2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

文庫●2024年1月中旬の新刊情報

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2024年1月中旬の新刊(11日→20日)

2024年1月11日から1月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

双葉文庫
佐伯泰英さんの『陰流苗木 芋洗河岸(1)』
神田明神下にある一口長屋に、妻子連れの侍が流れ着きました。藩を食いつめ美濃を出てきた、その名は小此木善次郎。職業なし、金もなし、どこかとぼけたこの侍、じつは剣の達人です。親切な住人や大家が揃う一口長屋に溶け込む一家でしたが、長屋には隠された秘密があり、善次郎はやがてその秘密の渦に巻き込まれていきます。
3か月連続刊行、手に汗握る新シリーズ(全3巻)開幕!

上田早夕里さんの『ヘーゼルの密書』
1939年、上海。激化する日中の対立関係。時代が新たな大戦へと向かう中、それでも戦争を回避すべく、日中和平工作にすべてをかけた人々がいました。
語学教師の倉地スミは、極秘裡の日中和平工作に通訳として参加していました。いったんは頓挫する和平の道だが、今井武夫陸軍大佐のもと、新たな交渉〈桐工作〉に乗り出してゆきます。日中双方の謀略が渦巻く中、スミと仲間たちは想像を絶する困難なミッションに挑むのですが、歴史の巨大なうねりに命をかけ立ち向かう人々の姿に心震える長編。

講談社文庫
辻堂魁さんの『うつし絵 大岡裁き再吟味』
十五年前、旗本倉橋家の若侍が斬られ、疑いのかけられた旗本家当主内藤斎樹は割腹し、面目を保ったとして両家が決着で調べが止まった事件。謎を謎のまま残してはおけない大岡越前は、土田半左衛門あるいはその父庫之助と内藤斎樹とは関わりがあったのではないか? 大岡忠相の意を受けて、鷹匠の子・古風十一や元読売屋の金五郎たちが動きはじめます。だが相手は格式ある旗本家、決着済みの事件を掘り返す大岡忠相への反発は強く……。
蓋をされた十五年前の事件に隠された人々の哀感をていねいに描き出す、辻堂魁の調べ直し事件帖。

吉森大祐さんの『蔦重』
喜多川歌麿、東洲斎写楽、恋川春町、山東京伝、曲亭馬琴……。鋭い閃きと大胆な企てで時代を切り開いた稀代の出版プロデューサー・蔦屋重三郎が世に送り出した戯作者や絵師たち。江戸の精華として誰もが知る彼らの人生の栄光と悲哀を描いた、連作短編集。

