本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

きまぐれ砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ

きまぐれ砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ
きまぐれ砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ

(きまぐれすなえ なめくじながやとりものさわぎ)

都筑道夫

(つづきみちこ)
[捕物]
★★★☆☆

江戸神田橋本町・なめくじ長屋に住む砂絵かきのセンセーが長屋の大道芸人たちを手足に、鋭い推理で難事件を見事に解決する。今回は、「長屋の花見」「舟徳」「高田の馬場」「野ざらし」など、すべて落語に題材をとり、その筋立てをなぞりながら推理ミステリーに仕上げている。

10数年ぶりで、都筑(つづき)さんの作品を読んだ。その当時、角川文庫で30数作が発行され、その片っ端から読み飛ばしていたことを思い出した。