島田一男|時代小説ガイド

[し] 島田一男|しまだかずお|作家

1907年 – 1996年。京都府京都市出身。明治大学中退。
1946年、短編「殺人演出」が雑誌「宝石」の第1回短編懸賞に入選し、翌年掲載。
1951年、短編「社会部記者」(別題「午前零時の出獄」)、「風船魔」で第4回探偵作家クラブ賞を受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

愛すべきアウトロー河内山宗俊は、難事件を解決する名探偵
『河内山宗俊懐中思案(上)』 島田一男(しまだかずお)さんの捕物小説、『河内山宗俊懐中思案(上)』オンデマンド本を献本いただきました。 本書は、歌舞伎『天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)』の主人公で、アウトローとして知ら...

時代小説作家リストへ戻る