一度も真剣を抜かない、並外れた剣豪・斎藤弥九郎の波瀾万丈の物語

不抜の剣植松三十里さんの『不抜の剣(ぬかずのけん)』(エイチアンドアイ)を読みました。

本書は、幕末江戸三大道場の一つ、神道無念流練兵館の道場主斎藤弥九郎の波乱に満ちた生涯を描いた長編歴史時代小説です。弥九郎は、「位は桃井」(鏡新明智流・士学館)、「技は千葉」(北辰一刀流・玄武館)と並び、「力は斎藤」と称される剣豪で、長州藩の桂小五郎、高杉晋作、井上聞多、伊藤俊輔、品川弥二郎などを練兵館から輩出しています。

と聞くと、並外れた剣豪のように思われますが、弥九郎を主人公にした剣豪時代小説はすぐには思い浮かびません。なぜだろうと気になっていた疑問が本書を読んで氷解しました。「抜かずの剣」と題名に付けられているように、弥九郎は生涯ただの一度も人に対して真剣を抜かなかった稀代の剣豪でした。

三年間の江戸修業を終えて長州に帰国する愛弟子・桂小五郎に対して、弥九郎は次の言葉を贈ります。

「生涯、刀を抜くな。そなたは、この練兵館の塾頭まで務めた男だ。その力量で刀を抜けば、間違いなく相手を倒す。だが人を斬れば恨みを買う。恨みを買えば、足をすくわれ、命をねらわれ、力を発揮できなくなる。それゆえ、どんな時にも刀は抜いてはならぬ」
「でも、どうしても抜かねばならぬ時は?」
「その時は逃げろ。少しでも危ういと感じたら、とにかく逃げ切れ」

(『不抜の剣』P.296より)


かねてから桂小五郎について、練兵館の塾頭を務めたほどの剣の遣い手のはずなのに、池田屋事件をはじめ、危難に遭うと逃げに徹していることに奇異に思っていました。弥九郎との約束を守って、「逃げの小五郎」と侮られても耐え忍んでいたことがわかり、改めて偉い人物だと思いました。

さて、物語では、剣豪としての弥九郎の活躍ぶりよりも、練兵館の道場主のかたわら、韮山代官・江川太郎左衛門の腹心の家臣として、激動の幕末に、江戸の治安と海防に心血を注ぐ姿に力点を置いて描かれています。その最前線にいた弥九郎を通して、歴史のダイナミズムが伝わってくる、幕末を意識できる小説になっています。

血気盛んな太郎左衛門と二人、刀売りに扮して、博徒が横行して治安が乱れる甲州を隠密行するエピソードも紹介されて、活劇好きも楽しめます。

また、越中国仏生寺村の農民の子として生まれた弥九郎が江戸へやって来て、岡田十松の神道無念流撃剣館の入門するまでのストーリーの波瀾万丈ぶりが面白かった。千野隆司さんの『出世侍』(幻冬舎時代文庫)の主人公・藤吉とオーバーラップしました。

撃剣館に掲げられた「神道無念流稽古心得」に、「天下のために文武を用いるは、治乱に備えるなり。一治一乱は世のならわしなれば、治にも乱を忘れずとこそ」とあり、江戸にやってきたばかりの若者・弥九郎の心を捕らえます。

そして、「武は戈(ほこ)を止めるの義なれば、少しも争心あるべからず」ということから武術の本来の意味を悟った弥九郎は、人生訓としていきます。剣術家を超えて幕末維新で活躍する人材を育てた、弥九郎の活動がこの言葉で腹落ちします。

物語の終盤で、木戸孝允と名を改めた小五郎が、隠棲していた師の篤信斎(弥九郎)を訪ねて、表舞台に戻すために説得するシーンが感動的で、心地よく読み終えることができました。

■Amazon.co.jp
『不抜の剣』
『出世侍(一)』(千野隆司・幻冬舎時代文庫)


食いしん坊の〈片想い小町〉が繰り広げる、江戸大恋愛劇

めぐり逢ふまで 蔵前片想い小町日記浮穴みみさんの文庫書き下ろし時代小説、『めぐり逢ふまで 蔵前片想い小町日記』がハヤカワ文庫より刊行されました。

独り身上等! 結婚は初恋のあの人とする。ああ胸がいっぱいで、饅頭食べる手が止まらない。七歳の時に命を救ってくれた〈光る君〉に恋焦がれ、いまや二十三歳の〈片想い小町〉おまきだったが、近頃すてきな医者見習いの年下の男や絵師志望の優男が次々に目の前に。だめいけない、あたしは〈光る君〉だけと決めているの。ああ、でも、どうなってしまうの!?


浮穴(うきあな)さんは、ミステリタッチの連作集『吉井堂 謎解き暦 姫の竹、月の草』でデビュー後、『天衣無縫』、『恋仏』、『夢行脚 俳人・諸九の恋』と、江戸の恋をテーマにした作品で活躍されています。

蔵前の札差・伊勢屋宗助の娘で、二十三歳になる小町娘・おまきがヒロイン。七歳の時に、かどわかしに遭い、窮地を救ってくれた恩人でその後の消息が不明の男〈光る君〉に片想いを続けるという設定です。おまきの恋を5話の連作形式で綴っていきます。

饅頭好きの食いしん坊で、二十三歳まで独り身のために〈蔵前嫁き遅れ小町〉と陰で呼ばれるおまきが繰り広げる、ちょっとコミカルで、やがてキュンとくる江戸恋ばなしを楽しみたいと思います。

