蜻蛉剣


蜻蛉剣蜻蛉剣
(かげろうけん)
上田秀人
(うえだひでと)
[伝奇]
★★★★☆☆

歴史上の人物で好きな人は?と聞かれると、田沼意次と答えることが多い。毀誉褒貶が著しいことと、栄光と挫折が人生の中に見られること、当時としては画期的なマクロ的なものの見方などから、評価している。それだけに、時代小説において、ヒーローとして描いても感情移入がしやすいし、ヒール(悪役)やトリックスターとして描いても面白い。上田秀人さんの最新作『蜻蛉剣』に登場する田沼意次も何ともいえない存在感があっていい。

『竜門の衛』で南町奉行所定町廻り同心として登場した三田村元八郎は、その活躍ぶりが将軍吉宗に認められ、将軍家見聞役を任じられ、九代将軍家重=大岡忠光に仕えることに。『孤狼剣』『無影剣』『波濤剣』『風雅剣』と、元八郎は、得意の宝蔵院一刀流を揮い、敵を倒していく。その間、お庭番の娘村垣香織を妻に迎え、娘冴香を産み、忍びとして育てる。

シリーズ第6弾の『蜻蛉剣』は、加賀藩の抜け荷をめぐる疑惑に着目した田沼意次が、徒目付に探索を命じたことから物語は始まる。背後に、隣国福井藩領に漂着した朝鮮の船、京での尊皇論者竹内式部と彼を支持する公家衆への処罰(宝暦事件)などが描かれている。

今回も波乱万丈のストーリーで結末まで一気に読ませる。加賀藩が抱える秘事とは? 元八郎の前に立ちはだかる、能登忍(のとしのび)、徒目付、お庭番(明楽家)、土佐の一領具足。朝廷や土佐藩、朝鮮をも巻き込んだスケールの大きな作品。第1作に匹敵する、シリーズ中の最高傑作だと思う。今回で完結になることが残念。

物語●側用人田沼主殿頭意次は、徒目付に加賀藩江戸屋敷の探索を命じたが、徒目付たちは、加賀前田家に仕える能登忍と呼ばれるくの一だけで構成された忍者にことごとく倒された。前田家が抜け荷と倹約で蓄えた金を欲して、田沼主殿頭は、お庭番明楽妙之進を使い、さらに将軍家見聞役の三田村元八郎も幕府と前田家の暗闘に巻き込もうとした。一方、京では、伏見宮貞健親王と太閤、前の関白一条道香が、尊皇主義者の竹内式部ら一行の処分をめぐって争っていた……。

目次■序章/第一章 雲上の争い/第二章 権の推移/第三章 暗闘の譜/第四章 北国の風景/第五章 海の連鎖/終章/解説 縄田一男

デザイン:東京図鑑
解説:縄田一男

時代:宝暦九年((1759)
場所:加賀藩上屋敷、上野不忍池、もちのき坂、伝通院裏、八丁堀大番屋、木挽町、下勘定所、大宮、信濃追分、北国下街道、長野、越後高田、魚津、高岡、富山、吉崎、福井、金沢ほか

(徳間文庫・686円・05/10/15第1刷・439P)
購入日:05/11/10
読破日:05/11/19

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント