2018年9月の新刊 中


時代小説 文庫新刊情報

2018年9月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2018/09/20

2018年9月11日から9月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

双葉文庫から、鳴神響一さんの『仇花-おいらん若君 徳川竜之進(2)』が出ます。

吉原の廓に匿われた尾張家ご落胤、竜之進宗光が“見返りの柳剣”で浮き世の悪を斬る、痛快シリーズ第2作です。

講談社文庫で注目なのが、知野みさきさんの『江戸は浅草』です。

雷門で掏摸に遇い路頭に迷っていた真一郎は、貧乏長屋の大家・久兵衛に用心棒兼遣い走りとして拾われます。一風変わった長屋の住人たちと、町の騒動に立ち向かう、人情シリーズの開幕です。

集英社文庫からは、楽しみな2タイトルが刊行されます。

西條奈加さんの『九十九藤』は、江戸の人材派遣業、口入屋の女主人となったお藤が主人公。商いは人で決まるという信条を胸に、行き詰まった店を立て直すため、仲間と共に前代未聞の大勝負に打って出ます。

武内涼さんの『疾風の土佐』は、室町伝奇時代小説『はぐれ馬借』の第2弾。馬借(ばしゃく。馬を利用し、荷物を運搬する輸送業)を生業とする獅子若は、勧進で集めた銭を携えた雲水たちと阿波国へ向かいます。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●9月11日発売 光文社・光文社文庫
『[カラー版]春画四十八手』車浮代『[カラー版]春画四十八手』
『奥義花影: ひなげし雨竜剣(四)』坂岡真『奥義花影: ひなげし雨竜剣(四)』
『忍者大戦 赤ノ巻』光文社文庫編集部・編集『忍者大戦 赤ノ巻』
『正雪の埋蔵金: 日暮左近事件帖』藤井邦夫『正雪の埋蔵金: 日暮左近事件帖』
『暗闇のふたり: 人情同心 神鳴り源蔵』小杉健治『暗闇のふたり: 人情同心 神鳴り源蔵』
『秋の蝉: 隅田川御用帳(十八)』藤原緋沙子『秋の蝉: 隅田川御用帳(十八)』
●9月11日発売 二見書房・二見サラ文庫
『あやかし長屋の猫とごはん』須垣りつ『あやかし長屋の猫とごはん』
●9月12日発売 双葉社・双葉文庫
『黄金色の雲-口入屋用心棒(42)』鈴木英治『黄金色の雲-口入屋用心棒(42)』
『葵の密使(4)-新装版 不知火隼人風塵抄』稲葉稔『葵の密使(4)-新装版 不知火隼人風塵抄』
『塔頭-大江戸算法純情伝(3)』山根誠司『塔頭-大江戸算法純情伝(3)』
『仇花-おいらん若君 徳川竜之進(2)』鳴神響一『仇花-おいらん若君 徳川竜之進(2)』
●9月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『狐夜叉 浮かれ鳶の事件帖』原田孔平『狐夜叉 浮かれ鳶の事件帖』
『箱根路闇始末 はみだし御庭番無頼旅』鳥羽亮『箱根路闇始末 はみだし御庭番無頼旅』
●9月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『天皇の歴史10 天皇と芸能』渡部泰明、阿部泰郎、鈴木健一、松澤克行『天皇の歴史10 天皇と芸能』
『日本永代蔵 全訳注』井原西鶴『日本永代蔵 全訳注』
●9月12日発売 講談社・講談社文芸文庫
『隠れたる事実 明治裏面史』伊藤痴遊 『隠れたる事実 明治裏面史』
●9月13日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『つるつる鮎そうめん 居酒屋ぜんや』坂井希久子『つるつる鮎そうめん 居酒屋ぜんや』
●9月14日発売 講談社・講談社文庫
『呉越春秋 湖底の城 七』宮城谷昌光『呉越春秋 湖底の城 七』
『江戸は浅草』知野みさき『江戸は浅草』
●9月15日発売 岩波書店・岩波文庫
『源氏物語(四)玉鬘―真木柱』柳井滋、室伏信助、大朝雄二、鈴木日出男、藤井貞和、今西祐一郎、校註『源氏物語(四)玉鬘―真木柱』
『鹿児島戦争記――実録 西南戦争』篠田仙果『鹿児島戦争記――実録 西南戦争』
●9月16日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2018.10』「文蔵」編集部・編集『文蔵 2018.10』
●9月20日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『町奉行内与力奮闘記七 外患の兆』上田秀人
●9月20日発売 集英社・集英社文庫
『町奉行内与力奮闘記七 外患の兆』上田秀人『町奉行内与力奮闘記七 外患の兆』
『九十九藤』西條奈加『九十九藤』
『疾風の土佐』武内涼『疾風の土佐』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年9月の新刊 上(1日→10日)2018年9月の新刊 下(21日→月末) →

コメント

コメント