早川書房のハヤカワ文庫の時代小説は多くないですが、ハヤカワ文庫JA(Japanese Author)というレーベルになり、ほかには葉室麟さんの『オランダ宿の娘』があります。

■Amazon.co.jp
『めぐり逢ふまで 蔵前片想い小町日記』
『オランダ宿の娘』(葉室麟)


両国に流れ着いた木戸番・杢之助。「大江戸木戸番」の新シリーズ

両国の神隠し 大江戸木戸番始末喜安幸夫(きやすゆきお)さんの『両国の神隠し 大江戸木戸番始末』(光文社文庫)を読みました。

両国広小路に流れ着いた新任の木戸番、杢之助は、仕事熱心と評判。古巣の四ツ谷左門町で木戸番をしていたが、ある事情から逃げ出した過去を持つ。ある日、両国界隈で神隠しの噂が流れ、八百屋の息子・留吉が消えてしまう。天狗の仕業だと町の者たちが怯える中、杢之助は留吉の捜索を買って出るのだが……。


本書の主人公・杢之助は、廣済堂文庫から刊行されている「大江戸番太郎事件帳」シリーズでおなじみの四ツ谷左門町の木戸番です。人に言えない過去を持ち、「目立たず、人間(じんかん)に埋もれて暮らしたい」と願いながらも、人の難儀を見ると放っておけない悪い癖がでてしまう、それゆえに魅力的なヒーローです。

新シリーズの「大江戸木戸番始末」では、前シリーズの最終巻『木戸の別れ 大江戸番太郎事件帳33』の続編という形で、天保八年(1837)三月から始まります。

物語の発端で、杢之助が四ツ谷左門町を離れて、小田原城下に暮らし、わずか三カ月で江戸に戻り、両国広小路に近い米沢町の木戸番に就いた経緯が説明されています。「大江戸番太郎事件帳」シリーズのファンには新天地での再登場がなんともうれしいところです。

前の北町奉行で大目付をつとめる榊原主計守忠之が事件の鍵を握ったり、江戸湾に大ダコが!というかわら版が出回ったり、難事件に対して杢之助の見事な解決ぶりを大いに楽しめます。

■Amazon.co.jp
『両国の神隠し 大江戸木戸番始末』
『大江戸番太郎事件帳(一) 木戸の闇裁き』(廣済堂文庫)


「2016年5月の新刊 下」をアップ

めぐり逢ふまで 蔵前片想い小町日記2016年5月21日から5月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2016年5月の新刊 下」を掲載しました。

今回の注目しているのは、早川書房・ハヤカワ文庫JAの新刊です。浮穴みみさん『めぐり逢ふまで 蔵前片想い小町日記』が刊行されます。

独り身上等! 結婚は初恋のあの人とする。ああ胸いっぱいで、饅頭を食べる手がとまらない。7歳の時に命を救ってくれた〈光る君〉に恋焦がれ、いまや23歳の〈片想い小町〉おまき。ところが、近頃、年下の医者見習いや絵師志望の優男と素敵な男が次々目の前に。だめいけない、あたしは〈光る君〉だけと決めているの、ああ、でも、どうなってしまうの!? 饅頭大好き〈妄想残念女子〉が駆け回る江戸恋愛活劇。


著者の浮穴さんは、第30回小説推理新人賞を受賞作を含む『吉井堂 謎解き暦 姫の竹、月の草』でデビュー。『天衣無縫』『恋仏』など、ちょっと不思議でミステリアスな江戸恋愛小説で注目される気鋭の時代小説家です。

→2016年5月の新刊 下


「美女入れ札」をめぐる事件に「猪鹿蝶」の三人組が乗り出す

使の者の事件帖(三) 何れ菖蒲か杜若誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの『使の者の事件帖(三) 何れ菖蒲か杜若』が、双葉文庫より刊行されました。猪三郎、鹿之丞、お蝶の三人組の若者・猪鹿蝶が事件を解決する痛快時代小説シリーズの第三弾です。

門前仲町の錦絵の版元が「美女入れ札」を開催する。第一位と第三位は誰もが納得する美形だったが、第二位の女はどう見ても美女とは言い難い容貌で疑問の声が噴出する。その翌日、第三位、第二位の女が立て続けに殺され、第一位の女の許婚だった男が下手人に浮上する。「使いの者」の猪三郎らが調べを進めたところ、事件の意外な真相が明らかになる……。


「使(つかい)の者」とは、遊女屋などで、言伝をしたり、手紙や品物を届けたり、ちょっとした手伝いや頼まれごとを引き受ける仕事であり、猪三郎はそれを生業にしています。

猪三郎と団扇の張替屋の鹿之丞、楊枝屋の看板娘のお蝶の三人は、長崎で親捨てられた若者たち。南町奉行の筒井和泉守政憲が前職の長崎奉行であったときに拾われて、筒井の家臣・村雨卯之助によって育てられ、格闘術、柔術、忍びの技、暗殺術を叩きこまれた。筒井が江戸南町奉行に栄転すると、内与力となった村雨について三人は江戸に出てきていた。

南町奉行所の役人が絡む難事件、手強い相手も登場します。猪鹿蝶、三人の漫才のようなやり取りも楽しみのひとつ。

■Amazon.co.jp
『使の者の事件帖(一) 女湯に刀掛け』
『使の者の事件帖(二) 口に蜜あり腹に剣あり』
『使の者の事件帖(三) 何れ菖蒲か杜若』