澤田ふじ子作品を想起させる、京都を舞台にした人情捕物小説

寺内奉行検断状小泉盧生(こいずみろせい)さんの時代小説、『寺内奉行検断状(じないぶぎょうけんだんじょう)』(徳間文庫)を読みました。著者のプロフィールは紹介されていませんが、文庫の帯に「81歳の新人。」と記載された新人作家のようです。

江戸期、京都の東西本願寺は人口1万人の寺内町を形成し、幕府(京都所司代)から、徴税・風紀取締り・犯罪捜査等の自治を許されていた。一旦町中で事件が起きると下手人がどこへ逃げようとも捕縛の許可証(検断状)を得て追及するのだ。寺内奉行所の目付・黒田荘十郎に密命が下った! 丹波篠山から強訴のため江戸に向かった農民が寺内町の旅籠に投宿している。早々に捕えよというものだったのだが……。


本書は、江戸時代、幕府から自治を認められた京都の東西両本願寺の門前町(寺内町)を舞台にそこで起こる事件や人間模様を描いています。主人公の黒田荘十郎は東西両本願寺が設けた寺内奉行所の目付をつとめ、悪質な犯罪捜査に当たっています。

寺内町で犯罪を行った人物は、全国どこに逃げても、寺内奉行の目付によって追捕される特殊性を持っていました。その際に京都所司代から発給されるのが「検断状」で、寺内奉行の目付からこれを示された各藩の奉行所は、即その支配に加わり、犯人の捜査や検挙に当たらなくてはならなくなります。

物語は、連作形式で五編を収録しています。

「丹波の小壺」丹波篠山から江戸の強訴のため、寺内町の旅籠屋に投宿した農民たちを捕縛せよと命が下る。荘十郎は、病に倒れた首謀者の父の代わりに強訴に加わった少年卯之助がいることを知る…。

「愚かな刺客」寺内町で屈指の大店の仏具商の妻千代は次男源次郎を溺愛し、長男源太は気鬱の病があるとして岩倉の療養旅籠に預けっぱなしにしていた。四年前に、荘十郎は千代が侍姿の男と不義密通をしているのを偶然見かけ、仏具商を注意深く見張っていた…。

「仇討ち蕎麦」京の木賃宿に泊まる浪人竹中新蔵は父を斬った相手森田弥兵衛を探して仇討ちの旅に出立してからすでに二十余年。俳句好きの客が句を詠めるようになっている屋台の蕎麦屋があると聞き訪れたところ…。

「冬の鴉」美濃国蘇原村の村年寄から、寺内奉行に早駕籠で手紙があった。村にある浄土真宗の寺が無住のためにならず者たちに住み着かれて、賭博場として使用されている。村娘を人質として取ったり、農夫たちが博打に誘い入れられたり非道を尽くしていているという。一刻の猶予もできぬ事態に、荘十郎ら三人の目付が村に派遣されることに…。

本書の面白さは、ユニークな設定と機動性を持った犯罪捜査もさることながら、正義感と市井の人への人情にあふれる主人公の設定、そして、京都の町の歴史や文化、風習に触れながら物語が展開していく点など、多々あります。

京都への造詣の深さや、「仇討ち蕎麦」でみられる、心温まる人と人のつながりの描写など、読み味がよく、京都を舞台にした時代小説の第一人者である、澤田ふじ子さんの作品を想起させます。81歳という年齢が気になりますが、この作者の次作が楽しみです。

■Amazon.co.jp
『寺内奉行検断状』



三人のご隠居ヒーローが、江戸の小悪から巨悪まで闘う

つわもの長屋 三匹の侍新美健(にいみけん)さんの文庫書き下ろし時代小説、『つわもの長屋 三匹の侍』がハルキ文庫・時代小説文庫より刊行。本書は、『明治剣狼伝―西郷暗殺指令』で第七回角川春樹小説賞特別賞を受賞してデビューした、著者の2作目になります。

神田の古町長屋には、人騒がせだが正義感の強い三人の隠居が住んでいる。元は悪人を恐れさせた同心で現在は趣味の画業に精を出す吉沢忠吉。一刀流の剣術道場を息子に譲り老いてなお剣の道を進む藪木雄太郎。侍を捨てて芝居の道に人生をかけてきた、口達者な色男の杉原弾七郎。
分別があってしかるべき還暦を過ぎながらも、まだまだ枯れぬ元サムライの三匹は、江戸の町に渦巻き、孫娘や息子を狙う悪には黙っていられない。人さらいや闇の賭博師は許さない。


デビュー作の『明治剣狼伝―西郷暗殺指令』は、西南戦争を背景に、内務卿・大久保利通の命を受けて、西郷隆盛を助ける救出隊に加わった、銃開発の第一人者村田経芳と、警視隊の藤田五郎(元新撰組の斎藤一)が、幾多の危機を乗り越えながら任務を遂行しようとする、ハラハラドキドキの冒険時代小説です。

2作目では一転して、江戸の市井を舞台に個性的な三人の老人が活躍する“ご隠居もの”にチャレンジしています。映像化した際のキャスティングを考え、いろいろと妄想を膨らませながら読みたいと思います。

