ジャガーになった男

ジャガーになった男
ジャガーになった男
(じゃがーになったおとこ)
佐藤賢一
(さとうけんいち)
[伝奇]
★★★★☆

うーん、何ともスケールの大きな時代小説だ。17世紀の初めの日本、スペイン、オランダ、ペルーを舞台にしている。そのため、レコンキスタ(イスラム教徒を相手にした国土再征服戦争)、オランダ独立戦争、リシュリュー枢機卿など、世界史ネタが次々登場して面白かった。

来年は寅年ということではないが、この作品では、寅とジャガーが登場し、何やらタイムリーな感じがする。その主人公寅吉と「ドン・キホーテ」のようなイダルゴのベニトとの友情や、従者ぺぺとのからみなど、ユーモアもたっぷりあり楽しませてくれる。

先ごろ話題になった、トゥパク・アマルやルイ十三世の側近のガスコーニュ貴族ジャン・ドゥ・トレヴィルなども登場する。(「見よや、われらガスコン青年隊♭」って、昔聞いた、モンテ・クリスト伯のラジオドラマの中で歌われていた、ガスコンは、ガスコーニュのことだったのだ!)

支倉使節団といえば、2年3ヵ月にもわたって、スペインに滞在したということであるが、その実態はあまり記録に残されていないだけに、時代小説の題材として、今後もいろいろ面白い作品が生まれるかもしれない。こういう分野の書き手が少ないだけに、次作の『傭兵ピエール』もぜひ読みたい。

物語●伊達藩士・斉藤小兵太寅吉は奥州一の剣士。許婚の米を捨て、冒険を求めて、支倉常長遣欧使節に加わった。着いたイスパニアはすでに、無敵艦隊もやぶれ、斜陽の国になっていた。一人のイダルゴ(戦士)のベニト・レドンデスと意気投合し、その妹エレナと恋仲になり、ともに戦場に赴くために、帰国する使節団と訣別する…。

目次■グラナダ国王サンチョ十五世陛下に捧げる献辞/プロローグ―寅吉独白―/一、武士とイダルゴ/二、男の夢、女の夢/三、黄金郷/エピローグ―寅吉独白―/解説 井家上隆幸

カバーイラスト:ひろき真冬
カバーデザイン:シー・アイ
時代:慶長十八年(1613)年
舞台:仙台、オランダ、セビーリャ、ピルーほか。
(集英社文庫・648円・97/11/25第1刷・359P)
購入日:97/11/23
読破日:97/12/28

Amazon.co.jpで購入