『傑作! 名手たちが描いた 小説・鎌倉殿の世界』の解題を担当しました。

幕末浪漫剣

幕末浪漫剣幕末浪漫剣
(ばくまつろうまんけん)
鳥羽亮
(とばりょう)
[剣豪]
★★★☆☆

勝海舟の父・勝小吉らと道場破りを繰り返す千葉周作門下の剣の遣い手・柘植恭之助が活躍する、幕末を舞台にした剣豪小説。明朗で爽快感がある作品。

神道無念流撃剣館で当代随一の腕と恐れられる秋山要助が、柘植恭之助のライバルとして登場しているのが興味深い。二人の剣の立ち会いが凄い。

柘植恭之介と勝小吉が介入する、伊勢の小藩・尾島藩のお家騒動をめぐる闘いが読みどころ。傀儡組などの異能の集団も登場し、伝奇ファンにも楽しめる。

物語●柘植恭之介は、柳原通りで、五人の若侍と喧嘩する勝小吉を見かけ、助太刀することになり、親交を結ぶことになった。柘植恭之介は、「お玉ヶ池の鬼柘植」と呼ばれる千葉周作門下の剣の逸材。一方、勝小吉は勝海舟の父で、直心影流の団野真帆斎の門に入り、十八歳で免許を取っている。腕も確かだったが、遊蕩無頼な男で道場破りや喧嘩三昧に明け暮れ、凄味のある剣技を身につけていた。この二人が組んで、道場を開くことを夢見た…。

目次■第一章 出会い/第二章 道場破り/第三章 大道芸人の群れ/第四章 剣鬼啾々/第五章 二人の女/第六章 決戦/第七章 余燼/解説 井家上隆幸

カバー装画:西のぼる
解説:井家上隆幸
時代:文政十年
場所:柳原通り、神田お玉ヶ池、両国、本所、浅草鳥越、黒船町、柳橋ほか
(講談社文庫・629円・01/09/15第1刷・368P)
購入日:01/09/26
読破日:01/12/18

Amazon.co.jpで購入