2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

ブログ&時代小説読書、再開

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

このところ、仕事の関係で、時代小説を読んだり、読書録をつけたり、ブログを書いたりという趣味というか、プライベートの重要な部分に時間を充てることができなくなっていた。

しかし、仕事の部分は、昨日12月1日に、新サイト「留学プランネット」をオープンしたことで区切りがついた。このサイトは、留学プランの無料作成&見積もりサイトで、自分の希望に沿った留学の内容や計画をプロの留学カウンセラーに提案してもらえるというもの。時代小説とはまったく関係ないが、興味があったらどうぞ。

さて、そんな中で、現在読みかけてるのが、畠中恵さんの『ねこのばば』。「しゃばけ」シリーズの第三弾にあたる。寝込んでばかりで体の弱さが売りの若だんな一太郎が、ごはんのお代わり、体調も絶好調。何が起こったのか? 若だんなと妖怪たちが繰り広げる、ちょっと不思議で、ほんわかと温かい人情推理話に、多忙の中で自分を見失いそうになるところを、癒されている。

ねこのばば しゃばけシリーズ3 (新潮文庫)

ねこのばば しゃばけシリーズ3 (新潮文庫)