2019年6月の新刊 上

時代小説 文庫新刊情報

2019年6月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2019/06/15

2019年6月1日から6月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

潮文庫から刊行される、高橋直樹さんの『駿風の人』。近年再考証により評価を見直され注目を集める、桶狭間の戦いで織田信長に敗れた武将・今川義元の真の姿を描いています。

文春文庫の新刊は、注目の作品が目白押しです。

稲葉稔さんの『武士の流儀(一)』は、文庫書き下ろし新シリーズです。

元は風烈廻りの与力で、理由あって隠居生活に入った主人公の清兵衛。若い侍が斬られる現場に出くわし、遺された友の手助けに乗り出しますが……。

松井今朝子さんの『縁は異なもの 麹町常楽庵 月並の記』は、『老いの入舞い』に続く、大奥出身の尼僧と若き同心のコンビが事件を解決する、第二弾。

滝沢志郎さんの『明治乙女物語』は、2017年度松本清張賞受賞作。男尊女卑の風潮が強い明治を舞台に、高等師範学校の女学生を主人公に描く、青春ミステリーです。

小学館文庫から出る、大島真寿美さんの『空に牡丹』に、注目しています。激動の明治を舞台に、市井に生きる花火に心奪われた男の生涯を描いた作品です。

★2019/06/15追記
コスミック・時代文庫から、誉田龍一さんの『天下御免の剣客大名 江戸入城』が出ました。
古河藩七万石の藩主・土井六郎利位を、剣客大名としてとらえたシリーズ第2弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●6月1日発売 文芸社
『雑賀乱る 反骨の兵たち』つむぎ舞『雑賀乱る 反骨の兵たち』
●6月1日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『天下御免の剣客大名―江戸入城』誉田龍一『天下御免の剣客大名―江戸入城』
『おとぼけ兵庫と姫将軍』聖龍人『おとぼけ兵庫と姫将軍』
『剣豪殿様 堀田左京亮―日の本一の侍』麻倉一矢『剣豪殿様 堀田左京亮―日の本一の侍』
『裏・町奉行闇仕置―鬼面地獄』倉阪鬼一郎『裏・町奉行闇仕置―鬼面地獄』
『密命請負人 影狼』中岡潤一郎『密命請負人 影狼』
『仇討ち用心棒―裏八州無頼剣』深水越『仇討ち用心棒―裏八州無頼剣』
●6月3日発売 二見書房・二見レインボー文庫
『世界一受けたい日本史の授業』河合敦『世界一受けたい日本史の授業』
●6月4日発売 日本経済新聞出版社・日経ビジネス人文庫
『なぜ大国は衰退するのか 古代ローマから現代まで』グレン・ハバード、ティム・ケイン『なぜ大国は衰退するのか 古代ローマから現代まで』
●6月4日発売 幻冬舎
『古事記解読 隠された史実を紐解く』小林誠『古事記解読 隠された史実を紐解く』
●6月5日発売 潮出版社・潮文庫
『駿風の人』髙橋直樹『駿風の人』
●6月5日発売 PHP研究所・PHP文庫
『新装版 明智光秀 真の天下太平を願った武将』嶋津義忠『新装版 明智光秀 真の天下太平を願った武将』
●6月6日発売 文藝春秋・文春文庫
『朔風ノ岸 居眠り磐音(八)決定版』佐伯泰英『朔風ノ岸 居眠り磐音(八)決定版』
『遠霞ノ峠 居眠り磐音(九)決定版』佐伯泰英『遠霞ノ峠 居眠り磐音(九)決定版』
『武士の流儀(一)』稲葉稔『武士の流儀(一)』
『縁は異なもの 麹町常楽庵 月並の記』松井今朝子『縁は異なもの 麹町常楽庵 月並の記』
『明治乙女物語』滝沢志郎『明治乙女物語』
『陰陽師 玉兎ノ巻』夢枕獏『陰陽師 玉兎ノ巻』
●6月6日発売 河出書房新社・河出文庫
『戦国廃城紀行: 敗者の城を探る』澤宮優『戦国廃城紀行: 敗者の城を探る』
『ときめき百人一首』小池昌代『ときめき百人一首』
●6月6日発売 小学館・小学館文庫
『突きの鬼一 岩燕』鈴木英治『突きの鬼一 岩燕』
『蟲愛づる姫君の婚姻』宮野美嘉『蟲愛づる姫君の婚姻』
『死ぬがよく候〈一〉 月』坂岡真『死ぬがよく候〈一〉 月』
『伊勢物語』黒鉄ヒロシ『伊勢物語』
『源氏物語(下)』花村えい子『源氏物語(下)』
『空に牡丹』大島真寿美『空に牡丹』
●6月6日発売 草思社・草思社文庫
『通州事件: 昭和十二年夏の邦人虐殺』加藤康男『通州事件: 昭和十二年夏の邦人虐殺』
『稀代の本屋 蔦屋重三郎』増田晶文『稀代の本屋 蔦屋重三郎』
●6月10日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『佐武と市捕物控 江戸暮しの巻』石ノ森章太郎『佐武と市捕物控 江戸暮しの巻』

↑ 新刊情報Topへ← 2019年5月の新刊 下(21日→月末)2019年6月の新刊 中(11日→20日) →