『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

殺された道案内 八州廻り桑山十兵衛

[amazon_image id=”4167627035″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]殺された道案内―八州廻り桑山十兵衛 (文春文庫)[/amazon_image]
殺された道案内 八州廻り桑山十兵衛

(ころされたみちあんない・はっしゅうまわりくわやまじゅうべい)

佐藤雅美

(さとうまさよし)
[捕物]
★★★★

八州廻り・桑山十兵衛の活躍を描くシリーズ第2弾。

八州廻りの十兵衛があちこちで起こる事件を解決するシリーズだが、今回は剣の師匠である、寺田五郎右衛門(中西派一刀流で学んだ跡、平常無敵流を学び、後に天真一刀流を開く。白井亨、高柳又四郎と並んで中西派の三羽烏とも呼ばれている)や若き日の千葉周作が登場したり、十兵衛の初恋の女・初枝が現れたりと、ファンには楽しめる作品。

木崎で女郎屋も営む問屋伊勢崎屋源兵衛が、シリーズを通していい味を出している。

物語●「木崎の色地蔵」桑山十兵衛は、饂飩屋で日光例幣使のお供の不正の話を聞いた…。「小幡に七蔵なければいい」嫌われ者のワル、七蔵が何者かに殺された。事件の始末を十兵衛に依頼された…。「順休さんの変死」目安箱に訴状があった。差出人は本所松坂町の百姓宿に逗留している旅の僧・順休だった…。「三筋立結城縞の子供着」掛取り金三百両を持って若い手代が失踪した。手代の跡を追って、十兵衛は上総へ向かった…。「殺された道案内」忍の道案内(関八州の岡っ引的存在)が殺されたが、十兵衛は事情があって忍の町に足を向けたことがなかった…。「公方様の気まぐれ」箱訴状をめぐっていたずらがあり、実状を解明する旨、十兵衛に命が下った…。「途方に暮れた顔」十兵衛は、天真一刀流寺田五郎右衛門門下の兄弟子で御家人の土屋聡五郎より千葉周作に意見するように命じられた…。「春の野に夢」前島で川留めにあった十兵衛のもとに伊勢崎屋源兵衛が、かつて抱えていた遊女・おそめのことでやってきた…。

目次■木崎の色地蔵|小幡に七蔵なければいい|順休さんの変死|三筋立結城縞の子供着|殺された道案内|公方様の気まぐれ|途方に暮れた顔|春の野に夢|八州廻りについて――あとがきに代えて

装画:風間完
装丁:大久保明子
時代:文政七年(1824)
場所:上州白井町、木崎、古河、小幡、貫前神社、高崎、本所松坂町、行徳、勝浦、忍、倉賀野、飯田町堀留、前島、伊香保ほか
(文春文庫・514円・01/06/10第1刷・369P)
購入日:01/06/09
読破日:01/06/28

Amazon.co.jpで購入