[ま] 松本清張

[ま] 松本清張|まつもとせいちょう

1909年12月21日 – 1992年8月4日。
福岡県企救郡板櫃村(現在の北九州市小倉北区)または広島県広島市生まれ。
板櫃尋常高等小学校を卒業。
1951年に書いた処女作『西郷札』で第25回直木賞候補。
1953年に「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞を受賞。

■時代小説ブックガイド 読書リスト
『奥羽の二人』(講談社・講談社文庫) [短編] おすすめ度:★★★★
『鬼火の町』(文藝春秋・文春文庫) [捕物] おすすめ度:★★★★
『柳生一族』(光文社・光文社文庫) [短編] おすすめ度:★★★☆☆☆
『天保図録』 上・中・下(朝日新聞社・朝日文庫) [武家] おすすめ度:★★★☆☆☆

時代小説作家リストへ戻る