はやぶさ新八御用旅 二 中仙道六十九次

はやぶさ新八御用旅 二 中仙道六十九次はやぶさ新八御用旅 二 中仙道六十九次

(はやぶさしんぱちごようたび2・なかせんどうろくじゅうきゅうつぎ)

平岩弓枝

(ひらいわゆみえ)
[捕物]
★★★★☆

東海道編が面白く、家族も楽しんで読んでいたので、今度は中仙道編をゲット! 京が物語の発端で、雅な雰囲気がして、正月に読む本にピッタリといったところ。主人公の南町奉行所内与力の隼新八郎は、絵に描いたような美丈夫(好い男)のせいか、とにかくモテる。

本編の「御用帳」シリーズでは、妻の郁江、お奉行付きの女中お鯉、湯島の踊りの師匠・小かんに恋心をもたれているが、『中仙道六十九次』でも、女性たちにモテモテである。鷹司家の遠縁の姫で御所仕えの女官・雪路、禁裡付同心の寡婦小篠、医師岡本元斎の娘で医学を学ぶみゆきに思いを寄せられる。ほかにも想定外の人から恋われることになる。

日常生活とは違う旅を通じて、人の気持ちはどうなるのか? 旅先の風物とともに、登場人物たちの言動が楽しめるのが道中ものの面白いところ。時代小説では、これに悪漢や謎の人物が入り混じってチャンバラ劇(剣難)が繰り広げられるのが定番。『はやぶさ新八御用旅』でもそんな見せ場が用意されていて、最後まで大いに楽しめる。

東海道はいろいろな作品に描かれることが多いが、中仙道はそれほど多くないので、道中をたどるだけでも興味深い。昨年夏に訪れた、松本、諏訪湖もチラッと出てきて、旅情もあって、快い読了感が残った。

物語●江戸町奉行根岸肥前守鎮衛の命で、東海道五十三次を上り、京にやってきた、内与力を務める隼新八郎。根岸肥前守と昵懇の関白太政大臣鷹司輔平の用人、細川幸大夫に喜寿の祝物を届けた後、京都所司代酒井讃岐守の依頼で、御所役人の不正の探索を、御所女官の雪路の協力を得て行うことに……。

目次■第一話 京の夢/第二話 近江路にて/第三話 美濃路を行く/第四話 木曾路の秋/第五話 信濃路追分節/第六話 新八郎女難

カバーデザイン・装画:西のぼる

時代:明記されず
場所:祇園社二軒茶屋、鷹司家、上堀川町、鹿ケ谷、高砂町、粟田口、日ノ岡峠、勢田唐橋、石山寺、守山宿、武佐、越知川、多賀大社、鳥居本宿、小磨針峠、番場、柏原、垂井、加納宿、鵜沼、御嶽、琵琶峠、大久手、大井宿、十曲峠、馬籠宿、蘭村、妻籠、伊奈川橋、須原宿、越宿、贄川、本山宿、洗馬、下諏訪、長久保、松井田宿、深谷宿、鴻巣ほか
(講談社文庫・629円・05/12/15第1刷・381P)
購入日:05/12/18
読破日:06/01/07

Amazon.co.jpで購入