名古屋で、熱田神宮と七里の渡しを訪ねて

天狗殺し 完四郎広目手控少し遅い夏休みを取って、名古屋と京都を訪れました。

名古屋では、以前から行ってみたかった熱田神宮詣でをしてきました。


熱田神宮熱田神宮は、歌川広重の「東海道五十三次」に「宮 熱田神事」として描かれ、東海道五十三次の41番目の宿場宮宿がありました。
熱田神宮の門前町として栄え、海路の「七里の渡し」で桑名宿と結ばれて、東海道で最大の宿でした。

高橋克彦さんの『天狗殺し 完四郎広目手控』の表紙にも使われています。

『天狗殺し』は、巷の噂を売り買いし、瓦版を発行して一儲けする、江戸の広告代理店・広目屋「藤由」とそこに居候する剣の達人・香冶完四郎が活躍する、シリーズ第2弾です。完四郎と戯作者の仮名垣魯文が、尊皇攘夷の風が吹き荒れる京都の世情を取材すべく東海道を旅立ちます。道案内に雇われたのは、土佐の坂本龍馬です。

信長塀熱田神宮には、日本三大土塀の一つとして有名な信長塀があります。信長が桶狭間の戦い出陣の際、熱田神宮に願文を奏して大勝しました。その御礼として瓦ぶきの塀を奉納しました。

境内に出店している宮きしめんをおやつ代わりにいただきました。

宮宿は、平岩弓枝さんの『はやぶさ新八御用旅(一) 東海道五十三次』や梶よう子さんの『お伊勢ものがたり 親子三代道中記』にも登場します。

 翌日は、少々無理をして池鯉鮒宿から鳴海宿の二里三十町(約十一キロメートル)を歩き一泊。
 その次の日には宮へと到着した。
 宮宿は東海道でもっとも旅籠の数が多く、熱田神宮への参拝者や、桑名への渡し舟を待つ者など往来は行き交う人であふれている。
(『お伊勢ものがたり 親子三代道中記』)


名古屋市熱田区神宮一丁目一番一号


宮の渡し公園神宮詣での後は、宮の渡し公園で七里の渡しの遺構を見て、あったか蓬莱軒のひつまぶしを食べながら、江戸の昔に思いを馳せました。


名古屋市熱田区内田町


■Amazon.co.jp
『天狗殺し 完四郎広目手控』(高橋克彦・集英社文庫)
『はやぶさ新八御用旅(一) 東海道五十三次』(平岩弓枝・講談社文庫)
『お伊勢ものがたり 親子三代道中記』(梶よう子・集英社文庫)


熱田神宮トップ

とある秋の一日、森鴎外記念館にて

文京区立森鴎外記念館とある9月の週末に、千駄木にある、文京区立森鴎外記念館を訪れました。
記念館は建物の形がモダンで、タイポグラフィーに凝ったパンフレットもおしゃれです。

文京区立森鴎外記念館は、鴎外の旧居「観潮楼」跡地に、2012年11月1日に、鴎外生誕150周年を記念して開館したものです。団子坂上にあり、鴎外が家を構えて暮らしていたときには、2階から品川沖が遠く眺められたといわれ、「観潮楼」と名付けられたそうです。

東京都文京区千駄木1-23-4


文京区立森鴎外記念館のパンフレット展示から、小説家、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医と、いくつもの顔をもつ鴎外の活躍ぶりが概観できます。

夏目漱石や石川啄木、正岡子規らとの交流ぶりも直筆の葉書や書簡からうかがい知ることができます。また、森茉莉さんら子供たちへの愛情、微笑ましい家族愛も伝わってきます。

来場した時、記念館では、コレクション展「森家三兄弟―鴎外と二人の弟」を開催していました。鴎外より5歳年下で劇評家の篤次郎と17歳年下で考証学者の潤三郎は、兄・鴎外の著作を著作活動を支える活躍をしていました。そんな彼らの生涯と業績を紹介しています。

『高瀬舟』や『阿部一族』など、時代小説のルーツともいうべき作品ですが、鴎外を主人公にした時代小説は思い浮かびません。
鴎外を知る読み物として、森まゆみさんの『鴎外の坂』と、東郷隆さんの『そは何者』が面白いです。

そういえば、明日(2017年9月24日)は、明治の文豪・夏目漱石の記念館、「新宿区立漱石山房記念館」が新宿区早稲田にオープンします。

注:森鴎外の「鴎」の字は、「鷗(「区」の中が「メ」ではなく「品」)」が正字ですが、一部の日本語環境で表示できないため、「鴎」を新字で表記しています。
(新字の「鴎」が苦手で、ブログでは鴎外を取り上げるのを避けていました)

■Amazon.co.jp
『山椒大夫・高瀬舟・阿部一族』(森鴎外・角川文庫)
『鷗外の坂』(森まゆみ・中公文庫)
『そは何者』(東郷隆・静山社文庫)

⇒文京区立森鴎外記念館
⇒新宿区立漱石山房記念館

「2017年9月の新刊 下」をアップ

冬を待つ城2017年9月21日から9月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2017年9月の新刊 下」を掲載しました。

安部龍太郎さんの『冬を待つ城』が新潮文庫より出ます。
秀吉軍15万VS籠城方3千。戦国最大の「奥州仕置き」に迫る歴史長編です。

小田原の北条氏を滅ぼし、天下統一の総仕上げとして奥州北端の九戸城を囲んだ秀吉軍。その兵力はなんと15万。わずか3千の城兵を相手に何故かほどの大軍を擁するのか。その真意に気づいた城主九戸政実は、秀吉軍の謀略を逆手に取り罠をしかける。あとは雪深い冬を待つのみ……。


