江戸隠密水軍 白魚の陣十郎

江戸隠密水軍 白魚の陣十郎江戸隠密水軍 白魚の陣十郎
(えどおんみつすいぐん・しらうおのじんじゅうろう)
二宮隆雄
(にのみやたかお)
[海洋]
★★★☆☆

海洋時代小説で快作を飛ばす、二宮さんの最新文庫。エンターテインメント性が高そうで楽しめそうな一冊。作者の二宮さんは日本を代表するヨットマンで、アメリカズ・カップのテレビ解説もされたりしているらしい。
実はヨットマンのとして活躍はよく知らないが、二宮さんの海洋時代小説は大好きで、新作であればぜひ読みたいと思っていた。以前に、「海を感じる時代小説ベスト10」を発表したときに、メールで二宮さんのことを教えていただき、以降、注目するようになった。
二宮さんの作品では、戦国武将九鬼嘉隆を描いた『覇王の海』や『海援隊烈風録』など、どれも操船シーンが圧巻で面白く読めた。第一人者の白石一郎さんが亡くなられた後、海洋時代小説の分野を支えるのは、この人しかいないと思っている。『白魚の陣十郎』を紹介する帯に「隠密水軍の活躍を描く水上時代活劇の傑作登場!!」と書かれていたが、水上時代活劇という表現は初めて見た。江戸が水上交通が発達していたので、「水上時代活劇」としたのだろうか?

主人公の藻刈陣十郎(もがりじんじゅうろう)の父親の陣兵衛は、摂津に来た家康が船便で難渋したとき、船を出して家康を助けたことが縁となり、家康の江戸入府と同時に、摂津西成郡佃村の名主森孫右衛門らとともに江戸に入り、佃島を拝領し将軍家に魚を献上する漁師となった。

陣十郎も江戸城に魚を献上する白魚漁師のかたわら、酒井忠勝に命じられて、隠密水軍の長として江戸の治安を守るヒーローになった。陣十郎の武器は、海賊武具「鑓柄藻刈羅(やがらもがら)だ。

この作品は、江戸初期を舞台にしていることもあり、硬骨の旗本大久保彦左衛門が登場するほか、深川を開いた深川八郎右衛門も出てくる。かわうそ料理をするのが興味深かった。

物語●江戸前の魚を江戸城に献上する「御用船」の漁師、藻刈陣十郎は、三代将軍家光の側近酒井忠勝に緊急で呼び出されて、白魚の献上を口実に江戸城にやってきた。忠勝は、陣十郎に三町年寄の一人、樽屋藤左ヱ門の娘がかどわかされ、内々に解決するように命じられた…。

目次■第一章 かどわかし/第二章 寺町界隈/第三章 真田残党/第四章 春吹き

カバーイラスト:西口司郎
カバーデザイン:盛川和洋
時代:寛永二年(1625)二月
場所:本町一丁目、本町二丁目、隅田川河口、霊巌島、江戸城和田倉門、道三堀、一石橋、深川猟師町、本庄四丁目、神明町、三河町、白銀ほか
(ベスト時代文庫・638円・05/05/01第1刷・279P)
購入日:05/04/30
読破日:05/05/10

Amazon.co.jpで購入