本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

美男狩 上・下

美男狩 上
美男狩 上・下

(びなんがり)

野村胡堂

(のむらこどう)
[伝奇]
★★★★

ご存知『銭形平次』の作者。というわけで、大川橋蔵主演のフジTV印象が強く、古臭くてマンネリなのでは、と危惧を持ちながらも、タイトルと表紙に書かれた「銭屋五兵衛の財宝、美男剣士、軽業の少女、凶賊、釣り天井、高貴な美女、妖術使いの女道士…」のキーフレーズに惹かれて読みはじめた。

ごめんなさい。疑った自分が恥ずかしい。こんなオモシロくてわかりやすい伝奇時代小説を昭和初期に描いた野村氏はエライ。多彩な登場人物が織りなす人間模様、財宝をめぐる暗闘、役人さえ手を出せないお化け屋敷に住む高貴な女主人の狙いはどこに…何冊か分の時代小説を読んだ後の満足感がある。

物語●夏の夜、品川台場沖に銭屋五兵衛の孫娘お京と船頭が舟を出すが、警固中の幕末の三剣客の一人斉藤弥九郎(ほかは千葉周作、桃井春蔵)と桂小五郎にお京は捕まり、財宝の手がかりの鞣革と鍵をなくす。お京の奪回をめぐり、敵同士でもある美男剣士北辰一刀流の篠原求馬(もとめ)と横山新太郎ら斉藤門下の剣士たちが対決するが、多勢に無勢。救いの手を差し延べるのが、女道士笹野雪江とその女主人。そこは、公儀さえも手が出せないお化け屋敷。お京や求馬の運命はいかに…
水茶屋の女お蘭、異人を装う元手代、軽業の少女・小玉太夫、凶賊庵原山之丞とその手下鳥差しの権太など多彩な人物が脇を盛り上げる。
文体が「です・ます」調の講談形式なので、ちょっと違和感がある。いかにも昔の新聞小説風で、ストーリー展開のテンポがよく、切り替わりが多くて長編ながら途中でだれさせない。

デザイン:菊地信義
巻末エッセイ:高橋克彦
解説:石井冨士弥(文芸評論家)
時代:嘉永七年七月
(講談社大衆文学館・各960円・1995/10/20)
購入日:1996/11/03
読破日:1997/1/15

Amazon.co.jpで購入 [Kindle版]