九戸政実を長兄とする四兄弟が結束し、石田三成の仕組んだ謀略に百倍返しする秘策を実行に移します。
戦国時代をテーマにしながらも、知られざる東北の雄を取り上げたことで、ワクワクドキドキの読み応えのある、歴史小説になっています。

九戸政実を描いた時代小説では、高橋克彦さんの『天を衝く』(全3巻)もおすすめです。

■Amazon.co.jp
『冬を待つ城』

『天を衝く(1)』

→2017年9月の新刊 下


『文蔵 2017.10』のブックガイドは、「クライシス小説」

『文蔵 2017.10』『文蔵 2017.10』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、未曾有の大災害、バンデミック、経済危機…… 「クライシス小説」に刮目せよ です。

地震、豪雨、火山の噴火など自然災害が多い日本。加えて、細菌やウィルスに感染したり、ヒアリなどの外来危険生物が入り込んだり。東アジアの緊張もあって、戦争やテロも無縁ではなくなっています。
目の前にある危機に向き合うために、さまざまなクライシスを題材にした名作で、その本質を理解するのも役に立つかもしれません。
文芸評論家の末國善己さんが、「クライシス小説」の名作13作をガイドします。

時代小説ファン向けには、嶋津義忠さんの『起返の記 宝永富士山大噴火』と出久根達郎さんの『大江戸ぐらり』を紹介しています。

前者は宝永四年(1707)の富士山噴火の惨状とその後の復興から立ち上がった人々の苦闘を描いています。後者は安政二年に起きた安政江戸地震で、未曾有の災害に戸惑いながらも、復興に向かう江戸の人たちを描いた人情味あふれる作品です。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2017.10』(PHP文芸文庫)
『起返の記 宝永富士山大噴火』(嶋津義忠・PHP研究所)
『大江戸ぐらり』(出久根達郎・実業之日本社文庫)

⇒『文蔵』ホームページ

千の命を助けた、江戸の産科医賀川玄悦の生涯を描く傑作

千の命植松三十里(うえまつみどり)さんの『千の命』(小学館文庫)が文庫化されて発売されました。江戸中期の産科医、賀川玄悦(かがわげんえつ)の生涯を描いた時代小説です。
2006年6月に講談社から刊行された単行本『千の命』を加筆改稿したものです。

彦根藩士の子、賀川玄悦の生みの親は出産で命を落とす。玄悦は医者を志したが許されず、独学で鍼や按摩の技術を習得し京都に出る。ある日、お産で苦しむ隣人の女房を自らの技術で救った。その技術は評判となり回生術と名付けた。
その後、玄悦は難産でひどい扱いをされている商家の妾・お糸を引き取った。次第に、お糸に特別な感情を抱くようになる。三人の子供との関りや妻のお信とお糸のことに悩みながらも、多くの命を救った。


玄悦は、彦根藩士三浦軍助の三男として生まれました。父軍助が江戸詰めで留守の間、母や兄たちからいじめに遭う中で、下女のお八重だけが玄悦(幼名・光森)を温かく接していました。やがて実家に戻っていたお八重が出産で危篤となり、呼び寄せられた玄悦はお八重が生みの親であることを知ります。

出産では十四、五人にひとりは、命を落とすとも聞く。まさに戦国の頃、男が戦場に向かったのと同じ覚悟で、臨まねばならないと言われていた。
(『千の命』P.6より)


二十六歳で医者を志して京都に出た玄悦は、三十三歳のとき、十五歳下のお信と結婚しました。物語の冒頭で、三十四歳にして我が子の誕生を迎え、出産に立ち会う玄悦の様子がユーモアを織り交ぜて描かれています。

当時の玄悦は、まだ産科医になっておらず、昼は古鉄の回収売買を行い、夜は按摩を兼ねる鍼師として生計を立てていました。

隣家の女房お菊が難産で、胎児が出てこなくて腹の中で死にかけているらしく、このままではお菊の命まで危ないが、産婆でも手の打ちようがないといい、玄悦に助けを求められます。

玄悦の大きな手で、母体から胎児を取り出そうと試みますがうまくいかず、試行錯誤の末に商売物の鉄鉤(天秤の部品)を使って、死んだ胎児のからだに引っかけて引きずり出せないかと考えて試します。

玄悦の回生術は評判が高まる一方で、既に死んでいるとはいえ胎児を傷つけて引きずりだすことに、僧侶や医者、産婆から言語道断と非難されました。迷信は根強く水子の霊がついていると噂され、子供たちがいじめに遭うこともありました。

「わしは死ぬまでに、千人の命を救いたいと思うています」
 それは玄悦が日頃から、漠然と抱いている夢だった。
(『千の命』P.229より)


賀川玄悦の功績としては、多くの臨床体験を積む中で、出産用の鉗子を発明したことのほかに、胎児の正常胎位を発見したことがあります。それ以前は、母体中で胎児は頭を上にしていて、陣痛が始まってから胎児が回転して下を向くと考えれていました。

「千の命があれば、千の生きてく意味がある。みんな、その意味を探して、精いっぱい生きなあかん。誰でも、おかあちゃんが命かけて産んでくれはったんやから、大事に生きなあかん」
(『千の命』P.357より)


本書は、玄悦の一代記であるばかり、玄悦とその家族(妻お信、長男玄吾、次男金吾、長女お佐乃ら)とのファミリードラマでもあります。
なりふり構わず真摯に人の命に向き合う玄悦に魅せられながら、家族関係で苦悩する玄悦にも共感を覚えます。

日本で初めて腑分けをした山脇東洋や「毒を以て毒を制す」を信条とする吉益東洞らも登場し、当時最先端だった京都の医学界の一端もうかがい知れて興味深かったです。


■Amazon.co.jp
『千の命』


歴史時代小説家植松三十里の公式サイト「松の間」