『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

忍法忠臣蔵 山田風太郎忍法帖2

忍法忠臣蔵 山田風太郎忍法帖2忍法忠臣蔵 山田風太郎忍法帖2
(にんぽうちゅうしんぐら・やまだふうたろうにんぽうちょう2)
山田風太郎
(やまだふうたろう)
[忠臣蔵]
★★★★☆

富士見時代小説文庫版が、書店から姿を消していく中で、講談社文庫から、山田風太郎さんの忍法帖シリーズが刊行されるのはうれしい。装幀面でも新しいフォーマットになっている。装画は、天野喜孝さんが担当。

この作品は未読だったが、深夜にVシネマ版を観た。エロチックでとんでもないものだったが…。原作と随分違っていた。

赤穂浪士の仇討ちを色の道で挫く女忍者たち、忍法を駆使して赤穂浪士たちを襲う上杉の忍びたちと、大石内蔵助の智謀…。山田風太郎さんが忠臣蔵を扱うと、こんなになっちゃうのかって、感心した。

物語●江戸城大奥御広敷伊賀者・無明綱太郎は、許婚を将軍綱吉に奪われてから、女嫌い、忠義嫌いになった。その彼が、上杉家国家老・千坂兵部の娘・織江を助けたことから、上杉方に組することになった…。千坂から“浅野家の遺臣らの志を妨げるように”命じられた…。

目次■大奥の伊賀者/死花献上/女と忠義のきらいな男/義士堕天行/蜘蛛の糸巻/将監崩れ/浮舟の駕籠/源四郎崩れ/歓喜天/源五左崩れ/竹取物語/内蔵助崩れ/一ノ胴/郡兵衛崩れ/食中花/貞四郎崩れ/修羅車/小平太崩れ/内蔵助・兵部参着/金剛網/無明・有明|読み出したら止まらない 馳星周|忍法帖雑学講座2 日下三蔵

カバー装画:天野喜孝
カバーデザイン:芦澤泰偉
解説:馳星周・日下三蔵
時代:元禄十四年
場所:江戸城、四谷伊賀町、米沢、山科、烏丸今出川、神楽坂、神奈川、外桜田
(講談社文庫・590円・98/12/15第1刷・327P)
購入日:98/12/14
読破日:98/12/20

Amazon.co.jpで購入