シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

杉浦日向子さんの対談集「江戸塾」第二弾

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

杉浦日向子さんの対談集『杉浦日向子の江戸塾 特別編』を読んだ。月日が流れるのは早いもので、杉浦さんが亡くなられてから3年3カ月が経った。この対談集を読んでいると、TV「お江戸でござる」などで拝見していた杉浦さんの語り口がそのまま再現されていて、懐かしくもちょっと切なくやるせない感じにとらわれてしまう。ともかく、杉浦さんの新しい話は聞けないと思っていただけに、この対談集はうれしい企画だ。

杉浦日向子の江戸塾 特別編

杉浦日向子の江戸塾 特別編

この対談集では、田中優子さん、田辺聖子さん、石川英輔さん、高橋克彦さんら、江戸に縁のある人に加えて、林真理子さんや昆虫学者の奥本大三郎さん、大阪の老舗鰻店「阿み彦」のご主人・奥田幸彦さんら計9人との素敵なトークが収録されている。江戸のグルメや粋とおしゃれ、暮らしなど、話題は尽きない。対談の初出時期は1988年~2000年だが、テーマが江戸ということもあり、10年以上経っていても少しも古びていない。江戸文化歴史検定の試験勉強をしなきゃいけない時期だが、思わず読みふけってしまった。

なお、「江戸塾」の第一弾は、北方謙三さん、宮部みゆきさん、高橋義夫さんらとの対談が収録されていて、PHP文庫から発行されている。

杉浦日向子の江戸塾 (PHP文庫)

杉浦日向子の江戸塾 (PHP文庫)