『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

いだ天百里

いだ天百里いだ天百里
(いだてんひゃくり)
山田風太郎
(やまだふうたろう)
[伝奇]
★★★☆☆

我ながら、ここのところ、読む本のラインナップが無茶苦茶だと思う。一人の作家に偏らないように注意をしていたが、それにしても、時代といいテーマといい、一貫性がないというか支離滅裂というか、いやはや。

一連の忍法帖の前に、発表された伝奇小説。そのためか、ストーリーは山田風太郎さんならではの自由奔放なものだが、ややエロ・グロ度が高くなっている。

徳川隠密と地雷火による江戸城爆破をもくろむ真田幸村一党。その争いに巻き込まれる、山の民・撫衆の争いを中心に、怪人大久保長安や大坂の淀殿調伏を企てる山伏、隠れ切支丹、はぐれ撫衆、女歌舞伎の阿国一座などが登場するなど、無茶苦茶なストーリー展開が楽しめる。

阿国の情人といわれる名古屋山三郎に、興味を持った。蒲生氏郷の寵童ともいわれ、歌舞伎の女形の創始者ともいわれている稀代の才人らしい。この人を主役とした時代小説が読みたい。

◆主な登場人物
お狩:天城の撫衆の娘
半ベエ:元武田家の家臣、関半兵衛
大久保長安:金山総奉行
お扇:大久保長安の愛妾
お浮:お狩の妹
天城の義経:撫衆の親分でお狩の父
馬蔵:金山の穿子頭
伊那の秀吉:聖嶽の撫衆の親分
滝川左近将監一益:織田家の四天王
高観坊:修験者
玄妙坊:老修験者
オシャカの熊:元上州の撫衆
シャリ八:元上州の撫衆
坊主の松:元上州の撫衆
カンパチ:撫衆の少年
猿飛佐助:真田の忍び
おふう:カンパチの姉
伊藤文六:家康手飼の伊賀者
中村右陣:家康手飼の伊賀者
間淵小伝次:家康手飼の伊賀者
色川武右衛門:家康手飼の伊賀者
大須賀一平:家康手飼の伊賀者
野ぶすまの銀太:天城の撫衆
呉葉姫:小西行長の娘
天八:カンパチの祖父
阿国:女歌舞伎のスター
名古屋山三郎:阿国の情人で蒲生氏郷の元家臣

物語●金山総奉行の大久保長安は、伊豆国天城峠で、南蛮渡来の遠眼鏡を通して、不思議なものを見た。若い女・お狩が野生の猪と闘って殺したのだった。彼女は、撫衆(なでし)と呼ばれる剽悍な山の民だった。退屈を感じていた長安の愛妾のお扇は、お狩を生け捕りにして、猪との組討ちを所望した…。

目次■死の谷の巻/狂天狗の巻/六連銭の巻/地雷火の巻/地獄蔵の巻/解説 長谷部史親

カバーイラスト:藤原ヨウコウ
カバーデザイン:原田幸生
解説:長谷部史親
時代:慶長十二年三月
場所:伊豆国天城峠、信濃・仙丈ヶ岳、大和国生駒山、白良浜、京、東海道ほか(廣済堂文庫・543円・97/08/01第1刷・96/08/20第42刷・303P)
購入日:97/08/15
読破日:98/07/19

Amazon.co.jpで購入