文庫ながら『大江戸地図帳』

地図の人文社から、『大江戸地図帳』が発売された。文庫サイズで江戸の町歩きのときに持ち歩くのにちょうどいい。 本書に掲載されている古地図は、「天保改正 御江戸大絵図」で、墨に加えて赤・緑・青・黄・褐色・灰色の六色を使った木版刷りで、その雰囲気を再現するために地図 …

WePublishで電子書籍『ほぼ日刊時代小説』を公開

WePublish(ウィー・パブリッシュ)で、電子書籍版『ほぼ日刊時代小説』を公開した。これは、ブログサイトの「ほぼ日刊時代小説」の2006年4月から2010年5月分までのエントリーを、電子書籍コンテンツ(全10巻)にまとめたもの。 電子書籍は、WePubli …

時代小説を楽しむための「新・江戸切絵図」発売

人文社より、『時代小説の舞台を見に行く 嘉永・慶応 新・江戸切絵図』が9月10日に発売になった。美麗な尾張屋(金鱗堂)板江戸切絵図と時代小説ガイドのコラボで、江戸の町並みが目の前に鮮やかに広がる画期的な本の誕生。 この本の特長を紹介したい。 美麗で精細な地図が …

来年の大河ドラマに備える『江と徳川三代』

歴史家の安藤優一郎さんが『江と徳川三代』という新刊をアスキー新書から出された。タイトルからわかるように、来年2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の主人公、お江の生涯にスポットを当てた歴史読み物。 江は、浅井長政の三女で、信長が伯父で、秀頼(その父は …