七』
『おとっつあん 八丁堀赤鬼忠孝譚』小杉健治『おとっつあん 八丁堀赤鬼忠孝譚』
『はなの味ごよみ 夢見酒』高田在子『はなの味ごよみ 夢見酒』
『日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪』誉田龍一『日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪』
『炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖』新美健『炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖』
●7月24日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『稲生物怪録』京極夏彦・翻訳、東雅夫・編集『稲生物怪録』
『黒髪と美の歴史』平松隆円『黒髪と美の歴史』
『覚えておきたい芭蕉の名句200』松尾芭蕉・著、角川書店・編集『覚えておきたい芭蕉の名句200』
●7月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『評定所留役 秘録3 天領の夏蚕』牧秀彦『評定所留役 秘録3 天領の夏蚕』
『恩讐の香炉 居眠り同心 影御用30』早見俊『恩讐の香炉 居眠り同心 影御用30』
『剣客奉行 柳生久通 獅子の目覚め』藤水名子『剣客奉行 柳生久通 獅子の目覚め』
●7月29日発売 三笠書房・王様文庫
『眠れないほどおもしろい万葉集』板野博行『眠れないほどおもしろい万葉集』
●7月31日発売 土曜社・土曜文庫
『雨夜譚――渋沢栄一自伝』渋沢栄一『雨夜譚――渋沢栄一自伝』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年7月の新刊 中(11日→20日)2019年8月の新刊 上(1日→10日) →