日輪を狙う者

日輪を狙う者
日輪を狙う者
(にちりんをねらうもの)
高橋直樹
(たかはしなおき)
[戦国]
★★★★

高橋直樹(どうしても昔ファンだった日本ハムの元エースを思い出してしまう)が面白いって聞いたので読んでみた。

どちらかといえば戦国ものというと、歴史自体を描くことがテーマの中心になるために、少し苦手なのだが、これは面白く読めた。というのも、謎が多く、他書ではあっさりと記述されてしまうことが多い、家康の伊賀越えを扱っているからだ。あっ、こんなこと書くと、また歴史小説ファンから突っ込まれそうだ。(^^;

半村良さんの『江戸打入り』以来気になっている、初期の徳川(松平)軍団が描かれているのも興味深い。とくに有名な割に出番の少ない本多平八郎や酒井忠次、長沢松平(上野介康忠)らが登場するのがうれしいところ

物語●松平家康の旗本衆の一人松平金助は、三河一向一揆の際に非業の死を遂げる…。その孤児たちは、やがて成長し、亡父の敵家康の伊賀越えの前に立ちはだかる…。

目次■序章/第一章/第二章/第三章/第四章/終章

装丁:多田和博
写真:世界文化フォト時代:永禄六年、天正十年
舞台:岡崎、甲賀篠山、飯道山、鈴鹿峠、加太山中。
(中央公論社・1748円・96/8/7初版、96/9/25再版・315P)
購入日:97/10/17
読破日:97/10/31

Amazon.co.jpで購入 [中公文庫版]