2018年12月の新刊 下

時代小説 文庫新刊情報

2018年12月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2018/12/20

2018年12月21日から12月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

中公文庫から、あさのあつこさんの『闇医者おゑん秘録帖-花冷えて』が出ます。

江戸の片隅の竹林を背負った家で、「闇医者」として子堕ろしを行うおゑんと、彼女のもとにやってくる、訳アリの女たちを描くシリーズ第2作です。

角川文庫の新刊では、辻堂魁さんの『あらくれ 刃鉄の人』は、神陰流の達人で、刀鍛冶・国包と異形の「傾き者」が対峙する、シリーズ第3作です。

宮部みゆきさんの編による『女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 上・下』は、2005年9月に光文社文庫から刊行されたアンソロジーをもとに装いも新たに復刊したものです。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月21日発売 中央公論新社・中公文庫
『闇医者おゑん秘録帖-花冷えて』あさのあつこ『闇医者おゑん秘録帖-花冷えて』
●12月22日発売 KADOKAWA・角川文庫
『虚実妖怪百物語 序/破/急』京極夏彦『虚実妖怪百物語 序/破/急』
『あらくれ 刃鉄の人』辻堂魁『あらくれ 刃鉄の人』
『鼠、地獄を巡る』赤川次郎『鼠、地獄を巡る』
『女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 上』宮部みゆき (編集)、日本ペンクラブ (編集)『女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 上』
『女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 下』宮部みゆき (編集)、日本ペンクラブ (編集)『女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 下』
『漫画版 日本の歴史 10 花咲く町人文化 江戸時代中期』山本博文 (監修)『漫画版 日本の歴史 10 花咲く町人文化 江戸時代中期』
『漫画版 日本の歴史 11 黒船と開国 江戸時代後期』山本博文 (監修)『漫画版 日本の歴史 11 黒船と開国 江戸時代後期』
『漫画版 日本の歴史 12 明治維新と新政府 明治時代前期』山本博文 (監修)『漫画版 日本の歴史 12 明治維新と新政府 明治時代前期』
『漫画版 日本の歴史 13 近代国家への道 明治時代後期』山本博文 (監修)『漫画版 日本の歴史 13 近代国家への道 明治時代後期』
『漫画版 日本の歴史 14 大正デモクラシー 大正~昭和時代初期』山本博文 (監修)『漫画版 日本の歴史 14 大正デモクラシー 大正~昭和時代初期』
『虚実妖怪百物語 序』京極夏彦『虚実妖怪百物語 序』
『虚実妖怪百物語 破』京極夏彦『虚実妖怪百物語 破』
『虚実妖怪百物語 急』京極夏彦『虚実妖怪百物語 急』
『完本 妻は、くノ一(二) 身も心も/風の囁き』風野真知雄『完本 妻は、くノ一(二) 身も心も/風の囁き』
『食いしんぼう同心 謎を食らわば皿まで』志木沢郁『食いしんぼう同心 謎を食らわば皿まで』
●12月22日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『山家集』西行『山家集』
『天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞』平田篤胤 (著)、今井秀和 (翻訳・解説)『天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞』
●12月22日発売 新潮社・新潮文庫
『十字軍物語 第一巻: 神がそれを望んでおられる』塩野七生『十字軍物語 第一巻: 神がそれを望んでおられる』
『十字軍物語 第二巻: イスラムの反撃』塩野七生『十字軍物語 第二巻: イスラムの反撃』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年12月の新刊 中(11日→20日)2019年1月の新刊 上(1日→10日) →