戦いなき世を願い、天下人家康を育てた母の波瀾の生涯

家康の母お大植松三十里(うえまつみどり)さんの文庫書き下ろし小説、『家康の母お大』が集英社文庫より刊行されました。

水野忠政の娘お大は十四歳で岡崎城主松平広忠に嫁ぎ、嫡男竹千代を産む。だが、忠政の跡を継いだ、お大の兄・信元が織田方に寝返ったため、離縁され、幼い息子と生き別れた。久松俊勝と再婚後、竹千代が今川義元方へ人質に出されることを知る。我が子の無事を祈るお大は、命がけの行動に……。


徳川家康の功績の一つに、戦国時代に終止符を打ち、戦なき世をつくったことが挙げられます。なぜ、このようなことが実現できたのでしょうか。戦乱の世を生き抜いた家康の母、お大の影響があるのかもしれません。

本書は、家康の母お大の、波瀾に満ちた生涯を描いた戦国時代小説です。若き日のお大の姿が生き生きと描かれています。

植松さんは、家康の二男秀康を描く『家康の子』、秀忠の正室を描く『お江 流浪の姫』と、これまでも家康を核に波瀾に満ちた生涯を送る人物に光を当ててきました。あわせて読みたいところです。

■Amazon.co.jp
『家康の母お大』
『家康の子』(中公文庫)
『お江 流浪の姫』(集英社文庫)


山あり谷ありの文豪・夏目漱石一家のホームドラマ

猫と漱石と悪妻植松三十里(うえまつみどり)さんの文庫書き下ろし小説、『猫と漱石と悪妻』が中央公論新社・中公文庫より刊行されました。

裕福な家庭で三人姉妹の長女として育った中根鏡子は、はっきりした物言いで表裏のない性格。見合い相手として現れた夏目金之助(漱石)に一目ぼれした鏡子。「苦労するが大成する」という占い師の言葉を支えに結婚を決めるが、漱石の赴任先の熊本での新婚生活に四苦八苦する。しかし、それは苦難の序章に過ぎなかった……。


文豪・夏目漱石の一家の知られざる生活ぶりが、鏡子の目線で描かれていて興味深い物語になっています。鏡子と漱石の愛と葛藤に満ちた夫婦生活、二男五女に恵まれ、波瀾に富んだ子育て、名作の誕生秘話などが綴られています。

朝寝坊で、漱石に対して遠慮なしの物言いから、陰で「悪妻」と言われることが多い鏡子ですが、気難しい漱石を支える、規格外の良妻ぶりを発揮してます。物語を通じて二人の絆の深さが伝わってきて、読み味のよい作品です。

四女愛子の出産時、産婆が間に合わずに漱石が急きょ産婆役をつとめることになりドタバタする場面など、文豪の別の面が垣間みることができて、思わず頬が緩んできます。

今年(2016年)は漱石没後100周年の年。9月24日(土)より、NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」が放送されます。鏡子の『漱石の思い出』(夏目鏡子述・松岡譲筆録)を原作に、尾野真千子さんが夏目鏡子を、長谷川博己さんが漱石を演じます。

■Amazon.co.jp
『猫と漱石と悪妻』


土曜ドラマ「夏目漱石の妻」|NHKオンライン

「2016年8月の新刊 下」をアップ

井伊直虎 女にこそあれ次郎法師2016年8月21日から8月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2016年8月の新刊 下」を掲載しました。

今回注目しているのは角川文庫です。梓澤要(あずさわかなめ)さんの『井伊直虎 女(おなご)にこそあれ次郎法師』が文庫化されて刊行されます。井伊直虎(いいなおとら)は、平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」のモデルとして話題の人物です。

天文十三年(1544年)、井伊家の当主・直盛のひとり娘の祐の運命は、その年を境に激変した。井伊家家老の裏切りにより、今川義元に謀反の疑いを持たれた、井伊直満と弟の直義が、駿府で生害させられたのだ。井伊家は、命を狙われる直満の子・亀之丞の秘匿を決行。許婚の亀之丞と引き裂かれた祐は、出家を決意し、次郎法師を名乗るが……。


