スポンサーリンク

文庫●2022年8月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年8月上旬の新刊(1日→10日)

2022年8月1日から8月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

PHP文芸文庫
田牧大和さんの『鯖猫長屋ふしぎ草紙(十)』
「鯖猫長屋」に入居したいとしつこく迫る元拝み屋の男を、差配の磯兵衛が追い払うところから始まります。「呪い札」を書いて怪しげな商売をしているその男が、「鯖猫長屋」に近づいて、一体何を企んでいるのでしょうか。
美猫サバの飼い主、いや子分で猫専門の画描きとして長屋で暮らす拾楽は、仄かな想いを寄せあうおはまから、ある頼み事をされました。長屋を“仕切る”猫と、その子分の画描きが事件に立ち向かう「大江戸謎解き人情ばなし」第10弾。

双葉文庫
朝井まかてさんの『落花狼藉』
戦国の気風が残る江戸時代初期、主の甚右衛門に拾われた花仍は、店の娘分として育ったのち、甚右衛門の妻になりました。十三年越しの願いが叶い、甚右衛門はお上に傾城町を作る許しを得たが、築かれたのは果たして「女の城」だったのでしょうか?
西田屋の女将・花仍の一生を通して、日本一の遊郭を築き上げる姿を描く長編小説。

千野隆司さんの『おれは一万石(22) -藩主の座』
廃嫡を目論む者たちの奸計に嵌まり、正紀は蟄居謹慎を余儀なくされました。高岡藩の藩主交代が間近に迫るなか、藩内でも正紀廃嫡の気運が高まってくるきて、ついには、将軍家斉までもが正紀の藩主就任に難色を示すに至りました。正紀は、無事藩主の座に就けるのか、大人気時代シリーズ第22弾。

芝村凉也さんの『北の御番所 反骨日録【五】-かどわかし』
用部屋手附同心の裄沢広二郎は、僅か半年のうちに敵対した与力を三人もお役から飛ばしたことで、北町奉行所の同僚から気を遣われる存在となっていました。そんな中、日本橋本石町の呉服屋・鷲巣屋の番頭が裄沢の屋敷を訪れ、小判入りの菓子折を置いていった。見世への出入りを求めてきた鷲巣屋の願いを裄沢はにべもなく断るが、それでも諦めない見世の主は卑劣な手を使い――。
「時代小説SHOW」の2021年文庫書き下ろし時代小説第3位の、注目の警察小説ならぬ奉行所小説の第5巻。

小学館文庫
篠綾子さんの『江戸寺子屋薫風庵』
江戸は下谷に薫風庵という風変わりな寺子屋がありました。
薫風庵の住人は教鞭をとる妙春という二十四歳の尼と、廻船問屋・日向屋の先代の元妾で、その前は遊女だったという五十一歳の蓮寿尼、それに十二歳の飯炊き娘の小梅の三人。ある日、隣家の大造が寺子に盆栽を折られたと怒鳴り込んできた。近所では蚯蚓や蛙の死骸を投げ込まれた家もあるのだと。
隣家への嫌がらせは誰の仕業なのでしょうか。教職の経験もある著者が満を持して放つ江戸版“二十四の瞳”誕生。

文芸社文庫
阿岐有任さんの『隆家卿のさがな姫』
2018年、平安貴族たちの愛と葛藤を描いた『籬の菊』で歴史文芸賞(文芸社主催)最優秀賞を受賞し、デビューした著者が放つ注目の第2作。
救国の英雄、藤原隆家。時の権力者であり、叔父の道長のことなど微塵も恐れず、世間ではさがな者と評されている彼も、家では一人の父親でした。家では婿取り。その裏で渦巻くさまざまな思惑を蹴散らして、誰にも左右されない独立独歩の隆家をいきいきと描く平安歴史小説。

安藤圭助さんの『花喰鳥のゆくえ 首斬り役人と人斬り志士』
人を斬ることを生業とする、豊前藩の首斬り役人の家に生まれた与太と、呉服商の次男坊として生まれた佳一。寺子屋の手習い時代からの友である二人は、与太の家道場で剣の腕もともに磨いてきました。時は経ち、次第に世の中は混沌としていく幕末。佳一は家を継ぎ、愛する人を懸命に守ろうとし、与太は攘夷の思想に触発され、脱藩を決意する。別々の道を歩むことになった二人の運命は、時代に翻弄されながらも幕末を懸命に生きる友情の物語。

時代小説文庫
今村翔吾さんの『風待ちの四傑 くらまし屋稼業』 は、2022年9月15日の発売予定に変更になりました。

高田郁さんの『あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇』
宝暦元年に浅草田原町に江戸店を開いた五鈴屋。もとは手頃な品々で人気を博しただけに、次第に葛藤が生まれていきます。吉原での衣裳競べ、新店開業、まさかの裏切りや災禍を乗り越え、店主の幸や奉公人たちは「衣裳とは何か」「商いとは何か」、五鈴屋なりの答えを見出していきます。
時代は宝暦から明和へ、「買うての幸い、売っての幸せ」を掲げて商いの大海へと漕ぎ進む五鈴屋の物語、いよいよ、ここに堂々の完結。

宮本紀子さんの『ふたりの道 小間もの丸藤看板姉妹(五)』
残暑の頃。小間物商「丸藤」の手代として信頼厚い吉蔵が、実家の味噌屋の主となるため、店を去ることになりました。吉蔵を敬愛する総領娘の里久は、動揺を隠せません。吉蔵は主・藤兵衛に、「私の次の手代は里久お嬢さんに」と進言し、今まで自らが丸藤で培ってきたすべて、商人としての自覚と自信を里久に教えこむことを、最後の奉公とさせてほしいと頭を下げます。
商いに向き合う里久の奮闘、妹・桃の嫁入り、そして里久の縁談……成長した看板姉妹の物語、感動のシリーズ完結編です。

光文社文庫
上田秀人さんの『内憂 惣目付臨検仕る(四)』
奥右筆、そして将軍生母の月光院にまで楔を打ち込んできた惣目付の水城聡四郎。幕政改革を進めんとします。八代将軍徳川吉宗と腹心聡四郎の前に、次に立ちはだかったのは目付でした。
老中、大名家すらも監察してきた江戸城中最大の権力に対して、聡四郎は手を打てるのでしょうか。「惣目付」シリーズ、未曾有の激闘が詰まった第4弾。

中島要さんの『神奈川宿 雷屋』
お実乃が奉公する神奈川宿の茶屋・雷屋は、二階でもぐりの旅籠もやっていて宿賃は割高。客もわけありの癖の強い連中ばかりで、お実乃はしょっちゅう振り回されます。ある日、それまで元気そうにしていた客の老婆が、突然、夕餉のあとで謎の死を遂げました。厄介事を嫌い、「病死だ」と言い張る主人の仁八に不信感を抱いたお実乃は、真相をさぐろうとしますが……。時代本格ミステリー。

岡本さとるさんの『果し合い 若鷹武芸帖』
第十一代将軍徳川家斉に武を誇る番方の武芸の腕を調べよと命じられた公儀武芸帖編纂所頭取の新宮鷹之介。四番勝負を終え、仕合も鷹之介の圧勝となる。と、改めて五番目の勝負を命じられたのだが、その相手はなぜか鷹之介の右腕・水軒三右衛門。そして、鷹之介に知らされた父・孫右衛門の死の真相とは。。
果たして、勝負の結末は? 涙と笑いと震える感動が待つシリーズ最終巻。

徳間文庫
梶よう子さんの『とむらい屋颯太 漣のゆくえ』
新鳥越町二丁目にある「とむらい屋」。葬儀の段取りをする颯太、死化粧を施すおちえ、渡りの坊主の道俊。颯太は十一歳の時、弔いを生業にすると心に決めて様々な別れに向き合います。
生きていてほしかった。死者が残した未練や無念、生者が抱えた哀惜や苦悩を描く、江戸時代のおくりびとたちを鮮烈に描いた心打つ物語の第2弾。

★2022/08/04追記
ハヤカワ時代ミステリ文庫
松本匡代 さんの『早耳屋お花事件帳 父ひとり娘ひとり』
江戸の出来事を文字にして知らせる瓦版屋。早耳屋清兵衛は、元気娘・お花の成長に目を細めています。ある日、お花は、日本橋の唐物問屋の手代が辻斬りに遭ったことを知ります。人情瓦版屋父娘が活躍するシリーズ第2弾。。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●8月1日発売 三笠書房・王様文庫
『眠れないほどおもしろい日本書紀』板野博行『眠れないほどおもしろい日本書紀』
●8月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『奈良王朝 井上忌寸の百年物語』突国磯子『奈良王朝 井上忌寸の百年物語』
『上総介異聞 ―桶狭間の二日―』昇悦『上総介異聞 ―桶狭間の二日―』
●8月2日発売 PHP研究所・PHP文庫
『歴史から読み解く日本人論』井沢元彦『歴史から読み解く日本人論』
『天皇の国史[上]』竹田恒泰『天皇の国史[上]』
『天皇の国史[下]』竹田恒泰『天皇の国史[下]』
●8月3日発売 草思社・草思社文庫
『「生類憐みの令」の真実』仁科邦男『「生類憐みの令」の真実』
●8月3日発売 文藝春秋・文春文庫
『御留山 新・酔いどれ小籐次(二十五)』佐伯泰英『御留山 新・酔いどれ小籐次(二十五)』
『朴念仁 新・秋山久蔵御用控(十四)』藤井邦夫『朴念仁 新・秋山久蔵御用控(十四)』
●8月4日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(十)』
→記事:美猫サバと妹分猫さくらが、元拝み屋とその飼い犬・天を救う
田牧大和『鯖猫長屋ふしぎ草紙(十)』
●8月4日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『花人始末 恋あさがお』和田はつ子『花人始末 恋あさがお』
●8月4日発売 双葉社・双葉文庫
『落花狼藉』
→記事:黎明期の公認遊郭吉原と、そこに生きる人々を活写した物語
朝井まかて『落花狼藉』
『新・浪人若さま 新見左近【十一】-不吉な茶釜』佐々木裕一『新・浪人若さま 新見左近【十一】-不吉な茶釜』
『おれは一万石(22) -藩主の座』
→記事:正紀に世子廃嫡の危機。藩主交代までに名誉挽回できるのか
千野隆司『おれは一万石(22) -藩主の座』
『北の御番所 反骨日録【五】-かどわかし』
→記事:今、大注目の奉行所小説。己のせいで奸計に落ちた娘を救え
芝村凉也『北の御番所 反骨日録【五】-かどわかし』
『浪人奉行 十三ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 十三ノ巻』
●8月5日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『武士道 鍋島直茂』近衛龍春『武士道 鍋島直茂』
●8月5日発売 小学館・小学館文庫
『江戸寺子屋薫風庵』篠綾子『江戸寺子屋薫風庵』
●8月5日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『雪の夜のあと 慶次郎縁側日記』北原亞以子『雪の夜のあと 慶次郎縁側日記』
『平清盛と平家政権 改革者の夢と挫折』伊東潤『平清盛と平家政権 改革者の夢と挫折』
●8月5日発売 潮出版社・潮文庫
『読切り三国志』井波律子『読切り三国志』
●8月5日発売 文芸社・文芸社文庫
『隆家卿のさがな姫』
→記事:救国の英雄、藤原隆家が愛する娘のために、権力者道長と対決
阿岐有任『隆家卿のさがな姫』
『花喰鳥のゆくえ 首斬り役人と人斬り志士』
→記事:首斬り役人と人斬り志士、二人の友情を描く文学的な幕末小説
安藤圭助『花喰鳥のゆくえ 首斬り役人と人斬り志士』
●8月8日発売 河出書房新社・河出文庫
『江戸へおかえりなさいませ』杉浦日向子『江戸へおかえりなさいませ』
●8月9日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『帝都争乱 サーベル警視庁(2)』今野敏『帝都争乱 サーベル警視庁(2)』
●8月9日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇』
→記事:商いの大海に漕ぎ出した五鈴屋主従を、裏切りと災禍が襲う
高田郁『あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇』
『ふたりの道 小間もの丸藤看板姉妹(五)』
→記事:「2022年8月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:商いに奮闘する姉と嫁入りする妹、ふたりの道を歩む看板姉妹
宮本紀子『ふたりの道 小間もの丸藤看板姉妹(五)』
●8月9日発売 光文社・光文社文庫
『仮宅 吉原裏同心(9) 決定版』佐伯泰英『仮宅 吉原裏同心(9) 決定版』
『沽券 吉原裏同心(10) 決定版』佐伯泰英『沽券 吉原裏同心(10) 決定版』
『内憂 惣目付臨検仕る(四)』上田秀人『内憂 惣目付臨検仕る(四)』
『神奈川宿 雷屋』中島要『神奈川宿 雷屋』
『果し合い 若鷹武芸帖』岡本さとる『果し合い 若鷹武芸帖』
『入婿 鬼役伝(三)』坂岡真『入婿 鬼役伝(三)』
『黄泉知らず 決定版 牙小次郎無頼剣(三)』和久田正明『黄泉知らず 決定版 牙小次郎無頼剣(三)』
●8月9日発売 徳間書店・徳間文庫
『観相同心早瀬菊之丞』早見俊『観相同心早瀬菊之丞』
『とむらい屋颯太 漣のゆくえ』梶よう子『とむらい屋颯太 漣のゆくえ』
●8月10日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『お世継姫と達人剣 罪のかけひき』八神淳一『お世継姫と達人剣 罪のかけひき』
『ぶらり平蔵 決定版【9】伊皿子坂ノ血闘』吉岡道夫『ぶらり平蔵 決定版【9】伊皿子坂ノ血闘』
『姫さま純情剣 野ざらし道中』山手樹一郎『姫さま純情剣 野ざらし道中』
『ぶらり平蔵 決定版【10】宿命剣』吉岡道夫『ぶらり平蔵 決定版【10】宿命剣』
●8月10日発売 講談社・講談社文芸文庫
『〈世界史〉の哲学2 中世篇』大澤真幸『〈世界史〉の哲学2 中世篇』
●8月10日発売 講談社・講談社文庫
『Cocoon 京都・不死篇2-疼-』夏原エヰジ『Cocoon 京都・不死篇2-疼-』
『宮中の華 公家武者信平ことはじめ(十)』佐々木裕一『宮中の華 公家武者信平ことはじめ(十)』
●8月10日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『初代北町奉行 米津勘兵衛 城月の雁』岩室忍『初代北町奉行 米津勘兵衛 城月の雁』
『だめ母さん 鬼千世先生と子どもたち』澤見彰『だめ母さん 鬼千世先生と子どもたち』
『汝 薫るが如し(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『汝 薫るが如し(上) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
『汝 薫るが如し(下) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『汝 薫るが如し(下) 新刻改訂版 浮世絵宗次日月抄』
●8月10日発売 青春出版社・青春文庫
『「水中遺跡」 消えた日本史を追え!』「遺された歴史」取材班編『「水中遺跡」 消えた日本史を追え!』
●8月10日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『王朝奇談集』須永朝彦編『王朝奇談集』
『京の社: 神と仏の千三百年』岡田精司『京の社: 神と仏の千三百年』
●8月10日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『早耳屋お花事件帳 父ひとり娘ひとり』
→記事:瓦版娘お花は、江戸の娘たちに悪さをした悪党殺しの謎を追う
松本匡代『早耳屋お花事件帳 父ひとり娘ひとり』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年7月の新刊 下(21日→月末)2022年8月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2022年8月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年8月の新刊(1日→末日) 2022年8月1日から8月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...