「喬四郎 孤剣ノ望郷」シリーズ第2弾、ますます快調

新人時代小説家・八木忠純さんの『おんなの仇討ち』を読んだ。摂州上和田藩家老の父を謀殺され、故国を脱藩し、江戸の蜘蛛の巣店に身を潜める、有馬喬四郎を主人公にする「喬四郎 孤剣ノ望郷」シリーズの第二弾。

今回は、喬四郎と同じ道場に通う、娘とよが、父の敵を突き止めた様子。偽侍の西田金之助が助太刀を買って出る腹づもりらしいが…。

師から借り受けた『陽明学 覚』を読み、王陽明に惹かれる、主人公の若さと煩悩が新鮮。時代小説好きにおすすめの作品である。新人離れした、読み味のよさも魅力。

 おんなの仇討ち―喬四郎孤剣ノ望郷 (文春文庫)

コメント