2018年9月の新刊 上

時代小説 文庫新刊情報

2018年9月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2018/09/30

2018年9月1日から9月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

上旬にしてはやや少なめな新刊です。

ハルキ文庫から、高田郁さんの『花だより みをつくし料理帖 特別巻』が出ます。
シリーズ完結から四年、澪が大坂に戻ったのちの物語。登場人物たちのその後の奮闘と幸せとを料理がつなぐの数々が描かれていきます。

小学館文庫の新刊も注目したいです。
金子成人さんの『付添い屋・六平太 姑獲鳥の巻 女医者』は、大人気シリーズの新章開幕です。帰ってきた付添い屋・秋月六平太の活躍ぶりが楽しみ。

『脱藩さむらい』は、金子成人さんの新シリーズ。
香坂又十郎は、石見国、浜岡藩の奉行所の町廻り同心頭。ある日、又十郎は、謀反を企んで出奔した藩士を討ち取るよう命じられます……。

河出文庫から刊行される、山本周五郎さんの『秘文鞍馬経』は、初期の作品で、信玄の秘宝を求めて、三組が三つ巴の抗争を展開する道中物。

PHP文芸文庫の新刊では、田牧大和さんの『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』。美猫サバとおなじみの面々が繰り広げる、謎解き&人情シリーズの最新刊です。

植松三十里さんの『大正の后 昭和への激動』は、大正天皇を支え、昭和天皇を見守り続けた貞明皇后の、平和への願いと家族の絆を描いた長編小説です。明治・大正・昭和と、激動の時代を生きた貞明皇后の物語。

徳間文庫から、千野隆司さんの『野分の朝: 江戸職人綴』が刊行されます。
シリーズものでの活躍が目覚ましい、著者の短編集です。


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●9月1日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『八幡宮のかまいたち: 江戸南町奉行・あやかし同心犯科帳』永山涼太『八幡宮のかまいたち: 江戸南町奉行・あやかし同心犯科帳』
●9月1日発売 文芸社・文芸社文庫
『天下にきらら 幕末少女伝』吉田真童『天下にきらら 幕末少女伝』
●9月2日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『花だより みをつくし料理帖 特別巻』高田郁『花だより みをつくし料理帖 特別巻』
●9月4日発売 文藝春秋・文春文庫
『騙り屋 新・秋山久蔵御用控(二)』藤井邦夫『騙り屋 新・秋山久蔵御用控(二)』
『世界史の10人』出口治明『世界史の10人』
『火盗改しノ字組(二) 武士の誇り』坂岡真『火盗改しノ字組(二) 武士の誇り』
『八丁堀「鬼彦組」激闘篇 奇怪な賊』鳥羽亮『八丁堀「鬼彦組」激闘篇 奇怪な賊』
●9月6日発売 小学館・小学館文庫
『付添い屋・六平太 姑獲鳥の巻 女医者』金子成人『付添い屋・六平太 姑獲鳥の巻 女医者』
『提灯奉行 一寸法師の怪』和久田正明『提灯奉行 一寸法師の怪』
『脱藩さむらい』金子成人『脱藩さむらい』
『横濱王』永井紗耶子『横濱王』
●9月6日発売 河出書房新社・河出文庫
『秘文鞍馬経』山本周五郎『秘文鞍馬経』
●9月7日発売 徳間書店・徳間文庫
『宿命狩り: 松平蒼二郎始末帳五』牧秀彦『宿命狩り: 松平蒼二郎始末帳五』
『野分の朝: 江戸職人綴』千野隆司『野分の朝: 江戸職人綴』
『伝説の不死者: 鉄の王』平谷美樹『伝説の不死者: 鉄の王』
『伯爵夫人の肖像』杉本苑子『伯爵夫人の肖像』
●9月7日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『無敵の殿様 秘蝶羽ばたく』早見俊
『姫さま変化 疾風剣』山手樹一郎『姫さま変化 疾風剣』
『怪盗若殿 颯爽剣』中里融司
●9月9日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』田牧大和『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』
『大正の后 昭和への激動』植松三十里『大正の后 昭和への激動』
●9月10日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『独立自尊: 福沢諭吉と明治維新』北岡伸一『独立自尊: 福沢諭吉と明治維新』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年8月の新刊 下(21日→月末)2018年9月の新刊 中(11日→20日) →