『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

震える岩 霊験お初捕物控

震える岩 霊験お初捕物控震える岩 霊験お初捕物控
(ふるえるいわ・れいげんおはつとりものひかえ)
宮部みゆき
(みやべみゆき)
[捕物]
★★★★☆

時代長編小説ながらも紛れもなく宮部ワールド。江戸を舞台にしていながら、不思議と読んでいると現代を感じる。また、サービス精神旺盛ぶりがこの作品でも随所に出ている。筆者なりの忠臣蔵観を綴っているのも時代小説ファンとしてはうれしいところだ。

『はやぶさ新八御用帳』(平岩弓枝著)でおなじみの、南町奉行根岸肥前守鎮衛の著した「耳袋」の逸話が本編の題材になっている。浅野内匠頭が切腹した田村家の庭の石が鳴動する話だ。ちなみに、本編に奉行は登場するが、新八郎やお鯉(登場する女中はお松)は出てこない。当たり前か。

物語●ふつうの人間にはない不思議な力をもつ〔姉妹屋〕のお初。奇怪な幼児殺しの謎を追うお初の前に100年前の赤穂浪士討ち入り事件が…。兄の岡っ引き六蔵、〔姉妹屋〕を切り盛りする兄嫁およし、与力見習いの古沢右京之介、南町奉行根岸肥前守らが物語に絡み、事件解決に乗り出すお初を助ける。

装幀:熊田正男
時代:享和二(1802)年
(新人物往来社・1456円・93/9/30)
購入日:97/4/26
読破日:97/5/2

Amazon.co.jpで購入 [講談社文庫版]