シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2017年12月の新刊 中」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

風花の露 無茶の勘兵衛日月録182017年12月11日から12月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年12月の新刊 中」を掲載しました。

今回も読みたい本、おすすめ本が目白押しですが、二見時代小説文庫から刊行される、浅黄斑(あさぎまだら)さんの『風花の露 無茶の勘兵衛日月録18』に注目しています。

前作『玉響の譜 無茶の勘兵衛日月録17』の刊行から、4年あまりのブランクを経て、待望の新刊です。

越前大野藩主松平直良(七十五歳)は、延宝六年(一六七八)六月二十六日に卒去。 藩御耳役の落合勘兵衛は、江戸留守居役の松田与左衛門とともに葬儀のため多忙を極めていた。 藩の天敵たる大老酒井忠清はこれまで越後高田藩国家老の小栗美作らと大野藩への策謀を巡らしつづけてきた。若ぎみ直明の襲封を目前にして新たなる動きが……。

越前大野藩というと、その居城である越前大野城が天空の城として、近年観光客の人気を集めています。
標高249メートルの亀山にそびえる平山城のために、亀山が朝霧などで雲海に包まれると、「天空の城」と化すそうです。

さて、物語の主人公は、稀代の快男児、落合勘兵衛。越前大野藩の若き御耳役(目付のような役職)を務めています。藩は、大老酒井忠清らの策謀により、危機に瀕しています。

Amazonに掲載された、本書の内容紹介文によると、著者の浅黄さんは、「三年の闘病を潜り抜け、『無茶勘』執筆を再開!」とのこと。
著者の健康を祈念ししつつ、新作が読めるありがたさを噛みしめ、好漢・勘兵衛の活躍を楽しみたいと思います。

■Amazon.co.jp
『風花の露 無茶の勘兵衛日月録18』(浅黄斑・二見時代小説文庫)
『山峡の城 無茶の勘兵衛日月録(第1作)』(浅黄斑・二見時代小説文庫)
『玉響の譜 無茶の勘兵衛日月録17』(浅黄斑・二見時代小説文庫)

→2017年12月の新刊 中

→天空の城 越前大野城 公式サイト