『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

夢狂いに候

[amazon_image id=”4094035869″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]夢狂いに候―信長シリーズ〈2〉 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)[/amazon_image]
夢狂いに候

(ゆめぐるいにそうろう)

羽山信樹<

(はやまのぶき)
[伝奇]
★★★★

明智光秀がなぞ信長を殺したのか、の謎に迫る信長もの。惜しまれつつ絶版となった富士見時代小説文庫収録作品(1994刊)が装いも新たに登場。

羽山さんは、いろいろな叙述パターンで物語を作られているのが凄い。今回は、安土にあるナバラ会の修道院(カーザ)で、通辞と下男を務める日系人の又次郎が語り役となり、明智光秀がなぜ信長を殺したのかという謎を明らかにして行く。

この又次郎は、フランシスコ・ザビエルに従っていたヤジロウの息子という設定になっていて、ディスチプリナと呼ばれる、修行用の紐の鞭を武器に使うのが興味深かった。

重要な役回りで、出雲の阿国も登場するが、いっしょに現れる糸縒伝介(いとよりでんすけ)と呼ばれる若者も印象的だった。

物語●1619年(元和五年)六月、マカオのメレンデス神父は、その男と出会った。高齢で死相が表われた、泥と垢にまみれた日本人然とした男は、ポルトガルの言葉で、告悔をしたいと申し出て、途切れ途切れに語り始めた。
男の話は、四十年近く前の織田信長の「お馬揃え」から始まった…。

目次■序章/第一章 夢のうちなる夢なれや/第二章 夢の世をうつつ顔して/第三章 よしなの人の心や/第四章 一期は夢よ、ただ狂へ/第五章 思ひ覚せば夢候よ/終章/あとがき/解説 細谷正充

カバーデザイン:横山明
カバーイラスト:門田博
解説:細谷正充
時代:元和五年(1619)、天正九年(1581)
場所:マカオ、鴨川河原、洛東・吉田神社、安土、長浜、敦賀ほか
(小学館文庫・657円・00/10/01第1刷・326P)
購入日:00/09/09
読破日:01/01/02

Amazon.co.jpで購入