本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

コラム

スポンサーリンク
コラム

純情ももいろ日記と中田雅喜さんのこと

今回は、時代小説でも時代マンガでもなく、「月形龍之介HP」の作者で、マンガ家の中田雅喜(なかたあき)さんが、コミックエッセーを刊行されたので紹介する。 この本を読むまで、迂闊なことにこの本のこと、知らなかった。「ももいろ日記」...
2011.06.25
コラム

インプレッション:「野望と夏草」

約10年ぶりぐらいの観劇だった。最後に観たものは鴻上尚史さん演出のものだったと思う。というわけで、新国立劇場(東京・初台)も初めて。隣接するオペラシティタワーには、仕事で何回か訪れたことはあったのが…。折りからのクリスマス・イルミネーション...
2019.10.22
コラム

「司馬遼太郎展」を見て

後期から晩年にかけての文化人としての活躍ぶりから、どうも司馬遼太郎さんには近寄りがたさを感じていた。そして、司馬さんが伝奇的でエンターテインメント性の強い時代小説から、ビジネスマンの必読の書のような歴史小説へ、著作物を変えていったことで、時...
2011.06.26
コラム

SAMURAI FICTIONのこと

8月25日に、JR有楽町駅前のシネ・ラ・セットで、映画「SF SAMURAI FICTION」を観た。布袋寅泰さんが侍を演じる時代劇映画ということで、映画嫌いだったのだが、3年ぶりくらいで映画館に足を運んだ。シネ・ラ・セットは、キャパシティ...
2011.06.26
コラム

「時代小説のヒーローたち展」を見て

フミさんからのメールで初めて、この催しを知った。その後に、京王線沿線の駅貼ポスターで内容を確認したが、いささかPRが足りない。せっかくの素晴らしいイベントなのに少し残念だ。 10月18日。初日に見に行く。京王線芦花公園駅(出口は新宿よ...
2011.06.26