■Amazon.co.jp
『明治剣狼伝 西郷暗殺指令』
『つわもの長屋 三匹の侍』


「2016年12月の新刊 上」をアップ

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留2016年12月21日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2016年12月の新刊 上」を掲載しました。

今回注目しているのは幻冬舎時代小説文庫です。玉岡かおるさんの、『虹、つどうべし 別所一族ご無念御留』に注目しています。2013年11月に単行本として刊行された戦国時代小説の文庫化です。

天下統一へ突き進む織田信長の命を受け、播磨平定に乗り出した羽柴秀吉は、別所長治の抵抗に合い、戦国史上稀にみる悲惨な籠城戦を引き起こす。その最中、終戦工作のため、黒田官兵衛により秘かに城中へ送り込まれていた女間者の希久は悲惨を極める戦況を前に究極の選択を迫られる……。


別所長治の籠城戦は、秀吉の「三木の干し殺し」戦法として知られています。しかしながら、この戦いにフォーカスを当てた時代小説は多くありません。本書は、兵庫県三木市出身の玉岡さんの初めての時代小説で、哀歓に満ちたロマンあふれる作品です。敗者である別所氏の視点、立場から描かれた点でもとても気になっています。

■Amazon.co.jp
『虹、つどうべし 別所一族ご無念御留』

→2016年12月の新刊 上


火盗改役・山岡景之が悪辣な事件に立ち向かう、捕物小説第2弾

影の火盗犯科帳(二)忍びの覚悟鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『影の火盗犯科帳(二)忍びの覚悟』がハルキ文庫・時代小説文庫より刊行されました。

師走を迎え、火盗改役・山岡五郎作景之は、家臣で影同心をつとめる忍び「影火盗組」を連れ、浅草寺の歳の市に来ていた。その折、境内奥で大鳥居に逆さ吊りされ、こと切れていた男を目の当たりにする。火盗管轄の事件ではないものの、景之はひどく残酷な手口に胸騒ぎを覚えていた。
そんな中、奥州仙台伊達家の上屋敷で火事が起こり、付け火の疑いがあるという。景之は、「影火盗組」の中でも優秀で信頼を寄せる芥川光之進に、早急に伊達家屋敷に忍び込んで中を探るよう命じたが……。


捕物帖と忍者小説の2つの面白さが楽しめる『七つの送り火』に続く、シリーズの第2弾。本作の主人公、山岡五郎作(後に豊前守)景之は実在の人物(正徳3~明和3年)で、甲賀忍者伴氏の末裔。宝暦六年(1756)霜月に火付盗賊改役に就いています。本作の物語は同年師走から始まります。

主君に忠誠を尽くし、技を駆使して命を賭ける甲賀の末裔たちが、「影火盗組」として、火盗改役の景之を助ける設定が魅力的です。謎に満ちた不思議な死体、奥州の雄藩を巻き込んだ火事騒動、スケールが大きな事件に発展する予感にワクワクします。

■Amazon.co.jp
『影の火盗犯科帳(一)七つの送り火』
『影の火盗犯科帳(二)忍びの覚悟』


北条氏五代の興亡をドラマチックに描く、歴史読み物

戦国北条記伊東潤(いとうじゅん)さんの歴史ノンフィクション、『戦国北条記』がPHP文芸文庫より刊行されました。『実録 戦国北条記 戦史ドキュメント』(エイチアンドアイ・2014年4月刊)を改題のうえ、加筆修正したものです。

国府台、河越、三増峠の各合戦や小田原籠城戦――。北条五代を「合戦」と「外交」を軸に読み解くことで、関東における戦国百年の実相が見えてくる! 伊勢盛時(のちの北条早雲)による伊豆平定から、小田原で豊臣秀吉に屈するまでの興亡の歴史を、最新の研究成果を盛り込みドラマチックに描く、戦国ノンフィクション。


本書は、戦乱の世を舞台に、武将たちの光と影を描いた骨太な戦国時代小説で活躍する著者による、歴史読み物(ノンフィクション)です。初代早雲庵宗瑞(伊勢盛時)から始まり、二代氏綱、三代氏康、四代氏政、五代氏直の北条五代の栄光と没落を最新の歴史研究の成果をもとに描いています。

私自身も、戦国時代、関東に覇を唱えた北条氏について、下剋上を行った梟雄・初代北条早雲や豊臣秀吉に逆らった守旧的で暗愚な末期の主君たちなどといった、旧来からある「俗説」から、過小評価していました。

ところが、本書で、民との共存共栄を目指した王道楽土を築くことを旨とした領国統治思想をもち、関東にその支配秩序を築いたことを知りました。ほかの戦国大名とは異なる北条氏のユニークな魅力にはまりそうです。

本書で北条氏に興味を持った方には、同じ著者による、長編時代小説『秀吉に挑んだ義将 北条氏照』(PHP文庫)がおすすめです。

■Amazon.co.jp
『戦国北条記』
『秀吉に挑んだ義将 北条氏照』