2018年10月の新刊 上


時代小説 文庫新刊情報

2018年10月の新刊 上(1日→10日)
更新日:2018/10/10

2018年10月1日から10月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今回注目しているのは、文春文庫の新刊です。

宇江佐真理さんの『竈河岸 髪結い伊三次捕物余話』は、シリーズ第14作の『竃河岸』(単行本版)に最後の3話を加えて文庫化したものです。いよいよシリーズ最終話ということで、涙腺を刺激されそうです。

『池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳』は、逢坂剛さん、上田秀人さん、梶よう子さん、風野真知雄さん、門井慶喜さん、土橋章宏さん、諸田玲子さんの七人の作家による、競演が楽しいです。

『藤沢周平のこころ』は、没後二十年の2016年12月にムック本として刊行されたものの文庫化です。インタビュー記事・座談会等を追加して、さまざまな角度から藤沢周平作品の魅力を綴ります。

宝島社文庫からは、第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作の三好昌子さんの『縁見屋の娘』の第2弾、『京の縁結び 縁見屋と運命の子』が刊行されます。

朝日文庫の新刊では、小杉健治さんの『出奔 天文方・伊能忠敬』に注目。
全国を測量して回る伊能忠敬(三治郎)を主人公にした待望の新シリーズです。

伊東潤さんの『江戸を造った男』も必読の一冊。江戸の都市計画・日本大改造の総指揮者、河村瑞賢の波瀾万丈の生涯を描いています。

双葉文庫の新刊では、芝村凉也さんの『迷い熊衛る-長屋道場騒動記(2)』が楽しみです。

岡田秀文さんの『関ヶ原』は、秀吉の死後に豊臣家で起きた内部抗争を寧々の視点から描いた「寧々の関ヶ原」です。

長辻象平さんの『あめんぼう-御納屋侍 伝八郎奮迅録(1)』も見逃せません。傑作伝奇時代小説『半百の白刃』の著者による、書き下ろし時代小説です。

★2018/10/10追記
コスミック・時代文庫より、誉田龍一さんの『世直し将軍家治 旗本誅殺』が刊行されました。
八代将軍・吉宗に、「家治は余の真似をして、江戸の町に出るであろう」と将来を予見させた孫で十代将軍の家治を主人公とした痛快時代小説です。。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

<
●10月1日発売 三笠書房・王様文庫
『時空を超えて面白い!戦国武将の超絶カッコいい話』房野史典『時空を超えて面白い!戦国武将の超絶カッコいい話』
●10月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『実録『水戸生瀬秘史』 ―一村皆殺し事件―』大森昭『実録『水戸生瀬秘史』 ―一村皆殺し事件―』
『家康の孫人』糸魚川正之 『家康の孫人』
●10月3日発売 PHP研究所・PHP文庫
『最強の教訓! 世界史』神野正史『最強の教訓! 世界史』
●10月4日発売 宝島社・宝島社文庫
『京の縁結び 縁見屋と運命の子』三好昌子『京の縁結び 縁見屋と運命の子』
『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ドローン江戸を翔ぶ』山本巧次『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ドローン江戸を翔ぶ』
●10月4日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『黒マリア流転 天正遣欧少年使節 千々石ミゲル異聞』安藤三佐夫『黒マリア流転 天正遣欧少年使節 千々石ミゲル異聞』
●10月5日発売 徳間書店・徳間文庫
『仕掛: 禁裏付雅帳七』上田秀人『仕掛: 禁裏付雅帳七』
『問答無用: 〈新装版〉』稲葉稔『問答無用: 〈新装版〉』
●10月5日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『出奔 天文方・伊能忠敬』小杉健治『出奔 天文方・伊能忠敬』
『江戸を造った男』伊東潤『江戸を造った男』
●10月5日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『ぼんくら同心と徳川の姫 奇跡の夫婦』聖龍人
『お江戸は痛快 右京之介国盗り御免』高橋三千綱
『剣豪殿様 堀田左京亮 家斉の朋友』麻倉一矢
『桃華姫と浪人剣客』八神淳一
『裏・町奉行闇仕置 黒州裁き』倉阪鬼一郎
『世直し将軍家治 旗本誅殺』誉田龍一
●10月6日発売 文藝春秋・文春文庫
『竈河岸 髪結い伊三次捕物余話』宇江佐真理『竈河岸 髪結い伊三次捕物余話』
『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』星野博美『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』
『池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳』池波正太郎、逢坂剛、上田秀人、梶よう子、風野真知雄、ほか『池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳』
『藤沢周平のこころ』文藝春秋編集『藤沢周平のこころ』
●10月9日発売 河出書房新社・河出文庫
『安政三天狗』山本周五郎『安政三天狗』
●10月10日発売 双葉社・双葉文庫
『狐の嫁入り-新・知らぬが半兵衛手控帖(6)』藤井邦夫『狐の嫁入り-新・知らぬが半兵衛手控帖(6)』
『毒死-蘭方医 宇津木新吾(8)』小杉健治『毒死-蘭方医 宇津木新吾(8)』
『浪人奉行 五ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 五ノ巻』
『関ヶ原』岡田秀文『関ヶ原』
『あめんぼう-御納屋侍 伝八郎奮迅録(1)』長辻象平『あめんぼう-御納屋侍 伝八郎奮迅録(1)』
『首無し女中-もんなか紋三捕物帳(3)』井川香四郎『首無し女中-もんなか紋三捕物帳(3)』
『猛犬、月に咆える-わんわん武士道(2)』経塚丸雄『猛犬、月に咆える-わんわん武士道(2)』
『人生花道-恋がらす事件帖(4)』黒木久勝『人生花道-恋がらす事件帖(4)』
●10月10日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『戦争の起源: 石器時代からアレクサンドロスにいたる戦争の古代史』アーサー・フェリル
『つくられた卑弥呼: 〈女〉の創出と国家』義江明子
●10月10日発売 光文社・光文社文庫
『世界史をつくった最強の300人』小前亮『世界史をつくった最強の300人』
『ひょうたん: あやかし同心捕物控』霜島けい 『ひょうたん: あやかし同心捕物控』
『出入物吟味人: 日暮左近事件帖』藤井邦夫『出入物吟味人: 日暮左近事件帖』
『泣く女: ひなた屋おふく』坂岡真『泣く女: ひなた屋おふく』
『霞の衣: 臨時廻り同心 山本市兵衛』藤堂房良『霞の衣: 臨時廻り同心 山本市兵衛』
『ふたり秘剣: 隠目付江戸秘帳』鳥羽亮『ふたり秘剣: 隠目付江戸秘帳』
『木枯らしの: 吉原裏同心抄(四)』佐伯泰英『木枯らしの: 吉原裏同心抄(四)』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年9月の新刊 下(21日→月末)2018年10月の新刊 中(11日→20日) →

コメント

コメント