2019年1月の新刊 上

時代小説 文庫新刊情報

2019年1月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2019/01/11

2019年1月1日から1月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

新しい年も注目の新刊が刊行されます。

佐伯泰英さんの『奈緒と磐音 居眠り磐音』文春文庫から刊行されます。

「居眠り磐音」シリーズといえば双葉文庫で蓬田やすひろさんの装画のイメージが強いので、見慣れていないせいか違和感がありますが、若き日の「磐音」の物語が読めるのは大きな楽しみでもあります。

文春文庫からは、平岩弓枝さんの『お伊勢まいり 新・御宿かわせみ6』も出ます。
こちらは「新・御宿かわせみ」シリーズで初の長編作品です。

小学館文庫の新刊も楽しみにしています。
安住洋子さんの『遙かなる城沼』は、館林藩を舞台に、美しい城沼の風景とともに、一人の若者の成長を描いた武家小説です。

山本一力さんの『落語小説集 芝浜』は、表題作のほか、「井戸の茶碗」「百年目」など古典落語の人情噺全5編をノベライズした作品集。江戸の人情世界が広がります。

双葉文庫では、築山桂さんの『影の泣く声-左近 浪華の事件帖(3)』に注目。「左近 浪華の事件帖」の新作です。

光文社文庫からは、上田秀人さんの『動揺: 聡四郎巡検譚(三)』が出ます。
新たに道中奉行副役となった水城聡四郎の活躍ぶりやいかに。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●1月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『わたしの東濃戦国史』小林保一『わたしの東濃戦国史』
『信松尼』河辺リツ『信松尼』
●1月1日発売 文芸社・文芸社文庫
『卑弥呼から神武へ 日本の古代史を見直す』吉原賢二『卑弥呼から神武へ 日本の古代史を見直す』
●1月4日発売 文藝春秋・文春文庫
『奈緒と磐音 居眠り磐音』佐伯泰英『奈緒と磐音 居眠り磐音』
『お伊勢まいり 新・御宿かわせみ6』平岩弓枝『お伊勢まいり 新・御宿かわせみ6』
『日本史の探偵手帳』磯田道史『日本史の探偵手帳』
『剣豪夜話』津本陽『剣豪夜話』
●1月4日発売 小学館・小学館文庫
『遙かなる城沼』安住洋子『遙かなる城沼』
『落語小説集 芝浜』山本一力『落語小説集 芝浜』
●1月4日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『睦月童』西條奈加『睦月童』
●1月8日発売 日本経済新聞出版社・日経ビジネス人文庫
『気候で読む日本史』田家康『気候で読む日本史』
『[現代語訳]孫子』杉之尾宜生『[現代語訳]孫子』
●1月9日発売 双葉社・双葉文庫
『若殿女難記』山本周五郎『若殿女難記』
『影の泣く声-左近 浪華の事件帖(3)』築山桂『影の泣く声-左近 浪華の事件帖(3)』
『なんてこったい!-若旦那道中双六(4)』金子成人『なんてこったい!-若旦那道中双六(4)』
●1月10日発売 光文社・光文社文庫
『動揺: 聡四郎巡検譚(三)』上田秀人『動揺: 聡四郎巡検譚(三)』
『隠密船頭』稲葉稔『隠密船頭』
『陽炎の符牒: 日暮左近事件帖』藤井邦夫『陽炎の符牒: 日暮左近事件帖』
『よこはま象山揚げ: 南蛮おたね夢料理(八)』倉阪鬼一郎『よこはま象山揚げ: 南蛮おたね夢料理(八)』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年12月の新刊 下(21日→月末)2019年1月の新刊 中(11日→20日) →