2019年2月の新刊 下

時代小説 文庫新刊情報

2019年2月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2019/03/01

2019年2月21日から2月28日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

角川文庫からは人気シリーズの最新刊がリリースされます。

上田秀人さんの『表御番医師診療禄13 不治』は、いよいよ、将軍綱吉を巡る恐るべき陰謀の全てが明らかになる、シリーズの完結編です。

千野隆司さんの『入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)』は、大凶作、打壊し、さらに殺しの濡れ衣――大黒屋を次々と苦難を襲う、波乱の新章も完結へ。

二見時代小説文庫の新刊では、藤木桂さんの『老中の矜持 本丸 目付部屋3』に注目。

目付筆頭の妹尾十左衛門は、奏者番の切れ者大名から呼び出されたことから、話が大きくなり老中をも巻き込む大事へ……。幕臣を監察する目付を活写するシリーズ第3弾です。

新潮文庫の新刊では、近衛龍春さんの『九十三歳の関ヶ原: 弓大将大島光義』を要チェック!
還暦すぎても信長に重用され、九十三歳にして天下分け目の戦いで戦功をあげた、実在の戦国武将を描く、戦国時代小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●2月22日発売 三笠書房・知的生きかた文庫
『芭蕉のことば100選: 深くて、面白くて、ためになる』境野勝悟『芭蕉のことば100選: 深くて、面白くて、ためになる』
●2月22日発売 中央公論新社・中公文庫
『日本史のしくみ-変革と情報の史観』林屋辰三郎、梅棹忠夫、山崎正和ほか・編集『日本史のしくみ-変革と情報の史観』
●2月23日発売 KADOKAWA・角川文庫
『表御番医師診療禄13 不治』上田秀人『表御番医師診療禄13 不治』
『入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)』千野隆司『入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)』
『はなの味ごよみ にぎり雛』高田在子『はなの味ごよみ にぎり雛』
『完本 妻は、くノ一(三) 月光値千両/宵闇迫れば』風野真知雄『完本 妻は、くノ一(三) 月光値千両/宵闇迫れば』
●2月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『千吉の初恋 小料理のどか屋 人情帖25』倉阪鬼一郎『千吉の初恋 小料理のどか屋 人情帖25』
『老中の矜持 本丸 目付部屋3』藤木桂『老中の矜持 本丸 目付部屋3』
『十手婆 文句あるかい2 お狐奉公』和久田正明『十手婆 文句あるかい2 お狐奉公』
●2月26日発売 幻冬舎
『巌流島の決闘』速島實『巌流島の決闘』
●2月28日発売 早川書房・ハヤカワ文庫JA
『快絶壮遊〔天狗倶楽部〕: 明治バンカラ交遊録』横田順彌『快絶壮遊〔天狗倶楽部〕: 明治バンカラ交遊録』
●2月28日発売 新潮社・新潮文庫
『九十三歳の関ヶ原: 弓大将大島光義』近衛龍春『九十三歳の関ヶ原: 弓大将大島光義』
『銀座ともしび探偵社』小松エメル『銀座ともしび探偵社』
『柳橋物語・むかしも今も』山本周五郎『柳橋物語・むかしも今も』
●2月28日発売 サンライズ出版・淡海文庫
『水と祈りの近江を歩く』加藤賢治『水と祈りの近江を歩く』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年2月の新刊 中(11日→20日)2019年3月の新刊 上(1日→10日) →