集英社文庫
杉山大二郎さんの『大江戸かあるて 秋空に翔ぶ』
江戸一番の医者を目指す20歳の駿は、弱き者を守る医者になるべく修業を終えて念願の独立を果たすも……。感動と学びが詰まった、人気青春時代小説第3巻。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●1月11日発売 光文社・光文社古典新訳文庫
『好色五人女』井原西鶴『好色五人女』
●1月11日発売 光文社・光文社文庫
『陰流苗木 芋洗河岸(1)』
→記事:妻子連れの美濃の食いつめ浪人、実は剣の達人、小此木善次郎
佐伯泰英『陰流苗木 芋洗河岸(1)』
『ヘーゼルの密書』上田早夕里『ヘーゼルの密書』
『花菱夫妻の退魔帖 三』白川紺子『花菱夫妻の退魔帖 三』
『夜鳴きめし屋 新装版』宇江佐真理『夜鳴きめし屋 新装版』
『闇の剣 部屋住み勘兵衛』鈴木英治『闇の剣 部屋住み勘兵衛』
『ひとひらの夢 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(十二)』中島久枝『ひとひらの夢 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(十二)』
●1月11日発売 二見書房・二見サラ文庫
『期間限定皇后』尼野ゆたか『期間限定皇后』
●1月11日発売 宝島社・宝島SUGOI文庫
『知れば知るほど面白いアイヌの文化と歴史』瀬川拓郎監修『知れば知るほど面白いアイヌの文化と歴史』
●1月11日発売 宝島社・宝島社文庫
『光る君と謎解きを 源氏物語転生譚』日部星花『光る君と謎解きを 源氏物語転生譚』
●1月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『若の恋 取次屋栄三 <新装版>』岡本さとる『若の恋 取次屋栄三 <新装版>』
『圧殺 御裏番闇裁き』喜多川侑『圧殺 御裏番闇裁き』
『妖刀 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『妖刀 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
●1月12日発売 徳間書店・徳間文庫
『貧乏神あんど福の神 なぞなぞが謎を呼ぶ』田中啓文『貧乏神あんど福の神 なぞなぞが謎を呼ぶ』
●1月12日発売 法蔵館・法蔵館文庫
『民俗の日本史』高取正男『民俗の日本史』
『中世の都市と非人』松尾剛次『中世の都市と非人』
『維新期天皇祭祀の研究』武田秀章『維新期天皇祭祀の研究』
●1月13日発売 KADOKAWA・富士見L文庫
『華那国後宮後始末帖』黒崎蒼『華那国後宮後始末帖』
●1月13日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『姫四郎流れ旅【二】中仙道はぐれ鳥』笹沢左保『姫四郎流れ旅【二】中仙道はぐれ鳥』
『あかね淫法帖 独り楽しび』睦月影郎『あかね淫法帖 独り楽しび』
『裏火盗裁き帳【五】』吉田雄亮『裏火盗裁き帳【五】』
『浪人上さま 織田信長 覇王、江戸に参上!』中岡潤一郎『浪人上さま 織田信長 覇王、江戸に参上!』
『無敵浪人 徳川京四郎【三】天下御免の妖刀殺法』早見俊『無敵浪人 徳川京四郎【三】天下御免の妖刀殺法』
●1月13日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『菊花ちらし 木挽町芝居茶屋事件帖』篠綾子『菊花ちらし 木挽町芝居茶屋事件帖』
『信長餅 料理人季蔵捕物控』和田はつ子『信長餅 料理人季蔵捕物控』
●1月13日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『増補 決闘裁判  ――ヨーロッパ法精神の原風景』山内進『増補 決闘裁判  ――ヨーロッパ法精神の原風景』
『江戸の戯作絵本 1』小池正胤、宇田敏彦他編集『江戸の戯作絵本 1』
『日本の裸体芸術 ――刺青からヌードへ』宮下規久朗『日本の裸体芸術 ――刺青からヌードへ』
●1月13日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『安吾さんの太平洋戦争』半藤一利『安吾さんの太平洋戦争』
●1月15日発売 講談社・講談社学術文庫
『裏切り者の中国史』井波律子『裏切り者の中国史』
『アテネ 最期の輝き』澤田典子『アテネ 最期の輝き』
『インド思想史』中村元『インド思想史』
●1月16日発売 講談社・講談社タイガ
『帝室宮殿の見習い女官 見合い回避で恋を知る!?』小田菜摘『帝室宮殿の見習い女官 見合い回避で恋を知る!?』
●1月16日発売 講談社・講談社文庫
『うつし絵 大岡裁き再吟味』辻堂魁『うつし絵 大岡裁き再吟味』
『蔦重』
→記事:「2024年1月中旬の新刊(文庫)」をアップ
吉森大祐『蔦重』
●1月18日発売 アルファポリス・アルファポリス文庫
『大正石華恋蕾物語: あやかしの花嫁は運命の愛に祈る (二)』響蒼華『大正石華恋蕾物語: あやかしの花嫁は運命の愛に祈る (二)』
『料理屋おやぶん: まんぷく竹の子ご飯』千川冬『料理屋おやぶん: まんぷく竹の子ご飯』
●1月18日発売 集英社・集英社オレンジ文庫
『後宮史華伝 すべて夢の如し』はるおかりの『後宮史華伝 すべて夢の如し』
『双蛇の落胤 濫国公主月隠抄』氏家仮名子『双蛇の落胤 濫国公主月隠抄』
●1月19日発売 集英社・集英社文庫
『鉞ばばあと孫娘貸金始末 まがいもの』千野隆司『鉞ばばあと孫娘貸金始末 まがいもの』
『紫式部と清少納言 二大女房大決戦』瀬川貴次『紫式部と清少納言 二大女房大決戦』
『決定版 女人源氏物語 4』瀬戸内寂聴『決定版 女人源氏物語 4』
『弟よ おやこ相談屋雑記帳』野口卓『弟よ おやこ相談屋雑記帳』
『大江戸かあるて 秋空に翔ぶ』杉山大二郎『大江戸かあるて 秋空に翔ぶ』
●1月19日発売 潮出版社・潮文庫
『倭寇 わが天地は外海にあり』髙橋直樹『倭寇 わが天地は外海にあり』

↑ 新刊情報Topへ← 2024年1月の新刊 上(1日→10日)2024年1月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2024年1月の新刊情報
単行本★時代小説新刊情報|2024年1月の新刊(1日→末日) 2024年1月1日から1月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書、古典日本文学の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介...