井伊直虎は勇猛な名前を持っていますが、生涯独身を通した女性です。未婚のまま仏門に入り、次郎法師という名乗りもしています。戦乱の時代、遠江・井伊谷の地を守り抜き、徳川家康の側近となる、井伊直政を育てたことで知られています。

本作は2006年1月に新人物往来社(KADOKAWA・中経出版)から『女(おなご)にこそあれ次郎法師』のタイトルで単行本として刊行されたものの文庫化です。静岡県出身の梓澤さんは、早い時期から、故郷にゆかりの井伊直虎に注目し取り上げてこられました。
同じ著者による歴史読み物(解説本)『城主になった女 井伊直虎』(NHK出版)とあわせて、井伊直虎について知識を増やして、来年の大河ドラマを楽しみに待ちたいと思います。

■Amazon.co.jp
『井伊直虎 女にこそあれ次郎法師』(角川文庫)
『城主になった女 井伊直虎』(NHK出版)

→2016年8月の新刊 下


『文蔵 2016.9』の特集は、おいしい料理を小説で味わう

『文蔵 2016.9』『文蔵 2016.9』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、食堂、レストランから小料理屋まで おいしい料理を小説で味わう です。

小説において数々の料理にまつわる物語が紡がれてきました。本特集では、食事を通して繰り広げられる人間ドラマを描いた、食欲と読書欲をそそる、絶品小説を紹介します。人気時代小説シリーズ「料理人季蔵捕物控」の著者、和田はつ子さんのインタビューも収録。

田牧大和さんの「鯖猫長屋ふしぎ草紙」の新作「色男、来たる」(前編)が掲載され、久々に美猫のサバに会えるのがうれしい限りです。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2016.9』(PHP文芸文庫)

『料理人季蔵捕物控 雛の鮨』(和田はつ子・ハルキ文庫)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙』(田牧大和・PHP研究所)

⇒『文蔵』ホームページ

商いの道を切り拓く、14歳の少女・幸は大きな転機を迎える

あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇髙田郁(たかだかおる)さんの文庫書き下ろし時代小説、『あきない世傳(せいでん) 金と銀(二) 早瀬篇』が角川春樹事務所・時代小説文庫より刊行されました。大坂天満の呉服商「五鈴屋(いすずや)」に奉公する少女・幸(さち)を主人公に、その成長を描く「あきない世傳 金と銀」シリーズの2作目です。

十四歳の幸に、店主の四代目徳兵衛の後添いに、との話が持ち上がった。徳兵衛は放蕩三昧で、商才に富む次男の惣次は分家を宣言し五鈴屋は危機に瀕していた。番頭の治兵衛は幸に逃げ道を教える一方で、「幸は運命に翻弄される弱い女子とは違う。どないな運命でも切り拓いて勝ち進んでいく女子だす」と伝える。果たして、「鍋の底を磨き続ける女衆」として生きるのか、それとも「五鈴屋のご寮さん」となるのか……。


主人公の幸は、武庫郡津門村(つとむら)の学者の娘に生まれて、父の死後、縁あって大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公しています。その聡さと口の固さ、そして商いへの関心の高さに、店の要石と称される知恵者の番頭・治兵衛が注目。

物語は元文三年(1738)の正月から始まります。放蕩三昧の末に、商いに身が入らず嫁を離縁した徳兵衛により、五鈴屋はその危機を乗り越えるために、店の後見人で徳兵衛の祖母の富久と治兵衛は、徳兵衛の後添いを迎えることを画策します。そして、なり手のいない後添いに白羽の矢が立ったのが、14歳の幸でした。

「物がさっぱり売れん、難儀な時代だす。生きるか死ぬか、商人たちが刀の代わりに算盤を交える戦国時代だすのや。無策では生き残ることは出来ん。けれど、幸やったら、知恵を武器にして商いの道を切り拓いていけるやろ。お前はんは、戦国武将になれる器だすのや」
(『あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇』P.74より)


大きな人生の転機を迎える幸から目が離せません。

■Amazon.co.jp
『あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇』