2019年6月の新刊 中

時代小説 文庫新刊情報

2019年6月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2019/07/05

2019年6月11日から6月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

幻冬舎時代小説文庫からは、金子成人さんの『追われもの三 標的』が出ます。家業を嫁とその情夫に潰され行方知れずとなった兄・佐市郎を救うため、島抜けした丹次の奮闘を描く、シリーズ3作目です。

梶よう子さんの『墨の香』。突然、理由もなく嫁ぎ先から離縁された女流書家の岡島雪江は心機一転、筆法指南所(書道教室)を始めます……。江戸時代に生きる「書家」とその師弟愛を描きます。

光文社文庫の新刊では、知野みさきさんの『つなぐ鞠: 上絵師 律の似面絵帖』が楽しみです。恋と仕事に悩みながらも真剣に向き合う、上絵師の律の青春を描く。シリーズ第5作です。

双葉文庫の新刊も注目のラインナップです。
葉室麟さんの『あおなり道場始末』は、神妙活殺流の遣い手として知られた父の仇を捜すために、道場破りを始めた権平の青春を描いています。

朝井まかてさんの『残り者』は、幕末、徳川家に江戸城の明け渡しが命じられる。官軍の襲来が恐れられる中、大奥に留まった五人の「残り者」の物語です。

芝村凉也さんの『長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る』は、間野道場を再開した生馬が悪を討つ、痛快人情活劇シリーズ第4弾です。

鳴神響一さんの『おいらん若君 徳川竜之進(4)-凶嵐』は、吉原一の花魁篝火こと、尾張の御落胤、徳川竜之進の痛快な活躍を描く、シリーズ第4弾。「娘の生き肝を食らう河童」を追います。

ハルキ文庫からは、辻堂魁さんの『酔い待ち草 天神小五郎 人情剣』が刊行されます。「天神小五郎 人情剣」シリーズ第2弾。八丁堀天神小路の煮売屋「天神屋」の主、小五郎は元武士で、武芸の腕も立つと噂されています。

吉川永青さんの『龍の右目 伊達成実伝』。天下取りを目指す、伊達政宗を支えた猛将・伊達成実の生き様を描く戦国時代小説。

講談社文庫の最新刊。
上田秀人さんの『舌戦 百万石の留守居役(十三)』は、不祥事を咎める評定所に臨んだ百万石の筆頭宿老・本多政長と娘婿・数馬の活躍を描きます。

千野隆司さんの『献上の祝酒 下り酒一番(三)』。武蔵屋の扱う灘の下り酒「稲飛」が将軍家の献上することになるが、手代の卯吉は、慶事に水を差し、店の栄誉を手放す窮地に立たされます。

角川文庫では、宮部みゆきさんの『三鬼 三島屋変調百物語四之続』が刊行されます。
切なくて怖いお話四話を収録! 神田の袋物屋、三島屋おちかが聞き手をつとめる変わり百物語、「三島屋」シリーズの第4弾です。

畠中恵さんの『まことの華姫』は、人形遣い月草と姫様人形お華の迷コンビが江戸の事件を快刀乱麻に解き明かします。

あさのあつこさんの『薫風ただなか』は、上士の師弟が通う藩校から庶民も通う郷校の薫風館に転じた、鳥羽新吾の青春を描く時代小説です。

ディスカヴァー・トゥエンティワン文庫から出る、志坂圭さんの『天生の狐』も押さえておきたい一冊。『滔々と紅』の著者の4年ぶりの書き下ろし時代小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●6月11日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『若旦那隠密4 門出』佐々木裕一『若旦那隠密4 門出』
『追われもの三 標的』金子成人『追われもの三 標的』
『墨の香』梶よう子『墨の香』
『飛猿彦次人情噺 恋女房』鳥羽亮『飛猿彦次人情噺 恋女房』
●6月11日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ』房野史典『超現代語訳 戦国時代 笑って泣いてドラマチックに学ぶ』
『浮世絵の女たち 美人画に隠された謎』鈴木由紀子『浮世絵の女たち 美人画に隠された謎』
●6月11日発売 徳間書店・徳間文庫
『婿殿開眼一 密命下る』牧秀彦『婿殿開眼一 密命下る』
『亡者の夢: 問答無用 〈新装版〉』稲葉稔『亡者の夢: 問答無用 〈新装版〉』
『日本坊主列伝』榎本秋『日本坊主列伝』
●6月12日発売 光文社・光文社文庫
『春淡し: 吉原裏同心抄(六)』佐伯泰英『春淡し: 吉原裏同心抄(六)』
『つなぐ鞠: 上絵師 律の似面絵帖』知野みさき『つなぐ鞠: 上絵師 律の似面絵帖』
『同胞の契り: 人情同心 神鳴り源蔵』小杉健治『同胞の契り: 人情同心 神鳴り源蔵』
『唐渡り花: 闇御庭番(四)』早見俊『唐渡り花: 闇御庭番(四)』
『ひかる風: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(四)』中島久枝『ひかる風: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(四)』
●6月12日発売 東京創元社・創元推理文庫
『弥助、命を狙われる 妖怪の子預かります8』廣嶋玲子『弥助、命を狙われる 妖怪の子預かります8』
●6月12日発売 双葉社・双葉文庫
『新・知らぬが半兵衛手控帖(8)-虚け者』藤井邦夫『新・知らぬが半兵衛手控帖(8)-虚け者』
『蘭方医・宇津木新吾(9)-再燃』小杉健治『蘭方医・宇津木新吾(9)-再燃』
『あおなり道場始末』葉室麟『あおなり道場始末』
『残り者』朝井まかて『残り者』
『長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る』芝村凉也『長屋道場騒動記【四】-迷い熊猛る』
『おいらん若君 徳川竜之進(4)-凶嵐』鳴神響一『おいらん若君 徳川竜之進(4)-凶嵐』
●6月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『闇奉行 切腹の日』喜安幸夫『闇奉行 切腹の日』
『はないちもんめ 夏の黒猫』有馬美季子『はないちもんめ 夏の黒猫』
●6月12日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『京都の謎 伝説編』高野澄『京都の謎 伝説編』
●6月12日発売 講談社・講談社学術文庫
『本能寺の変』藤田達生『本能寺の変』
『四字熟語の教え』村上哲見、島森哲男編『四字熟語の教え』
●6月12日発売 大和書房・だいわ文庫
『日本の文様』藤依里子、kd factory『日本の文様』
●6月12日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『天狗そば 料理人季蔵捕物控』和田はつ子『天狗そば 料理人季蔵捕物控』
『酔い待ち草 天神小五郎 人情剣』辻堂魁『酔い待ち草 天神小五郎 人情剣』
『鬼女と賊 剣客同心親子舟』鳥羽亮『鬼女と賊 剣客同心親子舟』
『龍の右目 伊達成実伝』吉川永青『龍の右目 伊達成実伝』
『戦国、夢のかなた』岡本さとる『戦国、夢のかなた』
●6月13日発売 講談社・講談社文庫
『うちの旦那が甘ちゃんで 4』神楽坂淳『うちの旦那が甘ちゃんで 4』
『舌戦 百万石の留守居役(十三)』上田秀人『舌戦 百万石の留守居役(十三)』
『献上の祝酒 下り酒一番(三)』千野隆司『献上の祝酒 下り酒一番(三)』
●6月14日発売 KADOKAWA・角川文庫
『三鬼 三島屋変調百物語四之続』宮部みゆき『三鬼 三島屋変調百物語四之続』
『まことの華姫』畠中恵『まことの華姫』
『薫風ただなか』あさのあつこ『薫風ただなか』
『完本 妻は、くノ一(五) 国境の南/濤の彼方』風野真知雄『完本 妻は、くノ一(五) 国境の南/濤の彼方』
●6月14日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『明治生まれの日本語』飛田良文『明治生まれの日本語』
『三国志演義 3』羅貫中著、立間祥介翻訳『三国志演義 3』
『三国志演義 4』羅貫中著、立間祥介翻訳『三国志演義 4』
『新編 日本の怪談 II』ラフカディオ・ハーン著、池田雅之編訳『新編 日本の怪談 II』
『新版 古代天皇の誕生』吉村武彦『新版 古代天皇の誕生』
●6月14日発売 ディスカヴァー・トゥエンティワン・ディスカヴァー・トゥエンティワン文庫
『天生の狐』志坂圭『天生の狐』
●6月15日発売 岩波書店・岩波文庫
『文選 詩篇(六)』川合康三、富永一登、他校注『文選 詩篇(六)』
●6月16日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2019.7・8』「文蔵」編集部編集『文蔵 2019.7・8』
●6月20日発売 中央公論新社・中公文庫
『日本の民俗学』柳田國男『日本の民俗学』
『北里柴三郎(上)-雷と呼ばれた男 新装版』山崎光夫『北里柴三郎(上)-雷と呼ばれた男 新装版』
『北里柴三郎(下)-雷と呼ばれた男 新装版』山崎光夫『北里柴三郎(下)-雷と呼ばれた男 新装版』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年6月の新刊 上(1日→10日)2019年6月の新刊 下(21日→月末) →