火裂の剣 助太刀人半次郎

火裂の剣 助太刀人半次郎
火裂の剣 助太刀人半次郎
(かれつのけん・すけだちやはんじろう)
秋山香乃
(あきやまかの)
[剣豪]
★★★★

新選組を題材に取った作品で活躍している。『歳三往きてまた』や『新選組藤堂平助』など、文芸社という自費出版の版元として有名な出版社から刊行している。

文庫では、ハルキ文庫から『近藤勇』を出している。新刊の『火裂の剣―助太刀人半次郎』は、今まで歴史上の人物を主人公に据えてきた作者が、初めてキャラクターを作り出した剣豪小説である。

読んでみると、ミステリータッチの剣豪小説であることがわかる。仇討ちの助太刀の旅に出た主人公半次郎と、玉置が遣う大神流の千手の剣や、薩た峠を根城にする野伏り阿修羅との対決、大神流刀術の宗家をめぐるお家騒動など、見どころが随所にあり、エンターテインメントとして楽しめる。

登場人物では、ビジネスライクに助太刀役に徹しきれない主人公のほかん、大神流宗家を狙う玉置、亡き父の仇討ちの旅に出る高坂右京、その従者の小助など、印象的なキャラクターがいる。とくに、背丈が六尺三寸を超えて、巌のような雄偉な体格の持ち主ながら、気が優しくて殺生は嫌いで武道が苦手という右京の存在が面白い。

物語●二千石取りの旗本高坂家の隠居新右衛門が異国の刀で何者かに刺し殺された。天流(破天一刀流)の遣い手で浪人の秋月半次郎は、新右衛門の息子・右京の仇討ちの助太刀を依頼される。従者の小助とともに、大坂へ向けて仇討ちの旅に出た三人は、沼津の宿で、事件に巻き込まれる…。

目次■一章 仇討ち東海道/二章 内紛の風/三章 阿修羅/四章 神隠しの女たち/五章 対決

装画・装丁:宇野亜喜良
時代:正保二年(1646)三月二日
場所:日本橋、小舟町、箱根関所、沼津、薩た峠、千本松原、柏原、富士川、蒲原、興津、江尻ほか
(ハルキ文庫・660円・05/06/18第1刷・266P)
購入日:05/06/27
読破日:05/07/12

Amazon.co.jpで購入