本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

はやぶさ新八御用帳(七) 寒椿の寺

はやぶさ新八御用帳(七) 寒椿の寺
はやぶさ新八御用帳(七) 寒椿の寺

(はやぶさしんぱちごようちょう7 かんつばきのてら)

平岩弓枝

(ひらいわゆみえ)
[捕物]
★★★☆☆

シリーズ7作目ということで、登場人物たちが馴染み、分(キャラクター)をわきまえて活躍する姿が快く読後感が○。「出刃打ち花蝶」では上州・板鼻宿へ出張り、かちかち山に遭い危機一髪。「青山百人町の傘」は、すぐにでも舞台にかけられそうつくりだ。平岩弓枝というとTBSのドラマの人って感じが強いが、そこで培った構成力と主要人物の活かし方がうまい。なかでもお鯉のキャラクターがいい。

(講談社・1500円・1996/04/10)
購入日:1996/4/28
読破日:1996/4/29

Amazon.co.jpで購入 [講談社文庫] [Kindle版あり]