スポンサーリンク

篠綾子|時代小説ガイド

[し] 篠綾子|しのあやこ|時代小説・作家

埼玉県生まれ。東京学芸大学卒業。
2001年、第4回健友館文学賞『春の夜の夢のごとく――新平家公達草紙』でデビュー。
2005年、短編「虚空の花」で第12回九州さが大衆文学賞佳作受賞。
2017年、『更紗屋おりん雛形帖受賞作』で第6回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞受賞。
2019年、『青山に在り』で第1回日本歴史時代作家協会賞作品賞受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

多陽人が囚われる!? 『万葉集』の歌枕、伊香保温泉への旅
篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『くさまくら 万葉集歌解き譚』(小学館文庫)を入手しました。 江戸・日本橋の薬種問屋の小僧・助松が、主人の娘しづ子に『万葉集』の和歌を学びながら、謎解きにかかわっていく、「万葉集謎解き譚」シリーズの...
「2021年5月上旬の新刊(文庫)」をアップ
『くさまくら 万葉集歌解き譚』|篠綾子|小学館文庫 2021年5月1日から5月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年5月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 今回は、篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『...
賢子・小式部・中将の君、お騒がせ三人娘に藤原道長から密命
『あかね紫』|篠綾子|集英社文庫 篠綾子さんの長編歴史時代小説、『あかね紫』を入手しました。 本書は、『源氏物語』の作者・紫式部の娘、藤原賢子(ふじわらのかたこ)が活躍する、王朝時代小説です。 夏山かほるさんの『源氏五十五帖』...
賀茂真淵の取り違えた『万葉集』に、幕府を揺るがす秘密が…
篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『たまもかる 万葉集歌解き譚』(小学館文庫)をご恵贈いただきました。 江戸・日本橋の薬種問屋の小僧・助松が、『万葉集』の和歌を学びながら、謎解きにかかわっていく、「万葉集謎解き譚」シリーズの第2弾で...
江戸の陰陽師、若き宮司と本草学者のバディが怪事件を追う
『弟切草 小烏神社奇譚』 篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『弟切草 小烏神社奇譚(おとぎりそう こがらすじんじゃきたん)』(幻冬舎時代小説文庫)を入手しました。 本書は、江戸・上野の奥まった場所にある、とある古い神社、小烏神社が...
父に続いてお嬢様が行方不明! 解く鍵は『万葉集』の歌に
『からころも 万葉集歌解き譚』 篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『からころも 万葉集歌解き譚』(小学館文庫)を紹介します。 本書は、「令和」の元号の出典となったことで、注目されている『万葉集』をモチーフにした、謎解きが楽しめるミ...
父の行方不明の秘密は、『万葉集』の歌に隠されていた
『からころも 万葉集歌解き譚』 篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『からころも 万葉集歌解き譚』(小学館文庫)を献本いただきました。 江戸・日本橋の薬種問屋の小僧・助松が、一年半前に行方不明になった父から託された日記に記された六首...
「2020年5月上旬の新刊(文庫)」をアップ
『からころも 万葉集歌解き譚』 2020年5月1日から5月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年5月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。 緊急事態宣言下でのゴールデンウイークということからか、5月上旬の新...
恋愛小説として読む、斎藤道三の娘・帰蝶の歴史ロマン
篠綾子さんの文庫書き下ろし長編時代小説、『岐山の蝶(きざんのちょう)』(集英社文庫)を入手しました。 斎藤道三の娘帰蝶は、美濃の姫ということで「濃姫」と呼ばれることがあります。帰蝶の母・小見の方は明智の一族で、光秀は甥ともいわれていま...
読売記者さつきは、知らぬ間に幕府の権力争いの渦中に
篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『絵草紙屋万葉堂 堅香子の花』(小学館文庫)を入手しました。 家業の絵草紙屋万葉堂を立て直すために、読売(瓦版)の記者を始めた万葉堂の娘さつきの仕事と恋を描くシリーズ第四作にして最終巻です。出生の秘...
パブリシティやら盗賊団捕縛やら、江戸の読売はすごい!
篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『絵草紙屋万葉堂 揚げ雲雀(あげひばり)』(小学館文庫)を入手しました。本書は、絵草紙屋万葉堂の娘さつきが、経営危機の店を立て直すために読売(瓦版)の記者として奮闘する「絵草紙屋万葉堂」シリーズの第3...
江戸の女性記者、さつき。仕事と恋に奮闘中
篠綾子(しのあやこ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『絵草紙屋万葉堂 初春の雪』(小学館文庫)を入手しました。ヒロインのさつきが、経営が傾いた絵草紙屋万葉堂を立て直すために、読売(瓦版)の記事を書き始め、さまざまな事件に出合うシリーズ第2...

江戸の女性記者、田沼意知殺害の真相に迫れるか?|『絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅』 2018年5月29日

時代小説作家リストへ戻る