『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

さらば深川 髪結い伊三次捕物余話

さらば深川 髪結い伊三次捕物余話さらば深川 髪結い伊三次捕物余話
(さらばふかがわ・かみゆいいさじとりものよわ)
宇江佐真理
(うえざまり)
[捕物]
★★★★☆

「髪結い伊三次」シリーズ第3弾。このシリーズの魅力は捕物小説としての謎解きにとどまらず、主人公の伊三次とお文の愛や、伊三次と北町同心・不破友之進の心の交流など、人間模様を描いていることにあると思う。

今回も伊三次とお文を中心に、いろいろなことが起こってゆく。
そんな中で、「護持院ヶ原」の話は、異彩を放つものになっている。初出の浪人・秋津源之丞というものの眼を通して物語は語られていく。しかも、幻術使いの岸和田鏡泉も登場する。この話だけ発表誌が『別冊文藝春秋』(他の話は『オール讀物』で、「竹とんぼ、ひらりと飛べ」は書き下ろし)ということも関係しているかも。次はこのタッチで、長篇が読みたい。

物語●「因果堀」お文が女巾着切りに、紙入れを掏られた。伊三次は、事件を追う門前仲町の親分・増蔵の様子が少しおかしいのに気付いた…。「ただ遠い空」京橋の湯屋・松の湯の養子で下っ引きの弥八と、お文の女中の祝言が近づいた。おみつの代わりの女中として、芸者の喜久壽が、お文の所におこなという娘を紹介した…。「竹とんぼ、ひらりと飛べ」同心の不破は、神田須田町の呉服屋から、20年以上前に分かれた娘の行方を探すように頼まれた。日本橋では、呉服屋が火事に遭い、店蔵の反物が火事を予想していたかのようにあらかたなくなっていたという事件が起こった…。「護持院ヶ原」浪人秋津源之丞は、一膳めし屋でしたたかに酔って、めし屋の亭主の背中を袈裟懸けに斬ってしまった…。「さらば深川」お文は、材木の仲買人で長年贔屓にしてもらっていた伊勢屋忠兵衛に酒席で恥をかかせてしまった…。

目次■因果堀|ただ遠い空|竹とんぼ、ひらりと飛べ|護持院ヶ原|さらば深川

挿画:東啓三郎
ブックデザイン:坂田政則
時代:北町奉行小田切土佐守の頃(寛政10年ごろか)
場所:蛤町、浅草寺雷門前、八丁堀、門前仲町、茅場町、佐賀町、崎川橋、回向院前、行徳河岸、深川木場町、神田須田町、京橋、炭町、護持院ヶ原ほか
(文藝春秋・1,524円・00/07/10第1刷・331P)
購入日:00/07/08
読破日:00/08/12

Amazon.co.jpで購入 [文庫あり]